子どもの最期のお顔、写真撮りましたか??

子どもの最期のお顔、写真撮りましたか??

YUTAの母 (2006-4-26 21:17 )
どこに書こうか少し迷ったんですが、こちらに書き込みます。

この話題は「かなさん」との共同企画です

わたしはYUTAの最期のお顔をデジカメで撮影しました。
縁起でもないことなのかもしれないけど、本当にかわいくて
きれいで、安らかで、ほんの少し笑っていてとにかく「いいお顔」だったから。

母に「撮ったら変かな?」と一応聞いたら
「いいんじゃない」と言われたし、いいかなと思って。
まあ、反対されても撮ったと思うけれど。

天使になる数日前は親のわたしから見ても痛々しい辛い顔でした。でも、天使になる時間が近付くにつれてどんどんお顔が
きれいになり始めたのです。

YUTAは自分で天使になる準備をして、ちゃんと終わってからいったんだなと思いました。

みなさんは最期のお顔、写真撮りましたか??

あ、あと髪の毛もほんの少しだけ切ってお守りにいれてあります。髪の毛を切ったところが横の髪で、すこし「ざんばら」になりだんなに「もうちょっと目立たないところを切ればよかったのに。」 とあきれられちゃいましたが・・・

ぺーさん (2006-4-27 3:40 )
ぺーさんも、ものすごく可愛かったんです。

肺転移があったので苦しそうな顔してたのに、穏やかで、きれいな顔してました。

御正月に着て、とっても評判のよかった、紺のニットベストスーツ、赤ストライプのボウタイ、白のニットキャップ、アーガイルのハイソックスに着替えたらかっこよくて…。

はやく起きて、いつもみたいに遊んでくれないの、って感じでした。
だから全然不謹慎だなんて思いもしなかったなー。

隣に並んで2人写真も撮りました。
泣いて顔がはれていて、私が美しくなかったのがザンネンです
(夫はいい顔で撮れてました )

髪ですかー。いいなー。ぺーさんは治療で抜けた毛が間に合わなくって。

気に入っている写真なので、撮っておいてよかった、って思ってます。

かな (2006-5-9 19:54 )
最後の写真、YUTAの母さんも、ぺーさんも撮られたんですね。

最後の1週間、ほとんど眠れずに苦しそうにしていたので、
やっと眠れたよ~って、気持ちよさそうな顔をしていたし、
看取ると覚悟した日から、できるところまで残してあげたいな
と思って撮りました。

YUTAの母さん、髪の毛いいな~。
前髪以外は一切切ったことがなかったので、迷った挙句、
辞めなさいと言われたこともあり、断念しました。

YUTAの母 (2006-5-10 0:01 )
最期近くはうちも、眠れなかったり、苦しそうだったり
お顔がむくんだりで、とても写真を撮ろうという気分には
なれなかったですね。

ほんと、最期のときが近付くにつれてどんどんいいお顔になって
いったの。少し前の顔がまるで別人のように・・・

かなさんのお嬢さんと同様で「やっと眠れたよー」って
すごく気持ちがよかったんだろうなと思います。 (^o^)

あいゆうママ (2006-5-11 10:49 )
私は最期の眠った顔を写真には撮りませんでした。

・・・というのも、なくなる2日前に苦しそうな娘を連れて写真館に行き「最期だから・・・」と娘にドレスを着せて写真を撮ったのです。
旦那は「苦しそうなのに、そんな顔を残して可哀想じゃーないかっ!!」と激怒しました。
私は「せっかく女の子として生まれたから、ドレスくらい着せてやりたかっただけ」と思っただけでした。

そのような事があったから、眠った顔を写真に残したいと言い出せませんでした。
うっすらエクボが出た笑顔で、とてもいいお顔でした。

YUTAの母 (2006-5-11 12:56 )
あいゆうママさん、こんにちは。
わたしはYUTAをいわゆる「変身写真館」で撮影したことが
無いので、わたし個人的にはいいなあ、と思ってしまいます。

それがたまたま最期の二日前だったのかもしれないし。
ゆうちゃんも苦しいながらも「プリンセスになれた o(^-^)o 」って喜んでたに違いないですよ。

パパは男でママはおんなだから、その差も大きいのではないでしょうか??

天使ちゃんたちはみんな最期はいいお顔ですね。
ママの記憶のカメラでしっかりと写してありますよ。
それが一番だと思います。

それじゃ、お昼ごはん食べてきまーす \(^o^)/

smile (2006-5-17 14:08 )
はじめまして。
私も写真撮りました。子供と二人きりのときに。
いけない事をしたのかな・・・と思っていたので、パパにもしばらく内緒にしていました。

あと、手術のときに剃ってしまった髪の毛は一部、筆にしました。(紅筆との2本組)

娘が亡くなって1カ月半がたちました。週に1度くらいしか外に出ない引きこもり中です。

YUTAの母 (2006-5-17 18:53 )
はじめまして。管理人のYUTAの母です(まあ、名前だけの管理人ですけどね )

娘さんが天使になって一ヶ月半なんですね。
「引きこもり」はしょうがないです。1年経っても2年経っても「外にでられない、でたくない」と感じる天使ちゃんのご家族はたくさんいますよ。

ご自分のお気持ちに素直になって暮らせるのが一番だと思います。無理なさらず、一歩一歩です。

最期のお顔の写真はうちはだんなもで一緒にとりましたよ。
髪の毛は「筆」になさったのですか。
なるほど・・・いつでもいっしょですね!(ってわたしのブログのタイトルですが)

こちらの広場でsmileさんのお気持ちをお話されてください
ね。これからどうぞよろしくお願いいたします

かな (2006-5-18 13:35 )
はじめまして、かなと申します。
娘が天使になって8ヶ月になります。

少しずつ外出するようになっていたけど、3ヶ月が経過した頃にガクンと
反動がきたのか、今は、ほとんど外出しません。
娘が天使になってからやめた生協も、また加入して、買い物を行かずにいいようにしています。

気持ちの赴くままに・・・一緒に歩きましょうね。

smile (2006-5-18 18:27 )
YUTAの母さん、かなさん、ありがとうございます。

私は、今は実家にお世話になっている分みなさんよりラクなのかもしれないです。
病院が家から遠く、長期戦を覚悟していた為入院中に借りていた部屋を引き払っていました。

でも、すべて親に頼って生活しているのが申し訳なく思うのですが、なかなか思うように身体が動きません。

娘の姿が見えなくなってまだ日が浅いので、不安定になっていると思いますが、ココにいるみなさんのあったかいお言葉で救われています。

さくら (2006-5-20 16:59 )
さくらです。。
私も夜中にこっそり撮りました・・。
皆さんと同じくやっぱり「いいのかな・・」という思いがあったので内緒にしてましたが、皆さんのお話聞いてやっぱり思いは同じ!!と、なんだかうれしくなりました・・。
今、お空にお引越しした天使は、私の携帯電話の中でねむってます。
ゆかりん (2006-5-20 19:19 )
あいゆうママさん、私も迷いましたが最後のお顔は撮っていません。天使のような顔はそれまでの苦しそうな顔ではなくて
本当に微笑んでいるような可愛い顔でした。でも・・・何だか写せませんでした。

今家の中には、病気をする前の元気な頃の写真が飾ってあります。

smile (2006-5-20 22:47 )
さくらさん、こんばんわ。

私も見せたのはパパだけで、とくに両親(じぃじ・ばぁば)には内緒です。怒られそうで・・・。

同じ想いの方がいらして私もなんだか嬉しかったです。

ゆかりんさん、こんばんわ。

ウチも写真飾っています。
お絵かきもあわせて、数えたら15枚もありました。まだまだ増えそうです。

みい (2007-1-28 18:34 )
はじめまして!YUTAの母さん、みいです!

私は11月に娘を亡くしました。(T_T)
病院から娘を連れて帰り、最期の写真を皆で撮ったのですが
現像してみると1枚だけ私の唇が真っ黒に、なっている事に気づき兄や母に、穂華(娘)は撮られたくなっかったんじゃない?
と言われ泣く泣くその写真を処分しました。
娘が仲良くしていた友達や私の兄、じいちゃん ばあちゃん
一人づつ娘と並んで撮ったのに・・・
やっぱり処分しなければ良かった・・・

いちご (2007-1-29 16:44 )
みなさんこんにちは。いちごです。

私も最期のお顔、沢山撮影しましたよ。

家族で横になっている娘の横に川の字に寝て、家族写真もとりました。

移植をしたのですが、移植直前に、写真館でプリンセスになって撮影したのですが、その時に、ピンクのドレスにするか、白いドレスにするか悩み、
『退院したら白いドレスで今度は撮っていい?』
と約束していたので、白いドレスを着せて旅立たせました。

なので、白いドレスのプリンセス姿の娘も残しておきたかったので
沢山、沢山撮りました。
それ以外でも娘とツーショットで携帯で自分で取り捲りました。

最期は挿管していたのですが、もう駄目だとわかってから、
ICUでもこっそり写してしまいました_(^^;)ゞ

私も皆さんと同じように、とても愛おしいお顔に思えて・・・。 

宝物です。

未来ママ (2007-1-31 9:01 )
こんにちは。未来ママです。

うちもたくさん撮りました。
近所の人達が、おもちゃ屋さんでネックレスや可愛いバッグや指輪、イヤリングなどを買ってきて未来につけてくれました。
旦那は思わずビデオカメラをまわしていました。

お姫様みたいになった未来。
駆けつけてくれた友達も写真撮っていました。

実父の時も綺麗な顔してたので撮ろうとしたら葬儀屋の人に
そういう写真は撮るもんじゃなくて心に残しておくものです。
と言われたのですが、その時撮らなかったことを今でも後悔してることもあり
未来の時は迷い無く写しました。

ただ、せっかくお姫様になったんだからドレスも着せたいと思ったのに、身体が堅くなってるから動かさないほうがいいと言われ諦めました・・・。
せめて上からかけて旅出させてあげたら良かったな・・・。

ゆっきー (2007-2-9 22:44 )
私も写真撮りました (^_-)-☆

天使になって30分位病室で家族だけの時間が持てました。

その時のあまりにも安らかな顔が、悲しみの中にもうれしさみたいな変な気持ちがムクムクと出てきて…

旦那に「写真撮ってもいいのかな~」と聞いたら
「いいでしょ!!」と即答だったです。

でも後から撮っても良かったのかな、心の中に焼き付けておけば良かったのでは…と少し心配になっていました。

同じ気持ちの方がいて良かった (^_^)V

mamamichan (2010-1-13 13:04 )
皆さん、始めまして。昨年10月末に15歳の息子を亡くしたmamamichanと申します。

私も、息子の最期をビデオカメラとデジカメで撮りました。最期といっても、息を引きとってからですが……。しっかりと、写真の方には、最期息子が流した涙も写っていました。息子を失ってから暫くたった今の方が…亡くなってからの息子の写真やビデオを見る事が出来なくなりましたが…撮っておいて良かったと思っています。それだけではなく、非常識かと思われるかな?と思いましたが、自宅に戻ってから、お通夜・葬儀の最中迄も私の姉夫婦がビデオカメラを回してくれていました。葬儀が終わった直後は見る事が出来ましたが………それも、今は見る事が辛く…見れませんが……そちらも、撮影しておいて良かった。と、心から思っています。

息を引き取ってから…本当にアッという間に姿・形がなくなってしまい…写真や映像で残しておいた事が良かったと思える日が来る…と思います。今は、とにかく亡くした息子に会いたい。会うことが無理なら…せめて息子を感じたい…と思い願う毎日です。悲しみは、息子のもとへ行くまで続くと思います。亡くした直後より、日に日に悲しみが深くなります。

そして、私の自身の手で息子の髪の毛を切り手元にとってあります。治療中は脱毛に悩んでいましたが、脾肉にも最期は治療も行っていなかったのでとても伸びていました。もともと、家族の髪の毛は私がカットしているので、納棺の前にさっぱりとカットしました。その一部の遺髪を使い筆を作って貰いました。残りの遺髪は家族で少しづつ身につけるように持ち歩こうと思っています。

くるみ (2010-1-14 9:15 )
こんにちわ。くるみと申します。
去年の9月に14歳の娘を亡くしました。
4ヶ月が過ぎましたが、日に日に娘に会いたくなります。まだ一度も夢でも会えません。寂しいです。
私も逝ってしまった後の娘をビデオでも写真でも撮りました。
今は苦しくて見る事が出来ないけど、いつかは・・・
とても安らかな綺麗な顔でした。

髪の毛も最期の別れの時に少しカットして大切に保管しています。
娘のものは、洋服、靴、ぬいぐるみ、教科書、落書きした紙、メモ用紙さえ愛おしくすべて部屋に残してあります。

mamamichan (2010-2-16 9:52 )
こんにちは、昨年11月7日に14歳の息子をなく亡くしたmanamichanと申します。

1年8ケ月の闘病生活と最後の葬儀まで、ビデオカメラ、デジカメとたくさん撮りました。医師から余命宣告されてからの最後の家族旅行では息子に涙を見せて知られまいと笑顔で撮りまくったのはとても辛かったです。この子の一生分の写真を撮るのは今しかないと必死の思いでした。

息子と私の親子携帯、これにもたくさんの写真が残っています。
一人で見ては、話しかけて泣いています。
葬儀の時に私が切った遺髪で筆も作って貰いました。
男の子なのに雛人形が大好きで、一回目の退院祝いに買ってもらった8段飾りの横に自分も飾られています。「15人のお雛様たちと一緒で寂しくないね」と言って主人と眺めています。

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ