親戚から「うらやましい」とラインの返事が届いた

親戚から「うらやましい」とラインの返事が届いた

sayamama (2016-8-21 23:45 )
先ほど、某親戚からラインが来ました。娘を自死で亡くした方へお返事されていた、瀬戸内寂聴さんの動画を紹介してくれたので、お礼の返事の最後に「昨日は娘の誕生日だったので、悲しいけれどお祝いしました」と返信したところ、「sayamamaさんがうらやましい」と来ました!

その人のとこは息子がいい年こいてヒッキー君らしく、将来を案じて心配が絶えないそうですが、私からしたら、「子供が生きてるだけいいじゃん」と思うのだが、彼女は「あなたはもう子供を案じて、心配することもないからうらやましい」ということらしい。

子供を心配できる方がうらやましいよ。私なんて心配したくてももういないんだよ。亡くなってもお空でどうしているか心配だけど、でも今どうしているか絶対、見る事もできないしわからないんだよ。会いたくても絶対会えないんだよ。

そばにいて、毎日顔を見てどんな状況かわかって、心配できるのがありがたいことだって、どうしてわからないのかな。子供を亡くした私に「もう子供の心配しなくてもいいからうらやましい」って、どんな神経もったら言えるんだろ?!

あまりにも無神経なその言葉に、ひどく傷つき腹が立ちました。
一応親戚だから、今後のお付き合いを完全にシャットアウトすることもできないし、困ったものです。

みっちゃん (2016-8-22 11:46 )
sayamamaさん、こんにちは。
皆さん、こんにちは。

sayamamaさんのご親戚のお言葉も、何か冷たくグサッと刺さるものがあり、
困ったものですね。。。
どんな子供の悩みがあっても、子供が生きていれば必ずあるもの、、今の私達にすれば嬉しい悩みですよね。どんな姿であれ、目の前に大事なお子さんがいらっしゃるのにね。
でも、私達のような哀しい体験をしていない親御さんには、絶対わからないでしょう、この気持ち。
先日私も人の言葉に傷つけられましたので、つい実姉に愚痴を零してしまいました。何も私達の心の中を知らない人には、何も話しかけて来ないで貰いたいし、ほっておいて欲しいよね。。。と。
唯一、何でも話せる実姉は、所詮身内の親戚になる人でも、他人だからねぇ、
傷つけている事知らずに何でも言って来るから、それ相応に付き合っていきなさいと言われました。
ホントに、親戚でも他人からの始まりなんだな~、だから思いやる気持ちの前に、自分の言いたい事言えるんだな~と思いました。

主人も、私もまた一つ傷つきました。
先日、娘の新盆を娘の旦那さん方とこちらの実家と両方で迎えました。
いくら嫁いだ身と言っても、ずっと病院で、新婚4か月で天国に逝ってしまって
私達も、たった一人の末娘。実家にも迎えてあげたかった。
でも、主人の叔父は、嫁に出した身なのに、両方で新盆やるなんて前代未聞だ!と、主人を叱ったそうです。
自分の叔父ながら、俺の気持ちを全くわかっていない!二度と叔父に逢いに行かないと憤っていました。
私達は、家族だけで娘を迎えようと言っていたのに、叔父から新盆見舞いに来ただけなのに。。。それなら、来てほしくなかったです。
ほんとに、親戚なのに嫌な感じ。。

sayamama (2016-8-22 23:11 )
みっちゃんさん、お返事ありがとうございます。
みっちゃんさんも、傷つくような事を言われてしまったのですね。
本当に、親戚と言えど結局は他人なんだなあ、と思わざるを得ません。
その旦那様のおじさんもどうかしてますよね、世間の常識がどうあれ、子を持つ親なら気持ち少しはわかるだろうに、と思ってしまいました。

子供を喪ってただでさえ傷つきやすい心に、世間は容赦ないですね。

みっちゃん (2016-8-23 9:23 )
sayamamaさん、皆さんおはようございます。

ホントに子供を天国へ旅立たせてしまってから、すっかり心が弱くなってしまいました。
sayamamaさんも、心中お察しいたします。
世間の言葉に惑わされず、深い傷を負わないようバリケードを張って、共にゆっくり進んでまいりましょうね。。これからも、宜しくお願い致します。

我が家も昨日から、義父の容態が悪く、人生の終焉を迎えようとしていて、周りがざわついてきました。
一昨年、娘と同じ時期に、娘と同じ右足を骨折し、病院をたらい回しされた後に施設に入所、脳梗塞等の重病の為手術も出来ず寝たきりになり今に至っております。
娘が亡くなった事を伝えたら、俺が先に逝けばいいのにと涙を流していましたが、今こうなったら皆が元気だった頃の、楽しかった家族生活が思い出されます。(ノД`)・゜・。
これ以上悲しい事が起こりませんように・・・願うばかりです。
私事ばかりお話しして、すみません。。。

sayamama (2016-8-29 22:31 )
みっちゃんさん、義父さんの具合はいかがでしょうか。

わが家では、つい先日義母の忌明けがすんだばかりです。
娘の2年後に脳こうそくで倒れ、半身不随になって施設暮らしになった義母。娘の看病と息子の世話に難儀する私たち夫婦を、手伝ってやれないことがふがいない、とこぼしていたそうです。
娘が亡くなって3年後に、無駄な延命治療をすることもなく、静かに自然に旅立ちました。

娘は13年間、義母は14年の闘病を経てあの世に逝ったので、私もこの苦しみに13年耐えたら、娘や義母が迎えに来てくれないかなあ、と願っています。

みっちゃん (2016-8-30 10:37 )
sayamamaさん、皆さんこんにちは。

ご心配ありがとうございます。( *´艸`)
義父は、肺炎になってしまい、今、意識もなく酸素吸入器を付けて、頑張っています。
延命は、しないと前々から言われてたので、いつ病院から連絡が来てもいいように面会に行きながら待機しています。
私が早くに実父を亡くしていますので、嫁いでからは厳しくも実娘のように接してくれました。核家族から大家族へと嫁いでやっとこれから人生を楽しもうという矢先に娘を亡くし、義父との別れも近く落ち込んでいます。

最近、自分が何のために生きているのか、何を楽しみに生きていけば良いのかまたわからなくなって来ました。
静まり返った家の中に居ると、以前は娘が傍に居る気配があったのに今は全くなく、ああホントに遠くへ行ってしまったんだんだなぁ…と、虚しさが蘇ってきます。寂しくて、寂しくて仕方ない。虚しくて、虚しくて仕方ない。
私も、、、早くお迎えにきてくれないかなぁ。。。

カテゴリー: 人間関係

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ