「お子さんは何人?」「お子さんはいらっしゃいますか?」

「お子さんは何人?」「お子さんはいらっしゃいますか?」
輝く子どもたち@はな (2006-10-8 20:38 )
[悲しみがやさしくなるとき ~子どもを亡くしたあなたへ~」
エリザベス・メーレン/著  東京書籍より引用:

—-

「お子さんは何人?」「お子さんはいらっしゃいますか?」
ある意味では、これは会話をはずませるための悪意のない無難な質問かもしれません。でも状況によっては相手の心を傷つけることもあります。

この質問に返事をする場合、私たちが選べる方法のひとつとして、相手に気まずい思いをさせない答え方があります。これは同時に、私たち自身を傷つけないやり方ともいえるでしょう。つまり単に「いいえ」と答えるのです。でも子どもを亡くした親の多くは、この答えでは満足できません。「いいえ」という冷たい否定の言葉は、たった一言で、子どもが存在していた事実そのものを否定してしまいます。

亡くなった子どものほかに子どもがいる場合は、「お子さんは何人ですか?」と聞かれたときも同じジレンマと戦うことになります。反対に亡くなった子どもがいると答えた場合、あなたは説明をしなければならなくなります。

子どもについての質問にどう答えたらいいかというのは難しい問題です。最終的にはその人自身の判断に任せるしかないと思います。どう答えるにせよ、このような質問をされた場合にどう対処するか、心の準備をしておくことは必要です。正しい答えは存在しません。

いちご (2006-10-10 1:02 )
今、まさにこの文の中にある事を考えて胸が苦しくなります。

先日はアンケートの家族構成を、3人と書けず4人と書きました。
今後も匿名の場合や、公的なもの以外は書いてしまうと思います。

でも、今週、下の子の保健所での検診があります・・・。
その時はさすがに書けないなぁ、つらいなぁ、と。

そして、今後は娘のお友達関係ではなく、
息子のお友達を作っていかなくてはならない、その時に二人目なのに、一人っ子と言うのかと思うと、胸が苦しいです。

余談ですが、そういう思いを何も分からないのか、
娘のママ友に先日、「もう一人作らないの?」と聞かれました。
「作らない」と答えると
「今はそうは言っているけど、しばらくしたら気が変わる気がするわ(笑)」と言われました。
あまりのショックで、その後普通のメールが来ましたが返信できません・・・。
とても信頼していて感謝していた友人だけに、ショックです。
話がそれて、すみません。

けろちゃん (2006-10-10 9:00 )
いちごさん、こんにちわ

私も先月から,色々なことが落ち着いて来た事もあり、バイトに行く事にしました。

土、日曜も仕事があるので行くとバイトで一緒に働いている女性に

「子供さん何人?今日は(休日なので)どうしているの?」
と、聞れました

まず・・・なんて答えようかと頭の中がパニックに・・・

朝から、本当の事とはいえ亡くなったと言うのは空気が暗くなりそうで

「あっ・・・6歳の女の子が一人・・・パパと遊んでます 」

なんて言ってしまった。

もう少し仕事になれて、仕事仲間の皆さんと仲良く慣れた頃に
自分の気持ちを素直に言える時が来るといいな~と思っています。(まだ壁を作っている自分がいます)

でも、どんなときでも子供の話は辛い気分

もう、息子には未来なんてなんだもの。

仕事で忙しくしていれば、気が張っているせいかそんなこと考えずに済むけど、家で一人でいるとむなしくなり号泣してしまいます

私も「また、もう一人作ったら?」と何人かに言われました。

そんな事はまったく考えられないのに・・・

やはり「もういいよ・・・」(笑)そう言ってます。

当事者でないと、わからない気持ちはこれからもたくさんあるんだろうな~と思いました

かな (2006-10-11 0:04 )
いちごさん、けろちゃんさん、こんばんは。

「お子さんは?」って質問、なんて答えていいかわかりませんよね。
初めて「いません」と答えた時、娘に申し訳なくて、胸が痛みました。
今は、答えと気持ちは別物としているような気がします。

涙の素っていっぱいあって、1回触れれば、次からは予防線を張るから涙にならないけれど、
初めての子供に関することは、どれもが涙の素で、それは直接聞かれる質問だけじゃなくて、
娘を連想するものまで含まれていて、「まただ…」と涙が出ることが多かったです。

「子供作ったら?」も言われますね。
相手は、社交辞令程度にしか思ってないのだろうけれど、私たち夫婦にとっては、
娘と同じことが起きる確率が高いため、そのたびに、考えて、考えて、考えて…で、私が参ってしまいました。
今は、お気楽に生きていくから~って答えますが、お気楽に生きていけたらどんなにいいかって思います。

はちひめ (2006-10-11 23:23 )
私は今も子供は3人、と答えています。
今は亡くなったばかりで学年も変わっていないので
さほど不自然ではないですが、来年になれば
小学校へあがる歳なので「上に小学生が2人いる」といえば
うそになる・・うむむ。

下の子関係では「お姉ちゃんが2人いる、上は2年生でね」などと言ってます。
話しててなんとなく不自然になったら、本当はいたけど病気で亡くなったので、と言うことも多いです。
知らない人にいうのは逆にあまり気にならないです。
聞いた方も、まあ大変でしたね、と言うものの知らない子のことなんて気にしないし。

子供って不思議ですよね。
生まれたその日から、ずーっと居たみたいな顔してて。
一日でも居てくれたら、もうその子がいなかった日には戻れないですよね。
子供の数はずっと3人で通すつもりです。だっていたんだもの!!

いちご (2006-10-12 13:01 )
やっぱり皆さん同じように感じていらっしゃるのですね。。。

でも、はちひめさんの言うように、
お空にいても、今でも私の子どもには変わりないのだから、
私も聞かれたときは、しっかりと「二人」と答えようかな。

確かに、話して相手がどう受け止めて、その後自分とどう関わってくれるかは相手が決める事ですものね。
それが気まずくなるような相手なら、その程度の付き合いと思えばいいことですしね。。。

カテゴリー: 人間関係

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ