一人娘を亡くした喪失感から立ち直れません

一人娘を亡くした喪失感から立ち直れません

あんじー (2011-6-27 13:34 )
14才の一人娘を亡くして、昨日百か日を終えました。

脳出血で突然意識不明になり、意識が戻らないまま37日後に亡くなりました。
いまだに事実と受け止めることができなくて、涙があふれます。

倒れるまでは、健康な子で学校を休むこともありませんでした。

通っていた学校が近くにあるため、学校の制服を着た子を見るととても悲しくてどうしようもありません。
なぜうちの子だけがいないの?
何度も問いかけています。

私は毎朝起きると、また朝になったのか・・・・
という感じで天気が晴れでも雨でも関係なくなってしまいました。
日に日に悲しみが増していき、娘を亡くしてからは自分の生きる意味がわからなくなっています。
みなさんはどのようにして悲しみから立ち直って行きましたか?

みいママ (2011-6-27 23:34 )
あんじーさん、始めまして。みいママと申します。私も10歳の一人娘を3月に亡くしました。もうすぐ百箇日です・・

娘も本当に元気な子で学校も休む事もありませんでした。病気が分かりわずか1ヶ月の闘病生活でしたが、急変し逝ってしまいました。小児がんでした。何もかもが急なことで、私も未だに立ち直ることができません。

小学校も家の前で、毎朝子供たちの元気な声が聞こえてくるので、娘の声も聞こえてきそうで・・辛くなります。
私は、離婚をしているので娘に先立たれ、1人で毎日悲しみと寂しさに押しつぶされそうです。このサイトを見て、たくさんの方が私と同じ悲しみをされているんだと思い、初めて投稿しました。あんじーさんも1人娘さんを亡くされ、私と同じ悲しみをされているんですね。

ホントに日に日に悲しみは増すばかりで、辛いですよね。私も生きる意味が分からなくなりましたよ。これからどうしていけばいいのか・・なんていつも考えています。

まだまだ立ち直ることはできないのですが、働かないとと思い、仕事に行く事にしました。だけどやっぱり仕事をしていても、悲しくなり泣きそうになったりします。多分、私はこの悲しみからずっと立ち直ることなんてできないと思います・・

だけど私が今、できることは娘の供養をしっかりしていくことだと思い、ゆっくりゆっくり頑張って行くしかないと思ってます。そしていつかまた天国で娘に会えることを願ってます。

あんじー (2011-6-28 9:20 )
みいママさん、返信ありがとうございます。
同じ時期に同じ一人娘を亡くされていたのですね。

私もみいママさんと同じように仕事に復帰しているのですが、やはり同じように仕事中もふとした瞬間に思い出して涙が出てきます。

学校が近いというのは、辛いですよね。みんな元気で楽しそうなのに、なぜうちの子だけがいないの? 夢だったらいいのに・・・ 何度も思いました。

亡くなってから思ったのですが、自分は娘が生まれてから娘のことばかり考えて生きてきたんだなあ・・・と思いました。

買い物に行っても、娘が好きだったお菓子やジュースを見ただけで悲しくなり、親子で楽しそうに買い物している人たちを見ても悲しくなります。

時が解決してくれる、とよく言われますが私にとってまだまだ先になりそうです。

このサイトを見ると、泣きながらでも心が落ち着くので何度も訪れています。
何度も早く娘の所に行きたい、と思いましたが、娘は望んでいないと思うのでもう少しがんばって生きていこうと思います。

みいママ (2011-6-28 23:31 )
あんじーさん、お疲れ様です。返信ありがとうございます。 今日も仕事をしていて、泣きそーになりました。私は以前勤めていた職場は退職していた為、新しい職場なので娘の事は誰もしらないので、「結婚は?子供は?」なんて聞かれるので、一瞬戸惑います…娘の事を話すと涙がとまらないので、「いません」と言っています… 私も早く娘の所に行きたいと思いますよ‥でも娘はそんな事許してはくれないでしょうね‥ だから私もまだ生きて行きます。 あんじーさんからの返信で元気もらいました。ありがとう。また辛い時はこのサイトを訪ねます。
ちーち (2011-7-11 21:23 )
はじめまして。私も、一人娘を癌で亡くしました。もうすぐ、二年になります。年は、十三歳でした。あんじーさんの、気持ち、凄くよくわかります。私も、何度娘の所へ行こうとしたか、分かりません。子供のいなくぃ生活は、寂しすぎます。私の、頼りにしている皮膚科の先生が、思い切り、涙が枯れるまで、泣きなさいと言いました。もうすぐ、三回忌です。私には、妹がいるのですが、子供は二人いて、健康です。なんで、独りしかいない娘を神様は、奪ってしまったのか、やっぱり妹家族を見ていると、複雑な気持ちになります。そして、私は、うつ病の為に、仕事も車の運転も出来なくなりました。本当に、苦しいです。辛いです。時間がたっても、解決できるものではありませんね。
みいママ (2011-7-11 22:55 )
ちーちさん、はじめまして。みいママと申します。ちーちさんの投稿を何度か
読ませて頂いていました。私も1人娘を亡くし、百箇日を終えたばかりですが・・毎日、何をしてても娘の事を思い出し、仕事中も泣きそうのなっています。ここ最近も気分がへこみ、死んでしまいたいと・・なんて考えてしまったりしています。気が変になりそうです・・・

私にも、姪や甥がいますが、確かに可愛いのですが、「何で娘がいないの?」って思ったりします。最愛の1人娘をなぜこんなにも早く奪われなくてはいけなっかったのか?神様はこの世に本当にいるのか?思う気持ちは尽きません。。

私もずっと立ち直ることなどできないと思っています。

あんじー (2011-7-12 23:01 )
ちーちさん はじめまして!
みいママさん こんにちは!

私にもちーちさんと同じように妹がいて、子供が二人いてとても元気でとても幸せな家族です。妹と私は天国と地獄のようです。それを母に言ったら怒られました。

みいママさんと同じで、仕事中涙が出ます。
同じ制服の子を見ると、逃げたくなります。

私がいったい何をしたからこんな罰を受けるのだろう?
私ってそんなに悪い人間なのかな?

一生懸命大事に育ててきた娘をなぜ神様は奪っていくのか?
いくら考えても答えは出ません。

写真もDVDもビデオも悲しすぎて見れません。
この間ハードディスクの整理をしていてうっかり動画を見てしまい、しばらく涙が止まらなかったです。

この時期は、夏のバーゲンに一緒に行ったなあ・・・
あのお店にランチ行って、アイス食べて・・・と考えてたら、街を一人で歩きなが
ら、悲しくて行けない店や、誰かに会うと困るので通りたくない道ができました。

もうすぐ新盆です。
そのため提灯を買いました。どうして娘のために提灯なんか買っているんだろう?
どうして年寄りでもないのにお盆の準備をするの?
提灯を買いに行ってから、毎日悲しくて気分が落ち込んでいます。

みいママ (2011-7-13 21:37 )
あんじーさん こんばんわ!
毎日暑いですよね。仕事を始めてから、週末の休みになると、ボーっとしているのですが、娘が元気な時の週末は、買い物に行ったり、ご飯を食べに行ったりした事を思い出します・・気分転換にと思い、買い物に出かけては見ましたが、お店に入ると大勢の人に見られている感じがし、何も買わず帰って来てしまいました。
道で誰かに会うと困る気持ち私も同じです。会う人にもよるのですが・・
今は仕事に行くのがいっぱいいっぱいです。

新盆の時、提灯を飾るのですね!うちは、お寺さんに聞いたら、特に何もしなくていいよと言ってたので、娘の好きだった色の黄色いお花を飾るつもりです!
この前の百箇日もひまわりを友人や身内から送ってもらい飾りましたよ。
こうゆう準備をするのも、悲しくて辛いですよね・・私も毎日気分が落ち込みまくりです。

あんじー (2011-7-14 0:00 )
みいママさん びっくりです!

うちの娘も黄色が一番好きな色で、同じようにお花は黄色中心です。
この時期暑くてあまりお花がもたないので、ひまわりの造花も買ってみました。

今日も仕事中、どうしても娘のことが頭から離れなくなって 下を向いて泣いてしまいました。

こちらはとても月がきれいな夜です。近くで星がきらきら輝いています。
私たちの娘は空の星になって見守ってくれていますよね。
そう思っていつも夜空を泣きながら見ています。

夢でも良いから娘に会いたいと思っているのですが、夢にも出てきません。

私も仕事に行くのがいっぱいいっぱいです。
娘の分もがんばって生きていかないと・・・

みいママ (2011-7-14 21:53 )
あんじーさん 私もビックリです!何か嬉しくなりました。

同じ黄色が好きな娘さんが天国で私の娘と仲良くしてくれているように思えます・・今日も星がきれいですか?一番輝いている星があんじーさんの娘さんですよ!

私も夢でもいいから娘に会いたいと思っていたとき、一瞬出てきてくれた感じがしたのですが、ふと目が覚めてしまい・・残念でした。

先日、娘の大好きな先生が家に来てくれたのですが、いきなり「お母さん、不思議なことがあるんですよ!」って・・話を聞くと、娘はいつも先生のそばにいて、先生が困っている時など、助けているようなんです。先生にはちゃんと娘の声が聞こえるらしく、探し物をしていても「あっち!こっち!」とか言って教えてあげたりしているようです。

私は、ビックリと言うか、自分には何も感じないし、声も聞こえないし、先生が羨ましくて・・でも先生のことをホントに大好きだった娘が先生の力になっているんだと思うと、嬉しくもあり、もっと学校に行きたかっただろうにと、色んな感情で涙が止まりませんでした・・

保育園のときのお友達の所にも何度か会いに行ったようで、その話を聞くといつも羨ましくて・・娘はいつも笑顔だったそうです。

私も娘に会いたい 声が聞きたい。あんじーさんやこのサイトを見てくれている人は不思議な事があったりしたことありますか?

しおママ (2011-7-14 22:50 )
皆さんはじめまして、しおママと申します。

2年前、8歳の娘を心筋炎で亡くしました。風邪症状から3日後、本当に突然の別れでした。

我が子の葬儀、新盆、1周忌、3回忌…執り行う度になぜこんなことしなければならないのか、なぜ娘が天国へ旅立たなければならなかったのか…苦しく辛い日々でした。

他に二人の子供がいたから何とか生きてきたようなものです。

娘が亡くなった直後不思議なことが私もありました。

家に私ひとりでいた時、それまで消えていたPCの電源が急に入り、小田和正の「言葉にできない」の曲が流れてきたんです。

昔、大手保険会社のテレビCMで使われたもので、そのCMがPC画面に映ったのです。

あなたに会えて、本当によかった
嬉しくて、嬉しくて、言葉にできない

娘からのメッセージだと思いました。涙が止まりませんでした。

夢でもいいから逢いたい、逢ってぎゅっと抱きしめたい。

ずっとずっと思っていることです。

その夢もまだ1度きりです。

娘のお骨は、納骨する気には未だなれなくて、いつも家族と一緒です。

みいママ (2011-7-15 21:13 )
しおママさん こんばんわ!みいママと申します。

二年前に娘さんを亡くされたんですね・・小田和正さんの「言葉にできない」私も好きです。娘が元気なときも、CMでこの曲を聴くだけで涙が出ていました・・なのに、亡くなってからしおママさん見たいな体験をしたら私も絶対に娘からのメッセージだと思い涙が止まらないと思います。すごく感動する体験をされましたね。

私も娘を抱きしめたいです。今度は絶対に離したくない気持ちです。いつになったら夢に出てきてくれるのでしょうね・・・私のとこに生まれてきてよっかたと娘は思ってっくれているでしょうか?

ちーち (2011-7-15 23:03 )
皆さん、こんにちは。まだ、皆さんは、お子様を亡くされて、短いのですね。
まだ、日が短いと立ち直る事も、死をまともに受け止める事も出来ないでしょう。私の娘は、もうすぐ二年になり、ようやく闘病記を読み返す事が出来るようになりました。でも、娘が大好きだったひまわりを見かけると、涙ぐんでしまいます。
私は、娘が亡くなった翌年に、闘病記を自費出版しました。当然、大赤字でしたが、一人でも多くの人に、読んで貰えたらとの思いで、一生懸命に書きました。
遺影の横にも、本を置いてあります。本の表紙は、ひまわりでいっぱいです。
法事の事で、納得がいかない事があるんです。
主人は、本家の長男で、仏壇が本家にあるので、法事は、全て本家で、行い、義理の父と姉達がすべてを、仕切ってしまい、私は、ただ、お焼香をするのみなのです。出来れば、私と主人で、法事の手配もしたかったのですが、本家の長男というだけで、やらせてくれませんでした。
だから、せめて、分骨くらいはとお願いして、今は、寝室のタンスの上に、分骨と本を飾っているのです。
娘が亡くなった時に、私の実家で、超常現象が起きたそうです。天井がきらきらと輝いて、金色のじゅうたんみたいになる現象が一週間続いたそうです。
娘は、まだ自分が死ぬと思ってなくて、肺に水が溜まって、呼吸困難の状態になっても、ママのおじいちゃんのとこに行くと言ってたのです。それが、叶わぬ夢となって、出てきたのではないのでしょうか。
妹家族の事は、本当に複雑な気持ちになります、妹に勧められて、室内犬を飼ったのですが、娘の代わりになんて、なりません。
そして幸せに、仕事を始めた妹は、余計に、私の憎悪をかきたてました。私は、仕事さえも、出来ない体になってしまったのに、何故あの子だけが、幸せな毎日を送っているんだろう。忙しくて仕方ない妹と、死にたくてたまらない私。対照的です。みなさんは、うつな気分をどうやって、晴らしてますか?
となりのねこ (2011-7-16 11:29 )
こんにちは。
私も先月11歳の娘を亡くしました。
脳腫瘍で、初診当日の緊急手術が失敗して動脈を破損させてしまい
14か月の寝たきり生活のまま逝ってしまいました。
検査と偽り、怖がりの娘を安心させたままの手術でした。
亡くなってからはあまり悲しいという気持ちはありませんでした。
不思議な感じです。受け入れてないだけかも・・・
手術が失敗してからの方が辛かったと思います。
ですが、皆さんがここに書いてあること全部、全く同じです。
当初は道端に捨ててある自転車さえも、羨ましく思ったものです。

好きな色(黄色)まで同じ♪
みんな、とっても優しい子では有りませんでしたか?
なぜうちの子が??もっと意地悪な子がいるでしょ!って思ってしまうのは
私だけでしょうか?
だからこそ、娘の死にも意味があったんじゃないかとかんがえます。

もうすぐ四十九日とかいう日が来ます。
誕生日が近いので、我が家では、お見舞いに来てくれた子たちを呼んで
ケーキでも食べる予定です。
うちは、無宗教なので仏壇は置きません。
もちろん、お経もなし!お墓も無しです。
寂しい墓地に娘が行きたがるはずはないと考えました。
だから、いつも私たちの近くにいてくれます。
お骨は高野山にお願いする予定です。
遠くて、なかなか行けないでしょうが、娘はそこにいないのだから・・・

ちなみに遺影も黒縁ではなく、可愛い花柄で位牌はクリスタルです。
戒名なんてありません。娘の名前は一つです。

何事も娘に合っているか、喜ぶか、好きか・・・を考えました。

子供を思う気持ちがあれば、形なんてあまり意味がないと私たち家族は
思っています。
お父さんお母さんが自分の為にしてくれる事なら、立派なお墓や仏壇、そうではないお墓や仏壇など、どんなものでも喜んでくれると信じています。

愛情いっぱいに育てた子ですものね!

みいママ (2011-7-18 15:29 )
ちーちさん こんにちは。
娘さんの闘病記、私も読んでみたいです。私の娘はわずか一ヶ月の入院でしたが、毎日地獄のような日々でした・・・

ご実家での不思議な現象もビックリです。天使になった子供たちは、何とか私たちにメッセージを届けようとしているのでしょうか?

私は気分が落ち込んだらこのサイトを訪ね泣きながら娘の事を思い皆さんと共感できる事が、今は救いになっています。

あんじー (2011-7-19 20:07 )
みなさん こんにちは
今日は娘の4回目の月命日でした。
娘の笑っている写真を見て、涙が止まらなくなりました。
なんだか日に日に悲しみが増していくような気がします。
家に一人でいて、娘の写真を見ていると気が変になりそうになります。

となりのねこさんのお子さんと同じように、うちの娘もとてもやさしい子でした。
誰もやりたがらないようなことも、すすんで引き受けるような子でした。

夏休みになるとまわりに子供がいっぱいになります。
みんな元気で楽しそうです。
これからますます悲しくなりそうです。

ちーちさん、私はうつな気分を晴らすために、図書館に行って本を借りて読んでいます。気に入った本だとその本にのめりこんで他のことをあまり考えなくなります。ちなみに私は推理物が好きです。どんどん読み進んでいくことができます。

いつになったら、心から笑える日が来るのか・・・
人前で平気な顔をして笑ったりしていますが、ひきつっているかもしれませんね。
早く時が過ぎてくれればいいのに・・・といつも思っています。

ちーち (2011-7-22 14:21 )
みぃママさん、私の出した本を読んで下さるなんて、とても、嬉しいです。タイトルは、奇跡のいのち 船越千春で、アマゾンにて、ネット販売されています。私の通っている病院等にも、置かせて貰っていますが、割と、売れているみたいで、予想外でした。
先日、部屋の片づけをしていたら、娘が、私にあてたメッセージカ2ドが出てきました。そこには、これからも、ずっと一緒にいようねと書かれてたんです。その場で、泣き崩れました。ほんとに、どうして、うちの子が?って、皆さんと全く一緒の気持ちです。
あんじーさんは、図書館に行かれているそうですね。私には、交通手段がないので、図書館には、週末しかいけません。だけど、いろいろ借りています。
私は、ピアノが大好きで、もう二十年近く習っています。ピアノを弾いてる時だけは、とても楽しいのですが、ピアノは、娘も弾いていて、私がよく教えたりしていたので、娘が弾いていた曲を耳にすると、悲しくなりますね。

私も、いつになったら、娘の事を過去の思い出として、受けとめる事が出来るようになるのか、分かりません。本当に辛いです。

ぴーたん (2011-7-23 23:30 )
みぃままさんと同じというのでしょうか。ひとり親で娘を育てて来ました。12歳になったばかりでした。生まれた年の干支に失うなんて…。まだ何が起きたかわかりません。私の全てでした。どうしたらいいか全然わかりません。このまま生きていかなくてはならないのか。なぜ娘なのかわかりません。すみません混乱してます。酷すぎます。
となりのねこ (2011-7-24 11:05 )
ぴーたんさん。こんにちは。となりのねこと申します。
うちの娘も2日前12歳になりました。昨日は四十九日でした。

脳腫瘍の手術後、髄膜炎や重度の腎盂炎、肺炎に重度の腸炎、脳出血などそれはそれはいろいろな病気になり、その度に私たち家族は身が張り裂けそうな思いでした。子供が苦しんでいる姿は親には地獄ですよね・・。
入院当初は、病室やベッドのネームプレートに娘の名前が書いてあることが不思議で・・・点滴にも名前があることすら、毎日信じられませんでした。

可愛くて可愛くて、見ているだけでも幸せな気分にさせてくれた私の娘が、薬のせいで全くの別人になってしまった姿を毎日見るのも辛くて・・・
でも、意識がなくても病院のベッドに一人で寝かせておくのは出来なくて、14か月毎日、手抜きですが家事をしながらお弁当を作って病院に通いました。
でも、3月の11日だけ、実妹の具合が悪く心配で実家近くの病院に駆けつけていて、地震は免れたんです。私は関東で実家は東海です。
なんとなくですが、娘が私の事を心配してくれたのかな…って思いました。

きっとぴーたんさんの娘さんも皆さんの娘さんも、泣いてばかりいるママの事を心配していますよ。
泣かないでとは言えませんが、涙が止まらなくなっちゃったら、娘たちにあまり心配をかけないようにと言う気持ちを思い出してみて・・・。

みいママ (2011-7-24 21:53 )
ぴーたんさん こんばんは。私と同じひとり親で最愛の娘さんを亡くされたのですね。ぴーたんさんの気持ち本当に良く分かります。辛いですよね・・悲しいですよね・・私も未だに信じたくありません。この先どう生きて行けばよいのかも・・何もかも嘘であってほしいです。

今日は娘が亡くなって4回目の月命日でした。月日だけが過ぎ私の悲しみは日に日に増すばかりです。娘のお友達も来てくれました。皆、真っ黒に日焼けし、とても元気で、明るく色んな話をしてくれました。私も少し元気をもらいました。

だけど、やっぱりひとりになると、寂しく、去年の今頃は娘も元気にしてたのにと思い出します。

ちーちさんへ・・
「奇跡のいのち」今日届きました。早速読ませてもらいました。菜瑠美ちゃんは本当に強い子でしたね。ちーちさん夫妻も長い長い闘病生活をされ、本当に頑張られましたね。

私の娘は、悪性小円形細胞腫瘍とまでは分かっていたのですが、その中でもいくつかの肉腫があるようなのですが、娘の腫瘍はどれにもあてはまらず、遺伝子診断をしている間、結果がでないまま、急変し亡くなりました。

娘も抗がん剤が全く効かず、腫瘍は増大していくばかりで、肺にも多発性転移していて水も溜まっていました。どこか菜瑠美ちゃんとかさなる所もあり、本当に辛い治療を良く頑張ったんだと思いました。一ヶ月の闘病生活でも毎日辛かったのに、ちーちさんはご自身の病気も抱えながら良く頑張られましたね。
この本を読んで、今同じ病気と闘っているお子さんの親御さん達の「希望」に絶対になると思います。本の表紙の菜瑠美ちゃんはひまわりに囲まれて、いい顔されていますね。天国でうちの娘と仲良くしてもらえればと思います。

くれぐれもお体お大事になさってください。

ちーち (2011-7-31 9:55 )
みいママさん、本を早速読んでくださってありがとうございます。
私の娘と、みいママさんの娘さんとは、共通点が多いのに、びっくりしました。
最期は、安らかに眠られましたか?もし、私の娘と同じ症状で、亡くなられたのなら、苦しかったでしょうね。私も、娘の最後の苦しそうな表情が、はっきりと頭に残っているんです。せめて、最後ぐらいは、安らかに天国へ行ってほしかった。そして、一度でいいから、自分の足で、歩かせてやりたかったです。
天国で、きっと二人は仲良く親友になっている事だと思います。
肉腫と言う病気は、たちが悪い病気のようです。テレビでも、報道されていました、
今、ちょうどひまわりの季節になって、うちの庭でも、ひまわりを植えています。なるみは、ひまわりが大好きでした。
本の表紙のひまわりは、絵ではなくて、兵庫県の南光町と言うひまわりが有名な所で、小学六年の時に撮りました。毎年、そこに行っては、冷たい河の水で遊んで、ひまわりアイスを食べていたのです。残念なことに、足が悪くなってからは、水で遊ぶ事が出来ずに、浸していただけでした。
今、私は、なるみとお揃いで、買ったキティちゃんのサンダルを履いています。なるみは、とにかく、私のまねをする事が大好きでした。
娘は、息子と違って、とても、母親との結びつきが強いのです。
それだけに、失った悲しみは倍増するのではないでしょうか?
みいママ (2011-7-31 14:13 )
ちーちさん こんにちは。
娘の最期は安らかでした・・「息が苦しい」と私に言い眠るように逝きました。いつものように眠っているかのように。今でも、その時の事はよく思い出します・・

最近は、娘が辛い治療の時に泣いていたことや、「ママ助けて・・」と言ってたことを思い出してしまい、私は何もしてやれなっかたと、つくづく自分の不甲斐なさを感じ、頭が変になりそうでした・・

本の表紙は実際に撮られた写真だったんですね。私も機会があれば行って見たいです。天国でなるみちゃんが娘と仲良くしてくれていたら嬉しいです。

ちーち (2011-8-12 16:13 )
みいママさん、こんにちは。
娘さんは、安らかに、眠られたのですね。それは、良かったと言うのも変ですけど、なるみは、苦しんで亡くなったので、悔いが残ってたまりません。

抗がん剤の治療や、脱毛は可哀想でした。意識がなくなるまで、苦しい、助けて‘と叫んでいた事等、今も、はっきりと覚えています。
兵庫県の南光町は、佐用郡にあります。岡山に近い所です。でも、おととしに、洪水で、壊滅的な被害を受けたために、今は、どうなっているかは、分かりません。でも、凄くいい所なんですよ。

今、分骨のそばに、家で咲いたなるみの大好きなひまわりを飾ってあります。きっと、喜んでくれると思います。

さとっぴー (2012-1-23 20:32 )
初めて、さとっぴーと申します。

去年の3月24日に4才になったばかりの一人娘を亡くしました。
日が経つにつれて淋しさと悲しみと後悔が増してきて同じ頃に娘さんを亡くした経験のある方を探していました。

娘は菜々花といいます。
あんじーさんの娘さんと同じく黄色が大好きでした。名前に付けた菜の花を葬儀にも沢山飾ってもらいました。

私も娘のいない世の中で生きていくのが辛いです。
命を断つ事が許されるなら菜々花のいるあちらに行きたいです。
ですが娘を亡くした悲しみを私の母にもさせてしまう事になると思うと出来ないし、先天性心疾患で生きようと懸命に頑張った菜々花が望まないと思い、天命を全うしようと思いました。

どーせなら人のために死んで少しでも良い事をして、より菜々花のいる天国に近い所に逝きたいと思っています。

主人には本当の気持ちを言う事が出来ません。
主人とは考え方も供養の仕方も違うので…。
だから、あんじーさんにやっと出逢えて嬉しく思いました。

私も娘を亡くしたこの苦しみは死ぬまで続くだろう、と思います。
この先どうやって生きていったら良いか分かりません。
あんじーさん、最近はどの様に過ごしていますか?

みい (2012-1-23 23:47 )
さとっぴーさん 初めまして、みいママと申します。
私の娘も昨年3月24日に亡くなりました。10歳でした。

同じ日に一人娘さんを亡くされたんですね・・・寂しいですよね
あと二ヶ月後には一周忌ですよね。信じられないくらい、月日だけが過ぎ
未だに悲しみは薄れてはいません。毎日、娘のことを思い悔やむばかりです。

そして今日は娘の11歳のお誕生日なんです。お友達もプレゼントを持ってお祝いに来てくれました。嬉しかったです。今でもずっとクラスメイトとして娘のことを思ってくれてるみんなに日々感謝してます。

娘も黄色が好きだったので、いつも黄色いお花を飾っています。今日はお誕生日なんでたくさんのお花を飾ってます。

私も娘を亡くしたこの悲しみ、苦しみはずっと続くだろうと思います。この先の希望も夢も失ってしまったのだから・・・

明日は、娘たちの月命日ですね。複雑な思いはありますがしっかりお参りしたと思います。

同じ日に娘を亡くされた方と出会えて、思わず投稿しちゃいました。私もあんじーさんが最近どうされているのか気になっていました。

あんじー (2012-1-23 23:56 )
さとっぴーさんこんにちは。

同じ時期に同じ一人娘さんを亡くされていたのですね。
私はここのところ辛い時期が続き、このサイトにもなかなか書き込むことができませんでした。

秋には娘の誕生日があり、クリスマス、お正月と続き、世の中のみなさんが楽しい時期が、どうして私はこんなに辛いのだろう・・・・・
娘は、いきものがかりが大好きだったので、いきものがかりの曲が流れると悲しくて、どこにいても泣けてきます。紅白みても泣きました。

早く毎日が過ぎてほしいと思っています。でも時は解決しませんね。最近は悲しみがますます強くなっていきます。

婦人科のがん検診を受けた時も、結果が悪くても娘のところに行けるからいいや・・・なんて思っていました。(もちろんこんなことは誰にも言っていませんが・・・)

私は悲しくてどうしようもない時は、家にいると自分を責めておかしくなりそうなので、外に散歩に出かけます。
自転車だったり、歩きだったり、いろいろですが、図書館に行くことが多いです。
前までは街に買い物にも行っていたのですが、同じくらいの親子連れを見かけるとかなり辛いので、一人ではあまり行かなくなりました。

私もどうやって生きていったらよいかまったくわかりません。
私の周りには子供を亡くしている人がいないし、こんな気持ち誰にも言えません。
このサイトを見て同じように気持ちをわかちあえるので、心の休める場所にもなっています。

さっとぴーさんのおかげで、久しぶりに書き込むことができました。
ありがとうございました。

さとっぴー (2012-1-24 1:10 )
あんじーさん、早速の書き込みありがとうございました。 がん検診に行ったんですね。私も、あんじーさんと同じ事を考えていました。 今年3月末まで無料の横浜市のがん検診券が届いたので行こうと思いながら”末期の乳がんとかなら良いのに…”って。 今の私にとって一番の幸せは死んで菜々花のそばに行ける事。 あんじーさんが泣いている時、私も泣いてると思います。 これから泣くときは、そぉ思ってて下さい。 私もそぉ思わせて頂きますね。 また書き込みします。
marin (2013-2-11 15:37 )
1月31日に8才の一人娘を亡くしました。

葬儀も無事終え、今は不思議と落ち着いています。
遺影は、菜の花をバックに、とびきりの笑顔でピースサインをしています。
闘病中は、娘を失ってしまうという恐怖心でいっぱいでしたが、
ようやく苦しみから解放され、ここよりも良い世界へ旅立ったんだと
考えたら、心が穏やかになれました。
おそらくまだ日が浅いので、娘の死を実感していないのかもしれませんが…
でも、本当に優しくて良い子だったので、たった8年間でも一緒に楽しい思い出を作ってもらえて本当に感謝しています。

会社員 (2014-3-26 13:29 )
娘の三回忌です。今の妻には内緒で会社を休み,外からこの文を書いてます。なかなか泣くことができませんでした。なぜか,みなさんの文を読んで泣くことができました。涙のでない自分を責めてました。
ゲスト (2014-4-2 22:12 )
泣いて楽になるときと、泣くと余計つらくなるときとありませんか?
泣きたい時に泣けばいいと思います。
もうすぐ息子が急死して3ヶ月になります。
泣くと辛くなる日々です。だから泣きません。
でも泣かない自分が息子の死に慣れているというわけではないです。
ありんこ (2015-4-6 7:46 )
私、3月20日に一人娘を誕生日直前の二十歳で亡くしました。何故亡くなったのか?色んなものをひっくり返しながら、苦しくて、死にたくて、、、でも、この悲しみ痛みは一生涯消えないことも理解しました。
皆さんの文を読んでいて、分かります。
この苦しみと共に共存するしかないのだと。
ひとりぼっちの寂しさに押しつぶされそうで、胸はいつも苦しくて。
娘のベッドを確認して見たり、部屋のドアを開けるときは居る気がして、、、
どこかに、海外に居ると信じてみようかと思ってみたり。
周りは私が復活するのを望んでいて、だから、復活宣言を昨日したけれど、本当は苦しい。
もう、泣き言は言えないし。
周りが私のために不眠になったり、身体を壊すのは嫌なので、元気な振りをすると決めたのだけど。

カテゴリー: 分かち合い

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ