天使になる為に産まれてきたわけじゃないだろうに

天使になる為に産まれてきたわけじゃないだろうに

ひよママ (2009-5-11 14:25 )
お兄ちゃんの大好きなアンパンマンの歌が車にいつも流れています。
「何の為に産まれて 何をして生きるのか わからないなんて そんなのはいやだ」
この歌詞をきくたび、何だか悲しくなってしまいます。

娘は生後3ヶ月で天使になりました。
たった3ヶ月の人生で2ヶ月は病院のベットでいろんな管をつけられていました。

最近テレビで「人生は長さじゃない、どう生きるかだ」って言葉をききました。

娘は何のために産まれてきたんだろう。
楽しいことも経験せず、笑顔を覚えることもなく、逝ってしまいました

天使になる為に産まれてきたわけじゃないだろうに。

最近そんなことばかり考えてしまいます。

Diablesse (2009-5-16 17:17 )
ひよママさん

初めまして。
私は天使の姉です。
「何のために産まれてきたんだろう」という言葉に、
思わず反応して、今、レスを書いています。

私の妹は、1歳になってすぐに亡くなりました。
産まれてからほとんどの時間を、病院で過ごした子でした。
苦しい思いをするために生まれさせちゃってごめんね、と
最近まで、母は思っていたようです。

でも、私は、妹が教えてくれた色々なコトを持って生きてきた気がします。

辛いコトを抱えているヒトに気づきやすくなりました。
辛いヒトに、他人としてできるコトを、見つけやすくなりました。
病児やきょうだいや家族の為の本を思いつき、出すコトができました。
簡単に「死にたい」なんて思えない。
両親より1日でも長く生きていく勇気を知りました。
人を傷つけない言葉を選ぶようになりました。

全て、妹の存在が教えてくれました。
妹は、幸せすぎると見失いがちな何かを、
家族に気づかせるために、産まれてきてくれたのだと思います。

あくまでも、私の場合は・・・なんですが。
上手く言えなくてごめんなさい。

綾乃かぁさん (2009-5-17 11:45 )
Diablesseさん はじめまして。

私は子を亡くした親でありますが、兄弟を亡くした
事はないので、兄弟の気持ちはわかりません。
娘と息子の二人兄弟だったのに、娘が天使になり
突然一人っ子になってしまった息子。
当時、どんな気持ちだったのか・・・
今は、どういう気持ちなのか・・・
なにも話してはくれませんが、息子もDiablesseさんみたいな
気持ちも持ってくれていたら いいなと思います。
ありがとうございます。

話がずれて、ごめんなさい。

ひよママ (2009-5-18 9:15 )
Diablesseさん はじめまして。

レスありがとうございます。
娘が亡くなったとき、お兄ちゃんたちは5歳と3歳、どこまで覚えていてくれるのか・・と思っていますが、
二人は自分の家は5人家族と言っています。
家族で出かけるときなど、そこにいるかのように話をしたりします。
遺影に向かって話しかけたり、ご飯を食べさせたりしてくれます。

そうですね、娘はたしかに産まれて、家族に何かを残してくれたんですね。

わたしにたくさんたくさん幸せをくれた娘でした。
改めて、お兄ちゃんたちが健康でいてくれることに感謝することもできました。

そんな気持ちをすっかり忘れていたような気がします。

気が付かせてくれて、ありがとうございました。

ゲスト (2009-5-18 11:30 )
ひよママさんこんにちわ。
はじめまして。
ぷらりときたゲストですが、
私も息子が亡くなってから産まれてきた意味を考えるようになりました。
息子も産まれてすぐ心疾患が見つかり
手術したけど生後2ヶ月で逝ってしまいました。

アンパンマンの歌、実は深いですよね。
「そうだ 嬉しいんだ生きる喜び たとえ胸の傷が痛んでも」
(↑微妙に違ってたらすいません)
息子の胸の手術痕にかぶらせて、どんな形(後遺症など)でも生きていてほしい、
生きてて良かったと思ってほしい、
そんなふうに祈っていた日々・・・でももう帰ってはこないんですよね・・・。

2ヶ月の短い生涯のすべてを病院で過ごし、
ミルク制限、大きな手術、チューブだらけの体・・・
息子は私たちの元に生まれなければ幸せだったのに、なんて考えたりもしました。
何のために生まれてきたのか、それはおそらく本人にしか分かりません。
でも、うちの息子も、ひよママさんの娘さんも、
私たちを悲しませようとして生まれてきたのではないはずです。
きっとひよママさんの言うように健康で当たり前の幸せを大切にしよう、
そう息子は教えてくれたような気がしています。
それに気づくのにはあまりにも大きな犠牲でしたが・・・。

お兄ちゃんたちとってもいい子ですね。
うらやましいです(私には他に子どもはいません・・・)
だから娘さんもこの家庭に生まれたい、と来てくれた様に感じます。
たとえ短い命と分かっていても、みんなに会いたくて来たのだと思います。

ひよママ (2009-5-18 12:22 )
ゲストさん、ありがとうございます。

アンパンマンの歌は心臓病の子の応援歌だと思います。って心臓病の子をもつ方のブログ(だったかな?)で書いてありました。

わたしも、「胸の傷が・・」のところで娘の手術痕を思っていました。

どんな形でも生きててほしい。
わたしも思っていました。
手術後、一度心臓がとまりかけて戻ってきたため、脳にダメージがあったかもと言われ、途中で脳波をとったところ、ほとんど反応しなくて、植物状態になるかもって言われましたが、それでもやっぱり生きててほしいって思いました。
家に連れて帰ってあげたい、そればかり思っていました。

だけど、娘はそれを望まなかったのかもしれません。
今は、ゲストさんの息子さんも、娘も、チューブも呼吸器もとれて、身軽になって、痛い思いも苦しい思いもすることなく、お空で飛び回っていますよね?
年が近いから、もしかしたらお空で仲良くなってるかも・・・

ごんさき (2009-5-20 23:31 )
ひよママさん、こんばんは。

アンパンマンの歌、子供は好きですよね。息子もよく歌っています。
歌詞は私も意味深いなぁと思っていました。本当に切なくなります。
どこまで考えられているのか分かりませんが、応援ソングですよね、きっと。

生まれてきた意味・・・私もいつも考えます。
胎内記憶の本に、子供はパパやママを選ぶのと同時に病気をも
選んでくると書いてありました。
ある子供は喘息でとても苦しんでいるのだけど、病気を自ら選んで
来たそうで、「その方が楽しいから」と話したそうです。
病気になるのは伝えたいことがあるから、特にママに対して伝えたいからだそうです。
科学的な証拠など何もないけど何となく分かる気がします。
生まれてきた意味を私達に考えさせることが意味なのかもしれません。

「どんな形でも生きてて欲しい」
私もそう考えました。娘の病気は死亡率がすごく高いのだけど、
助かることもあるそう。でも重度の脳障害が残るそうで。
どんなに大変だろうとも本当に生きてて欲しかった。
でも娘が選んだことなのかもしれません。そう思い込むことしか出来ません。

ひよママさんの息子さん達はとっても優しいですね。
大きくなってからもきっと人の気持ちの分かる優しい強い男の人になりますよ。
つらい思いをしている分、つらい思いをしている人には優しくなれますよ!
私の場合はそうじゃない人にはひどいことを思うこともあるのですが・・・自己嫌悪です。

ゲスト (2009-5-22 19:14 )
自ら病気を選んで生まれてくる?
信じがたいことです。
そう思い込めば気が楽になるかも
ゲスト (2009-5-23 11:59 )
>自ら病気を選んで生まれてくる?
>信じがたいことです。
>そう思い込めば気が楽になるかも

生まれる前の記憶が残っている子どもの話を、本やネットで読んだことがあります。信じがたい話だと思いますが、私は信じています。信じるか信じないかは個人の自由ですので、いろいろな意見が出るのは当然ですが、この3行がなんだか冷たく感じられたので投稿しました。

ゲスト (2009-5-23 14:20 )
子供は親を選んで産まれてきます。
そして寿命(宿命)や国籍や性別を自ら選んで。
命は長さではないです。
どれだけ愛や感動を経験でき経験させたかだと思います。
ゲスト (2009-10-9 19:11 )
はじめまして。
お子さんは、あなたに命の尊さと愛を教えてくれました。
今でも絶え間なく、片時も離れることなく、あなたと共に。

生まれる以前にその後の困難を承知で、あなたに伝えたいメッセージを携えて勇敢に生まれてきたのです。

あなたと共にしたお子さんとの時間はあなたにとって無意味なものだったでしょうか?
お子さんにとってあなたといた時間は無意味だったでしょうか?

今でも決して途切れることなくつながっている愛の絆。

あなたはそれを確信と共に感じているはず。

無意味なことなんて決してないのですから・・・。

ままママ (2010-2-19 14:44 )
ゲストさん・・・
2歳になったばかりの娘を去年の10月9日に小児癌で亡くしました。
ゲストさんがコメントした日です。

今日はじめて読みました。
とても深い言葉で、涙が止まらなくなりました。

素敵な言葉を読ませて頂いて本当に有難うございました。

無意味な事なんて絶対にないのだから・・・
 

又、前を向いて頑張って生きて行こうと思えました。
有難うございます。

mamamichan (2010-2-22 11:28 )
皆さん…初めまして。昨年の10月末に中三の息子を脳腫瘍で亡くしました。私も…余命を医師から宣告された時から……息子は何の為に生まれて来たのか?解らないじゃないっ………。とずっと思っていました。失ってしまった今でも…やはり、そう、感じ、思います。生まれてから小4のあの日迄…ごく普通に過ごしていました。小4で病気が見つかり…でも、懸命に自分は必ず治ると信じ手術や治療にも一言も弱音もはかずに闘病をしてくれました。終末期になり…肢体不自由になり…自発呼吸も出来ずに呼吸器を繋ぎ…最期は体も動かせなければ…声も奪われ…本当に私が息子の立場だったとしたら……きっと、耐えられないと何度も思いました。しかし、どんな形であろうとも…息子には生きていて欲しいと深く望み…必死に励まし続けました。。。絶対に、良くなるから……たとえ、どんなに時間が掛かろうとも………ママが守るから……と。。。その言葉を信じ本当に最期迄頑張ってくれました。人生のうちでもこれから…という年頃…友達同士との時間が増え…恋をしたり…そんな時期に旅立つなんて………ここ迄の息子の人生は何だったのか…等とやり場のない怒りでいっぱいでした。

私も、子供は生まれてくる時に両親を自ら選び、あの両親のもとへ生まれると…思い病気になり長い人生を送れないよ。と言われても…自ら選び生まれてくる…と聞いた事があります。その言葉を思うと…気持ちがラクになるような…更に息子に申し訳ないような気持ちになります。残された下の息子・娘もやはり、周囲から簡単に「死ね」だの、「殺すぞ」とか人の命についての軽はずみな言葉に対しては異常に反応し許せない…と言います。それともう一つ…神様なんかはいない…と、言うのです。経験上、確かに仕方が無いですよね。私達、親も辛いですが…兄妹を亡くした子供達は…なかなか気持ちが同じ温度差で分かり合える友人にはなかなか出会えないので……ぶつけられない分…気持ちを考えると…本当にせつなくなります。

この、悲しみは家族にとって本当に忘れる事なく一生続きます。寿命って何なんでしょうか?思い病気にかかる子とかからない子の差は何なんでしょうか?何で、現代医学でもどうにもならない病気が沢山あるのでしょうか……。

私は自分勝手かもしれませんが…正直、病気で息子を亡くしてから…これ以上、医療が発達して欲しくない…と思いました。近い将来、もし、医療技術が発達し息子を奪った病気が…命が助かるようになったり…治るようになったり…それ程恐れる事の無い病気へとなったら………そんな日が来てしまったら…やりきれなくなると思ってしまうのです。

息子が亡くなってから…毎晩…遺影の置いている部屋の写真を撮っています。はっきりといわゆるオーブと呼ばれているものが写るので…大きく色の濃いオーブを息子の魂だと信じ撮り続けています。

見たり…感じたり…したいですよね。。。

長くなりまとまりの無い文章ですみませんでした。

ままママ (2010-4-10 16:48 )
>mamamichanさん
今日久しぶりにココを開いたら、mamamichanさんのコメントがあったので
読みました。私も去年の10月に2歳になったばかりの娘を小児癌で
亡くしました。やっと半年が過ぎました。
本当にお互い辛い思いをしましたね。半年が何年、何十年にも
思えるほど長く感じました。

mamamichanさんはこれ以上、医療が発達して欲しくない。ってとても
正直な気持ちを書いてますね。でも、どうでしょうか。
私達と同じ苦しみをこれからもする人達が増えるって思うと、
どうですか?
もう、こんな悲しい思いを誰にもして欲しくないって思いませんか?
人間でなくなってしまいそうになる程の悲しみですもの。
今息を吸ってるだけでも自分を褒めてあげたいぐらいですもの。
そんな風に考える気持ちは痛いほど解ります。でもね、そんな風に
お母さんが思ってると、息子さんはとても辛いと思いますよ。

少しずつでも良いから大きな心になって、息子さんの自慢のお母さんの
心に戻ってくれると良いなと思います。

ごめんなさい。責めてる訳じゃないんです。ふと、息子さんが悲しむ
んじゃないかな?って思ってしまったものですから・・・。

私もある人に言われて、娘に恥じないように生きて行くのが、これからの
私の人生だと思ったんです。
悲しいけれど、少しでも笑う日が多くなるように、頑張って生きて
行きましょう。

上手く言えずに申し訳ありません。

ダイアナ (2010-4-14 16:33 )

いつも・・・
子供に恥じないように生きていこうという気持ちはあるんです
 ただ 私もなぜ自分の愛しい息子がこんなに辛い思いをして死なないといけなかったのだと どうしようもない怒りがあります 病気がにくい・・ 皆何不自由なく 学校生活を楽しんでいる
友達がどうしようもなく羨ましかった。
息子の抱えている苦しみなんて
どんなに悔しい思いをしているかなんて 知る由もない・・

でも こんな病気にならなければ わかるはずない

正直言うと私も似たような気持ちを思う事あります・・
 皆 同じような苦しみを味わってみたらいいって・・
息子はみんなに全てのことは奇跡なんだ 瞬き一つすることも奇跡なんだって 平凡こそ奇跡なんだと教えてくれたね・・て
 本当はきれいごと・・

本音はそんな事教えなくていいから元気で生きていて欲しかった。選ばれた人間になんてならなくてよかった

そんな風に 思う事ありますよ 

でも 気持ちはいつも揺れ動くんです
いいんじゃないかな・・・

ついこの間まで普通に学校に通っていた子供が 突然全ての機能を奪われていったんです
どんなに辛い思いをしていたかと思うと今でもとても胸がぎゅうぎゅう苦しいです 普通の家庭の人がねたましく、疎ましく思う事もあります。

そう気持ちが 螺旋階段のように いいったりきたりして
いくんじゃないのかな 

ままママ (2010-4-15 10:34 )
ダイアナ様

そうですね。そんな風に思う時もありますね。
私はそんな風にいつまでも自分を娘の死のせいで、悲しいから
辛いから・・・って甘やかしてちゃ、いつまで経っても、娘は
安心出来ないんじゃないかな?って思うから、普通の心を持って
いたいと思うんです。

普通の家庭の人がねたましく、疎ましく・・・
これは思った事がありません。
だって・・・周りは皆、娘が亡くなった事を悲しんでくれたし
娘が亡くなった事を笑ってる人なんて1人もいません。
普通の家庭が羨ましいとは、思った事はありますけど・・・
ねたましく、疎ましく思うのは悲し過ぎませんか?

思ってしまうものは仕方がないのかも知れないけれど、普通の
家庭の人達が、ダイアナさんに傷付ける事をしたのですか?

皆、それなりに、悩みを抱えて、一生懸命子育てして、それなりに
嫌な事も乗り越えて生きてるのだと思いますよ。
自分だけが・・・自分だけが・・・って思うよりも、少しずつでも
他人の心に寄り添って生きて行く方が楽になれる気がします。

生意気言ってすいません。

娘が亡くなって、このサイトに出会った時、毎日、同じ気持ちの人が
いるんだ!私も頑張ろう!って私だけじゃないんだ!ってすがる
思いで、泣きながら見ていました。
だからこそ、このサイトで、恨みつらみ、悲しみ憎しみ・・・等を
読むのがとても辛いんです。

いい子ぶってる・・・のかも知れないです。
でも、娘に恥じないように、いい子ぶって内に、いい子になりたい
って思ってるかも知れないです。

上手く言葉が見つからず申し訳ないです。

怜ママ (2011-3-17 22:58 )
先月2月19日に生後2ヶ月の娘 怜を亡くしました。 私は高齢でしたが順調に育ってくれ性別がわかる5ヶ月の検診の時に右の心臓が大きく見える…と言われ大学病院を紹介されて行ってみたら 2万人に一人の確率でなる心臓病と言われてしまい 産まれてこれる確率を言われた後、医師からは産まれてから何度も手術をしなければならない事などから堕胎も勧められましたが、どうしても産みたかったので妊娠中は胎動を気にしながら悲しい気持ちを抑えて出産まで頑張りました。そして何とか怜も頑張ってくれて産声をあげてくれました。生後2日目の大手術にも耐えてくれ術後の痛々しい姿の娘を見た時には涙が止まりませんでした…でも手術は成功し、ICUから出れると信じていたのに…結果心臓は順調にいってたのに…次にリンパの病気がわかり、リンパの病気だけは今の医療技術でもどうしようもない事を医師に告げられ、奇跡でもおこらない限りは無理だと言われてしまい なんで?私が何をしたの?心臓病だけでも辛いのに何で この子ばかりがひどい目にあわないといけないの?と神様を恨みました…。 奇跡を信じましたが願いは届かず怜は天使になってしまいました。母親としてそんな体に産んでしまった事、おっぱいすらあげれず…産まれて一度もお風呂にも入れてあげれず…オムツ替えも看護婦さんに手伝ってもらって2回替えてあげれたくらい…何も母親らしき事してあげれませんでした。怜が最期に私の人差し指を弱々しくも握ってくれたのが病院の窓から見えた夕暮れの時間でした…。 それからアッと言う間に怜は逝ってしまいました。 怜は私に何かを伝えたかったのか?私にどうして欲しかったか?私の顔は見えていたか…など毎日考えては夕暮れになると涙が出てしまいます。 本当に辛くて…この悲しみは怖いくらいの悲しみ。 何をしても楽しく無く怜に会いたい気持ち抱っこしたい気持ちでいっぱいです。 泣いてばかりいたら怜も悲しむと思い我慢するのですが、街で赤ちゃんを見ると胸が苦しくて苦しくて…外に出るのも嫌になります。 今の私は不幸せです。怜は?たった2ヶ月、闘病生活だけで幸せだったのでしょうか…?産まれなければ幸せだったのか?と悩んでしまいます。
そらママ (2011-3-29 23:10 )
生後3か月になる長男は長い長い不妊治療の末43歳でやっと授かった子供でした。
でも出産時のトラブル(胎盤剥離)で植物人間になってしまいました。
私も生まれてきた意味がわからず毎日苦しみ抜いています。なんとか自分を納得させよう必死ですが答えは出ません。。。

カテゴリー: 分かち合い

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ