なんだか何もする気がしません

なんだか何もする気がしません

ゲスト・ワン (2012-8-22 16:12 )
なんだか何もする気がしません。ぐた~っと床に貼り付いたまま動く気力なくて仕事休んでしまった…暑いけど風は心地よいです。でもその中で元気に遊んでたあの子はいない…どうしていないのかな?理解できなくてもがくばかりです。生きていくのが怖いな…
kana (2012-8-23 10:04 )
こんにちは。娘が亡くなっていろいろやらないといけない事が次から次にあり主人と最後に娘にしてやれる事と思い何とか頑張ってやってきました。でも、初盆の準備もお盆の間も寂しく、今は私も同じ様な状態です。このような状態が死ぬまで続くのかと思うとやりけれません。悲しみすぎるのも娘の為に良くないとか…でも、考えずにはおれず、考えると無くばかりです。どうにもならない思いですね。本当は頑張ってと言わないといけないのでしょうが、気持ちがわかりすぎてそんなこと言えません。以前のように娘と一緒いたいという気持ちでいっぱいです。生きていくのつらいですね。
ゲスト・ワン (2012-8-23 13:54 )
kanaさんはじめまして お返事ありがとうございます。娘さんも初盆だったんですね。やりきれない、しんどい時間でしたよね。全ての事が私の頭の上で執り行われていてなんの実感もありません。私の子供は昨年の暮れにウィルスに感染しあっという間に煙に巻かれるように逝ってしまいました中2でした。 このサイトで随分前の書き込みで「天使ママは生きていると言うだけで前向きなんですよ」というのがありました。それだけでいいというのなら、今出せるだけの気力振り絞ってみようかなと思います。kana さんも悲しいのガマンしないでね。一緒になきましょうね。怖いし辛いけど生きなきゃいけないみたいだから。
kana (2012-8-24 14:36 )
ワンさんこんにちは。書き込みありがとうございます。お辛いのに私まで励ましてもらってしまって…。そうですね、辛いしやりきれないですが生きていくしかないんですね。自分のやるべき事をしてもう一度時期が来たら娘に会える事を信じて日々をすごしていくしかないんですね。辛いときこちらのサイトを見て自分だけじゃなく皆さん頑張ってられるんだと思い毎日を過ごしていこうと思います。でも、どうしてもどうにもならない時があるんですね。時間が立てば少しずつこのどうにもならない死んでしまいたいような時間の過ごし方がわかってくるのでしょうか。このようなどうにもならない時間につぶされてしまう事なんて娘が喜ばないのもわかっているのですが…。私の娘は中3になったばかりでした。どこに行くのも一緒で、今は時間があまってあまって仕方ないです。
娘やあちらに行ってしまった子供たちが喜んでくれるような事を考えないといけないですね。またこちらにお邪魔すると思いますがよろしくお願いします。ありがとう。
ゲスト・ワン (2012-8-25 17:24 )
Kanaさんこんにちは。仲の良かったお嬢さんに逝かれてしまって本当にお寂しい事ですね中3という正に人生これから、とたのしみな年齢だけに尚悔しいというか腹がたつような感情を覚えます。元気だったら今頃は受験生の夏休みでオープンキャンパスなんかに行って楽しく(?)受験校選びしてたのかなあ?もっとも我が子はおバカちゃんでしたから、選ぶというより入れてもらえそうな学校探してたなきっと。kanaさんも思うことたくさんおありでしょう?ここで一杯一杯お話ししましょうね。ここでなら、いくらでも天使になった子供の話してもいいし、弱気な事言っても変な慰められ方しないから安心ですものね
kana (2012-9-4 10:43 )
こんにちは。娘が亡くなって四回目の月命日を迎えました。もう、4ヶ月も声を聞くことも無く、手を触ることも無いんだなぁとつくづく寂しく思います。こちらでも一度書かせて頂きましたが脳内出血で倒れ5日後に亡くなってしまいました。突然すぎて葬儀の後も信じられなくて悪い夢のようでした。もちろん今でも悪い夢のように思い、もう娘が居ない事を受け入れないといけないのでしょうがまだ信じられない気もします。2学期が始まりましたね、普通だったらお弁当を作って忙しくしているはずなのですが生活のリズムも変わってしまいました。何をする気も無く、中途半端な感じです。友人達にもいつまでもこんな気分でいると娘が心配するから頑張ろうと励ましてくれます。頭の中では娘の為に前向きに…と考えますが寂しい気持ちに負けてしまっております。あと何十年この生活なのかと思うと気が遠くなる時があります。数年経てば寂しさの感じも変わってくるのでしょうか…。本も色々読みました。どの本にも亡くなった子供の為にも前向きに…というような内容です。読むと理解は出来るのですが、気持ちが長続きせず、娘を思い出しては泣いてしまいます。
ゲスト・ワン (2012-9-4 18:06 )
Kanaさん、こんにちは。Kanaさんのお気持ち本当にわかります。
夢であってほしいし、巻き戻せるなら時間を戻したい。
そんな事が出来るわけないのに、真剣に願ってしまう。
もし、童話のように3つの願いを叶えてくれる妖精がいたら、
3つもいらない、ひとつだけ、叶えて!!とお願いするでしょう。
だけどわかってる、現実にはそんなこと、おこりっこないって。

寂しい気持ちに負けてしまう…当然です。かわいいわが子に会えなくなって
寂しくなかったら、変です。
娘さんが心配する?心配させてやりましょうよ<`~´>
泣いて、悪い?と開き直りましょう。
「娘~!母は寂しいよ~泣くよ~」とお空に向かって話しかけましょう。

人の言う事なんか気にしないで。この気持ち本当にはわかる訳ないのだから。
逆に、子供を亡くして、ケロッとしてたら
「あの人、立ち直るの早いわね」とか言われるんですよ。

傷は深い。どこまでも深い。決して治ることはない。
治そうなんて、考えなくてもいい。傷を抱えて生きていく。
前向きに、なんて無理に考えないで。生きてるだけで充分前向き。
そう思いましょう?でなかったら、辛すぎる。酷過ぎる。
泣く、泣く、泣く、いっぱい泣く。なかなか、止まらない時もある。
頭が痛くなって、疲れるまで泣く。それしかできなんだよね。

kana (2012-9-6 19:50 )
こんばんは。お話しできて本当にほっとしました。
どうしても悲しい時は泣いてしまってもいいですよね。
どんどん時間が進む中、私だけ取り残されているような気分になったり、友人の前では出来るだけ普通に戻っているようにしていますが、その後が辛くなってしまったりで。
今は生きてるだけで十分前向きなんですね。そうですね…。
がんばろうとすると辛いですね。
乗り越えられる日がいつ来るかわかりませんが毎日を過ごしていかないといけないですね。
今回もありがとうございました。少し楽になりました。またお話しできるのを楽しみにしています。
ryoumama (2012-9-9 12:00 )
私の息子は4歳でインフルエンザ脳症で亡くなりました。以前より小児ぜんそくを既往に持っており、喘息と肺炎で入院しその日の夜突然心停止しました。心臓マッサージと電気ショックを行い、心臓が一度動き出し、icuへ移動する準備をするから廊下で待つよう言われ、どうぞと言われ、やっとそばに行くと、一度心臓が動き出したがすぐに止まってしまい、もう何もすることがないといわれました。蘇生中にインフルエンザの検査をしたらA型プラスだったので、インフルエンザ脳症でしょう。詳しいことを調べるためには、解剖しかありません。どうしますか?と言われしなくていいです。と答えました。インフルエンザでプラスに出なかったら違う診断がついてたわけです。私は入院中に病院側が行っていたことに疑問を持っています。突然大声で叫びだしたり、歌を歌いだしたり、意味不明なことを言い出したり、明らかに普通ではありませんでした。後になってわかったことですが、おかしな言動があったと、看護師より報告があったのに、医師は大丈夫だと思い込み病室に訪れることもしなかった。後から考えればほかの処置方法がたくさんあった。と言われました。私は、悲しみにプラスして、どこにもぶつけようのない、怒りを抱えています。
西野屋 (2012-9-9 23:55 )
初めまして。私も娘を昨年の7月に劇症型心筋炎で亡くした母親です。kana
さんのメールを読んでいると私と同じ気持ちの方がいると思いメールさせて
いただきました。娘は22歳でした。なかなか他人に気持ちを理解してもらう
のが難しいので日々他愛もない会話でも傷ついて悲観的に過ごしているのが
現状です。また連絡させていただきます。
kana (2012-9-12 15:06 )
こんにちは。百か日が終わり、初盆も終わり自分の心の中でも少し落ち着かせないといけないとか、泣くのは百か日までにしないと娘が良い所へ行けないよって言われた事もありあきらめなければって思っていました。でも、頭では理解できても感情はそんな風には行かず辛い毎日です。でもこちらで皆さんのお話を読ませて頂いてゆっくりでいいし、泣きたい時は泣けばいいって…そう言って頂けて本当に楽になりました。毎晩、眠れなくて涙が出てきて泣いて疲れて寝てしまう…。娘がこの世にいた年数は辛いって言う方もいらっしゃいました。きっと何年も長くかかるって事なのでしょうね。
友人達は引きこもってしまわないかと週に何度も近くでお茶をしようと声をかけてくれます。正直断ってしまおうかと思う日もありますが、会うと1人で無い時間を過ごせるので楽なときもあります。娘の通っていた学校の話が出るとその時はまるで娘が生きて一緒にいるように錯覚さえしてしまいます。でも自宅に戻り1人になるとやっぱり悲しい…。
こちらでの役目を終えて私があちらに行ったらきっと娘に会えると信じて何とか毎日を過ごしていけたらって思っています。また、お邪魔すると思いますが宜しくお願いします。
西野屋 (2012-9-18 21:58 )
お返事が遅くなってすみません。百か日を過ぎても涙がと言う事でしたが
私は1年以上経ってもふとした事,例えば茶碗を洗っている時、運転して
いる時、寝る前など娘を思い出して泣いてしまいます。気がつくと娘に
話かけているように独り言を言ってたりします。本当に辛いですよね。
私の娘は学生時代ずっとスポーツをやっていて倒れる前日まで本当に元気
でした。娘は医者も驚く程頑張ってくれましたが、最期まで意識が戻る事
なく天使になりました。娘といった所、会話、笑顔、声全て記憶の中に
あります。この一年一つ一つ思い出して泣いたり、笑ったり、ゆっくり
ゆっくり自分の気持ちをやりくりして何とか生きてきました。
いつまでもメソメソしたら駄目だと良く人に言われますが、私は我慢しな
くて良いと思います。娘はきっとママをわかってくれてるはずだから。
またお話にお邪魔させて下さい。よろしくお願いします。

カテゴリー: 分かち合い

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ