頭では理解していても、心は理解できない

頭では理解していても、心は理解できない

アップルティー (2016-1-21 16:11 )
こんにちは。

毎日何もできないでいます。
やりたいことも欲しいものも何の興味もなくなってしまいました。
空っぽです。
息子がいなくなってしまってから、私にとってこの世は無機質な世界になりました。

逢いたい
声が聞きたい

頭では理解していても
心は理解できないのです
何で?どうして?

誰にもどうすることもできない…
誰も助けてくれない…
苦しいです

ゲスト (2016-1-27 3:00 )
アップルティーさん、はじめまして。3年前に一人息子を亡くした者です。

1月は本当にきついですね。新しい年に皆が胸をふくらますけど、私にとっては息子のいた年月がまた一歩、過去ものとして、現実から遠ざかるようで・・。息子と自分だけが取り残されるような感覚で、とてもキツイです。本当はおめでとうなんて言いたくもないのに。

アップルティーさんのお子様は20歳になりたてだったとのこと・・なおさら成人式のある1月はお辛かったことと思います。私もその日が来るのが今から怖いです。

私の息子は13歳になる直前に昏睡状態になり旅立ちました。声変わりが始まる直前で・・声変わりしてたらどんな声だったのかな。どんな青年になっていたのかな・・。考え出すとキリがなく、辛いです。
甘えん坊で、よく手をつないで歩きました。顔を見たいし、もう一度ハグしたい。会いたい、声を聴きたい・・。

一人っ子なので自分は無理して生きる意味がなく、起き上がる気力もなく、何をするのも辛くて・・寂しくてたまらず、何度も死を考えました。だけど、自殺したら天国の息子の所には行けないから・・

だから私は息子がしょっちゅうお空から戻って傍に来てくれてると思い込んでいます。(実際に不思議なことは幾つもありました。妄想と言われたらそれまでですが。)

人は死ぬと身体は滅びるけど魂は生き続けるのですって。
被災地でも、今も沢山の不思議な現象があると、先日、新聞記事で読みました。家に帰ろうとタクシーに乗って来る若者たちが途中でいなくなってしまうことが何度もあるとか・・他にも色々あるそうです。

昔だったら、そんな話は避けたり全く信じなかったけど、今では逆に嬉しくて。死んだら終わりじゃないって立証されるようで。

こんなことは気休めかもしれないし、人によっては怖いかもしれず、嫌なお気持ちにさせてたらすみません。

でもね、特に亡くなった子供たちは大好きだった人たち、特にお母さんには絶対に会いたいはず。心配もしてくれてると思います。

もし傍にいなのだとしても、私は息子のことが今でも大好き。離れてたとしても、ずっとずっと大好きだって、助けられなくてごめんね、お母さん、怠けてばかりでダメダメでごめんねって、しょっちゅう口に出してます。

一日も早く本当に会わせて下さい、抱きしめさせて下さいって神様にもお願いしてます。

その為に出来るだけ頑張る・・息子にできない分、他の人たちに優しくしますからって・・。生きてて可哀想な子供も沢山いるから、そういう子達の助けをしますからって。

ほんとは全然できてないんですけど・・家事すら怠けてばかりで家の中もグチャグチャですけど。

早くお迎えが来ること・・本当に息子に会える日だけを楽しみにしています。そのために苦しい今日を一日越え、少しでも何かできたら息子も喜び安心してくれるかなって。

何もできなくてもご自分を責めないで下さいね。(私も同じです。)本当に会える日は必ずやってきます。辛くてしんどいですけど、何とかやり過ごして行きましょうね。

アップルティー (2016-1-28 0:19 )
ゲストさん、こんばんは。

私の気持ちに寄り添っていただき、ありがとうございます。

ゲストさんの仰る通り、息子が生きていた日々がどんどん遠ざかっていく毎日を生きていくことが本当に辛いです。
今日28日は息子の8回目の月命日です。
私はあと何回息子の月命日を数えなければいけないのでしょう。
私も毎日息子に早く迎えに来てね…とお願いしています。

ゲストさんの息子さんは13歳になる直前だったのですね…。
息子たちの将来を色々想像してしまいますよね。
私も考え出すと涙がとまらなくなります。

ゲストさん…3年もこんな耐え難い苦しみと寂しさと毎日闘って生きてこられたのですね。
どれだけの涙を流されたことでしょう。
胸が苦しくなります。

これから先…
何年経っても、何年待っても息子は還って来ない
もうこの世で息子と暮らすことはもちろん会うこともできない

テレビをみて笑うこと
美味しいものを食べること
今を…未来を生きること
息子がしたかったことを
何で私がしているのだろう
こんなことあってはならないことだったのに

ゲストさん…1日1日が辛いですね
ただやり過ごすだけの毎日…
諦めの人生です

かーりー (2016-2-1 13:25 )
ゲストさんが私と重なるところが多くてレスさせていただくことにしました。
神様を恨むくらい悲しいですね。

5年半ほど前に亡くなった私の息子も13歳になる前の月に逝ってしまいました。
一人っ子で甘えん坊でよく手をつないだ…同じです。
二度目の入院の時寝る直前に少しだけ息子の方のベッドで添い寝をしたのですが、やはり狭くて自分のところへ戻る時「行くな!」って言った声が今でも耳を過ぎります。

こんなにいつまでも辛いのは当たり前だけど、私は離婚して親元に出戻って育てていたので、両親と自分の温度差にため息が出るばかりです。
今日も2年前に私が通ってた自動車学校から息子宛の入学案内が届いたと父が言っていたんですが、そんなのいちいち言うなよと思いました。
私が一切息子の話をしないことをどう思ってるんだろうと。
デリカシーが無くて時々うんざりします。

愚痴になってしまってごめんなさい。
家族でもこんなに違うんだなと思ってしまうんです。
私の気持ちがほんとうの意味でわかるのはここにいる我が子を亡くされた方々だけです。

共有させてくださいね。

ゲスト (2016-2-2 22:37 )
ゲストさん

ゲストさんの気持ち、わかります。
私も娘を亡くしてから不思議な事が幾つかありました。
本当に妄想だったとか、偶然とか言われるとそれまでですが、私にはとても意味のある事で、不思議な事のお陰で今起き上がって生きてられると思います。

子供を亡くしてから、私もただただ息をして過ごしてるだけにすぎません。
彼女の分も生きなきゃいけない、死を無駄にしちゃいけないとかまだ思えません。
ただただ、娘に会いたい、抱きしめたい、それだけ思って過ごしています。

アップルティー (2016-2-17 23:23 )
そっか…息子はいないんだ…
目が覚めると毎朝思うこと。
そんな朝を何日過ごしてきたんだろう
絶望の朝…
そうやって私の1日がスタートします。
朝、目が覚める度
今日もママ生きてる…ごめんね…て。

明日もまた朝が来るんだね

マサコ (2016-2-22 6:03 )
深く考えないように考えないようにって思いながら毎日を過ごし、娘がいつも抱いていたスティッチのぬいぐるみを娘の椅子にのせてお菓子や食事をあげていつもいつも話しかけて一緒にテレビを観ています。

今でも娘中心の生活です。

泣き叫びたくなるのを必死でこらえながら泣いています。
怖いから、またそうなったら本当に心が壊れそうで怖いから。

アップルティーさんと同じです。
娘の声はどんなだったかな
思い出せなくなる前に
私も、早く迎えに来てほしいです。

早く早く…。

いつになったら逢えるのかな…。

かあちゃん (2016-2-22 10:13 )
私も
息子に話しかけてます。
私も、息子の声 思い出せなくなる前に逝きたいです。
朝目覚めるのが恐いですね。

必ず会えるのです。

カテゴリー: 分かち合い

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ