心が麻痺してしまっているのでしょうか

心が麻痺してしまっているのでしょうか

pochi (2009-6-3 12:43 )
先天性心疾患で息子が亡くなってからもうすぐ2ヶ月。
四十九日も終わり、実家に預けていた愛犬も戻り
すっかりもとの生活に戻ったかのようです。

息子は生まれてたったの3ヶ月弱で天使になってしまい、
しかもうちで一緒にすごしていないので本当に自分に赤ちゃんがいたのだろうかと思うことがあります。

妊娠判明、順調すぎるくらいの妊婦生活、
難産で生まれて、病気が判明、手術、そして別れ・・・
この1年くらい自分に起こったことはすべて夢のような感覚です。

亡くなったときはあまりにも悲しくて
自分はもう一生笑うことは無いだろうと思っていました。
でも今はテレビを見て笑っている自分がいます。
お腹もすくし、友人と普通に会話して旦那と今度建てる家の話に花を咲かせ・・・何事も無かったかのように。

でもすぐそこに息子の遺影やお骨があります。
そして自分の体に残る息子を産んだ証。
「ああやっぱり現実なんだ・・・」と落ち込みます。
忘れてしまったように振舞っている自分に腹が立つこともあります。
息子に申し訳ないと自分を責めたり・・・

母はあまりに悲しすぎて心が壊れないように無意識に麻痺させているんだ、と言いますが、
私は息子が死んだと言う事実を受け入れられないのだと感じています。
だから生まれてきたことさえも現実感が無いのです。
麻痺してしまっていると言うのは正しいかもしれません。
でもいつか爆発して心が崩壊してしまうのではないか怖いです。

長いつぶやきになってしまいましたが
呼んでくださった方ありがとうございます。

ひよママ (2009-6-3 13:23 )
こんにちは 
以前の投稿にもメッセージをおくらせてもらいました、ひよママです。

うちの娘も先天性の心疾患で、生後3ヶ月の1日前に天使になりました。

わたしも同じです。
うちの娘は3週間、家で普通に生活しましたが、
それでも、本当にあの子は産まれたのか?
と思ってしまうことがあります。
仏壇に手を合わせることも、毎日の日課のようにこなしている感じです。

すっかり娘が生まれる前の生活です。
友達とでかけたり、テレビ見て笑ったり、ほんと、何事もなかったようにすごしています。
薄情な母親だと落ち込むこともあります。

ごめんなさい、何のなぐさめにもならないですね。
でもわたしも同じだって言いたくて・・

pochi (2009-6-3 19:30 )
ひよママさん、ありがとうございます。
自分は冷たい母親なのかなって思うときありますよね。
私はもう次の子が欲しいと考えてたりして自分はなんて勝手なんだろうって。
なんか何事も無かったかのような日々になっていくのが怖いんです。
あの子の思い出もなんだか現実味が無くて、
まるであの子の存在が自分の中から消えてしまうような感覚です。
ずっとずっとあの子の思い出と共に生きたいのに・・・

気持ち分かっていただけて嬉しいです。
私だけじゃないんですね。

ひよママ (2009-6-4 15:05 )
わたしも次の子がほしいって思っています。

娘が亡くなってすぐの時はもう一度産まれかわってくれるんじゃないかと思っていましたが、娘は娘、次に産まれてきてくれる子は娘の弟か妹です。

きのう、テレビで赤ちゃんの手術をみました。
そしたら、娘が頑張っていたことを、たくさんたくさん思い出しました。病院でたくさんの管をつけられて頑張っていた姿がリアルにうかんできました。
現実味はないけれど、わたしたちの赤ちゃんはたしかに産まれて、一生懸命生きていました。

ずっとずっと思い出と共に生きていけますよ。
何事もなかったかのような日々になっても、あの子のこと、完全に忘れてしまうなんて、できないじゃないですか。

ピカピカ (2009-6-24 12:04 )
娘をなくして1年3ヶ月経ちました。
病気をもっているとわかったのが妊娠7ヶ月、産まれてこれるかわからないとも言われましたが、なんとかかわいい顔を見せてくれ、闘病生活が始まりました。
呼吸器をつけ眠ったまま8ヶ月。初めて家に帰ってこれたのは天使になった日でした。

私も娘と家で暮らすことができなかったから、娘と過ごした時間を夢のことみたいだと感じることがありました。
私本当にお母さんだったのかなって。
そしてそんな風に感じてしまう自分にすごく落ち込みました。

でも今は大丈夫。
私も娘をなくしてから新しい家に引っ越しましたが、娘のスペースも家のあちこちに作り、たくさん語りかけて一緒に暮らしています。
触れられないからって消えてしまうものではないです。
時間が経つにつれ、自分の中で娘の存在がどんどん大きくなってると感じてます。娘の存在に依存してると感じるくらい。
今の自分が笑っていられるのも娘のおかげだと思っています。
お空の上から今度は私を助けてくれてるんだって。
大丈夫、これからもずっと息子さんと一緒ですよ。

pochi (2009-6-25 12:20 )
ピカピカさん、ありがとうございます。
私もなるべく息子に話しかけるようにしています。
おはよう、おやすみ、ただいまとか。
息子がいたということを再確認するような感じですが・・・。
今も最期のシーンを思い出すとやっぱり涙が出てきて、
それがあの子が私の心に刻みつけた「生きた証」なんだと思っています。
だってあの子が生まれてなければ別れの悲しみもなかったわけですから。

そういえばお葬式のときにお坊さんが
「月日が経てば悲しみは和らぐものだけど、想いは強くなるんですよ」
とおっしゃっていました。
きっとこれからどんどん存在が大きくなっていくんでしょうね。
「心の中で生きている」っていうのはそういうことなのかな。

健太のママ (2011-6-6 23:57 )

私は息子がなくなって明日初七日です。
私の息子健太はわずか18日で天使になりました。

上の子が肺炎になりなかなかNICUに居る時間も少なかったから
ママと過ごす時間も合計しても何日?と思うぐらいわずかな時間でした…

まだまだ後悔
自分が悪いのに自分だけ元気でなぜあの子が辛い思いをさんざんして
亡くなったのかって思いながら死にたいって思いながら
でも私が死んだら娘は?って思うと
健太の分まで愛情注がなきゃとか思いながら
今はひどい母親だけどご飯も食べ娘と遊び食事を作り毎食お供えし睡眠も取り
まだまだ突然泣くこともあるけどほぼ普通の生活してます…

ただお腹がたまに痛くなり健太の魂がまたお腹に入りたがってるのか?
と思ったりするけど今はまだ子供を作りたいとは思えない
いつか何年かしたらとかは思うけど…

毎日夜はお骨を抱きしめ子守唄を歌いベビーベットに寝かせて
寝室で家族で寝てます

義母に健太は胸にしまって表に出すな出すと上の子が可哀想だ
と言われて何故?と邪険にされた気持ちで少し傷付きました…
あまり執着してたらいつまでも天に昇れないでさ迷っちゃうよ
と言われました

でもまだ明日初七日でそんなにすぐしまえるのか考えてしまいます
でも普通に上の子と笑いテレビや回りの人がおかしいことをすると
笑う自分もいて頭のなかに最後の力を振り絞ってるときに
見せてくれた健太の笑顔が浮かび誰も信じないかもしれないけど
旦那の携帯を使い私に電話を掛けてきてくれました

何も話してくれなかったけど香典返しを買いに留守にしたので
寂しかったのかと思いながら
電話で健太の為に来てくれたかたにお礼しなきゃいけないから
待っててねと伝え電話を切りました…

四十九日にお坊さんに唱えてもらおうと思ってますが
やはり火葬時に唱えてもらわなかったので天に上れないのでしょうか?
昇らず私の元で新たな命をもらうのを待ってるのでしょうか?
こんな亡くしてすぐ普通に生活する親にまた戻りたいと
思ってくれてるのか疑問です…

あなたがひどい母親なら私はひどすぎる極悪母親ですよ…
長文ごめんなさい。

カテゴリー: 分かち合い

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ