娘はなぜ骨肉腫になったのか。原因は?

娘はなぜ骨肉腫になったのか。原因は?

彩菜大好き (2016-5-20 0:52 )
こんばんは。久しぶりに投稿します。おかげさまで先日娘の四十九日の法要も無事終わりました。
少し落ち着いて昔の娘の元気な頃の写真や動画を整理していると万感迫る思いがありますね。
本当に娘はなぜ骨肉腫になったのか。
くだらない質問ですみませんが、妻より原因として
1,夫である私の家系が呪われているのでないか。(私も含めて、夫である私の家系は皆、性格がきつく、親戚も仲たがいし、絶縁している親戚もいる、このことは妻もよく知っています)。
2,人工授精で出来た子だからか。
このように妻は思い悩んでいますが、皆様は家族関係などはいかがでしょうか。
くだらない質問ですみませんが、御教示いただけると幸いです。
正直妻にここまで言われると自分自身悩んでしまい、検証する必要があると思い提示しました。
ご協力お願い申し上げます。
ももすけ (2016-5-20 14:11 )
こんにちは。

家系が呪われている・・・その考えは危険だと思います。
奥様は我が子を失い、苦しすぎて、誰かのせいにしたい何かのせいにしたいという状況なんだと思います。

娘さんは、強く優しい娘さんではなかったですか?
天使のようなお子さんではなかったですか?
そんな子に悪いものがよってきますか?

ご先祖様は今、娘さんの事を大切に預かってくれていると思いますよ。

夫婦の間でどちらかの家系のせいにしたり、責めたり、傷ついたりしていたら、娘さんがかわいそうです。

このお父さんとお母さんなら、安心して人生を全うできると、こんなにたくさんの親の中から娘さんに選んでもらったんですよ。

人工授精でも元気に育つ子、どんなに食べ物や環境に気を配っても病気になる子・・・。理由なんてわかりません。

生きている間、なぜ?どうして?といくら考えても正解はわからないと思います。

亡くなった意味よりも、生まれてきた意味を探してあげると気持ちが少し楽になるかもしれません。

みっちゃん (2016-5-20 14:49 )
彩菜大好きさま
こんにちは。
四十九日法要無事終えられたのですね?
お疲れさまでした。
亡くなられた魂は、四十九日まで、あの世とこの世を行ったり来たりして修行を重ねていると僧侶から聞きました。
これからは、痛みや苦しみの無い天国で私達残された者を見守ってくれているのですから、私達も子供達に逢える日まで、ご供養して安心してとお願いしなくてはいけませんね。
先祖の因縁とか、人口受精だったからとか、それはお嬢様の病気発症の原因ではないと思います。
そのように、何かのせいにするお気持ちもわかりますが、そうだったとしても何の解決にもならないし、余計に悲しくなりませんか?
だって、訂正出来る事でもないし、やり直す事も出来ないし、子供達は戻って来ません。
それよりも彩菜大好き様、医学の発達した昨今も、原因不明の病気を発症し命を落としている子供たちが沢山います。
何故、自分の大事な子供たちがこんな病に罹らなくちゃならないのかいけないのかと悲しんでいる親が沢山います。
その病気の原因を突き止めて、最善の治療法を究明していくのがお医者様はじめ医療に携わっている方ではないでしょうか。
どうか、お願いします。
この悲しみが、一日でも早く少なくなるよう、一日でも早く良い治療法がみつかるよう、助けてください。
彩菜大好き (2016-5-20 21:47 )
彩菜大好きです。
皆様ありがとうございます。
こんな私にご連絡下さりありがとうございます。
もう一度、頑張ります。
いつも弱音ばかりですみません。
何とかします。
彩菜大好き (2016-5-20 21:54 )
ご連絡ありがとうございます。
微力ながら、少しでも日本の医学が進歩するようつとめます。
それが私の生かされている理由だと思います。
みっちゃんさんの思い確かに受け取りました。
仲間と共に、医学の発展に尽くすことをここに約束いたします。
安心して下さい。
みっちゃん (2016-5-20 22:25 )
こんばんは。
彩菜大好きさま
ご連絡有り難うございます。
私達の思いを受け止めて下さり有り難うございます。
そして、必ず前進される事を願っています。
子供達は、まだまだやりたかった事や、夢があったであろうと思います。
それぞれの家族と、思い出をもっと作りたかっただろうし、遊んだり色んな事に挑戦したかったでしょう。
それなのに、辛い治療して天国へ旅立たなければならなかった。遺された私達も身の削られるような深い心の傷を負いました。
大事な方を亡くす、それぞれの哀しみがありますが、子供を親より先に旅立たさなければならない…これ程の深い哀しみはありません。どんなに泣いたって、月日が経ったって哀しみが消える事は決してないです。

これからの医学の進歩に期待します。
どうか、宜しくお願い致します。
有り難うございました。

カテゴリー: 分かち合い

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ