子どもを亡くした経験談の本がたくさんあるのに

子どもを亡くした経験談の本がたくさんあるのに

綾鷹 (2009-5-11 23:48 )
書店には亡くなった子供達の残してくれたメッセージの本がたくさんあります。
そういった本を出版している親御さんたちはすごいエネルギーをもっているんだなぁといつも感じます。
そうやって自分の子供のことをたくさんの人に知ってもらって
いろんな繋がりがもてることってほんとにすごいことだと思います。
どうすればそんなエネルギーわいてくるんだろう?
なんにもできない私です。
めー (2009-5-13 22:10 )
綾鷹さんへ

私も出来ません。もともと、本を出版するとかそういう発想がないというか。。そういうエネルギーを持ってらっしゃる方を尊敬しますが、まねは出来ません。
うちは納骨せずに、(離れるのがイヤで一緒にいる)
かわいいお仏壇の隣でお花に囲まれています。私に出来ることは、かわいいお花を買うことぐらいです。話しかけたり、箱の上からナデナデするぐらいです。
地味ですがそれでいいと思っています。そうすることで私の気持ちが落ち着いて、優しい気持ちになれてるし、娘も喜んでいると信じています。それぞれのパパママが自分に出来ることを何か少しずつはされていると思います。冥福を祈ったり、姉妹のことを考えたり、お仏壇を掃除したり。それで良いと自分に言い聞かせています。

綾鷹 (2009-5-15 22:24 )
めーさんありがとうございます。
わたしもめーさんと一緒で納骨していません。
一人ぼっちにさせたくなという思いからお仏壇のある部屋で
寝るようになりました。
めーさんの言う通り私たちがいつも息子のことを想っていれば
それでいいんですよね。
ウルトラマンが大好きだったのでたくさんのウルトラマンや怪獣たちにかこまれてます。
いつか気持ちに余裕ができたら少しづつ息子のことを紹介していけたらなぁ・・・と思ってます。 

カテゴリー: 分かち合い

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ