子どもが亡くなったのに泣くことなく、笑って話せる…

子どもが亡くなったのに泣くことなく、笑って話せる…

ゆずたつ (2013-6-27 21:51 )
初めて投稿させて頂きます。
以前より拝見させてもらっていましたが、なかなか投稿する勇気がなく今日になりました。

5月10日に五ヶ月になろうとしていた息子を亡くしました。
お昼寝をしていて、いつもよりよく寝てるな。と思い、見に行った時には‥
一人きりで行かせてしまいました。最低な母親です。母親なんて言えないです。

息子を抱き上げた、あの瞬間、顔が忘れられません。
でも見た瞬間に息子の体にもぅ命がないという事を異常な程、冷静に感じた自分がいたのも忘れられません。
私は異常でしょうか?

お葬式が終わってから普通に過ごしている自分がいて怖いです。
息子は2人目で上に三歳の娘がいます。娘の行動に笑ったりします。
みなさん外に出れないと書いてますが、普通に買い物にも行けます。ご飯も食べます。
昨日四十九日が終わりましたが、笑って親族と話しました。
そんな自分が本当に怖くてどれだけ薄情な人間なのかと。

あの日から一度も声をあげて泣いたりもしてないです。
主人は自分の気持ちを言わない人です。言わない分、私よりもきっと辛く深いのだと思うと私の状況は言えません。
母にも変な迷惑はかけたくないし普通に接してます。
心が麻痺してるのかと思う反面、本当は簡単に息子の事を乗り越えたんじゃないかと不安になります。
本当はこれが自分の本質なのに、麻痺という名で隠そうとしているのかと思うと何て最低で汚いんだと思います。

あの日から変わったといえば、眠れなくなった。
感情にあまり起伏がなくなった。1人の友達以外とは会いたくない。
唯一夜中みんなが寝静まった後にだけ涙が溢れ息ができなくなるくらいです。
それでも押し殺せるレベルです。

こんな薄情な人間なのに、息子の話をしたいんです。息子を過去にしたくないんです。
あのぷにぶにの抱き心地、匂い、笑った顔、声を忘れたくないです。
でも淡々と過ぎる毎日でそれらの感覚が薄らいでいるのも確かで。息子の服を嗅いでも、もう息子の匂いがありません。写真でみる息子しかわからなくなりそうで怖いです。

私は薄情だから息子の全てが薄らいでるんでしょうか?
こんなに早く乗り越えてしまったんでしょうか?
そうなのかもしれないと思うと怖くて誰にも話せません。
皆様はお子様の全てを鮮明を覚えていらっしゃいますか?
もし私が心ない人間ならしっかり自覚したいです

はるとママ (2013-7-4 1:45 )
こんばんは。
はるとママといいます。

しばらく気分が落ち込んでいて、このサイトに来るのも怖かったのですが、
久しぶりに開いたところ、たまたまゆずたつさんのトピックを見て居てもたってもいられず書き込みました。なので、うまく伝わらなかったらごめんなさい。

私もまさにゆずたつさんのような状態でした。
4月に「子どもを亡くしたのに、思ったほど泣けません」というタイトルで書き込んだので、よかったら見てみてください。

私は病院で2歳の息子の死を看取りましたが、息子が息を引き取る瞬間、あの子の魂が抜けていくのがはっきり見えたようでした。悲しいけど、「ああ、逝ってしまった。この体はもう抜け殻になっちゃった」と冷静に考える自分がいました。

その後もバタバタと毎日を送りながら、買い物も、上の子のスイミングも普通にこなしていて、夜になると泣くものの、思っていたより元気な自分に違和感と怖さをかんじていました。

当時は心が麻痺しているのかなと思っていましたが、今思えば、まだ我が子の死を心が受け入れられていなかったのだと思います。頭と心は別でした。私の場合、2回めの月命日を堺に、急にあの子の不在が身にしみて来て、毎日苦しくてたまりません。

上の子を幼稚園に送り出してから、一人で家にいると、亡くなった子のことばかり考えて塞ぎこむので、お迎え時間まで毎日外で必死に時間を潰して過ごしています。

外にいる時の方が気が紛れるのですが、不意に息子の好きだったアンパンマンや「むすんでひらいて」の音楽が流れてくると、ブワっと感情が込み上げてきて帽子を深くかぶって号泣してしまいます。

一見元気そうに見えるから、仲の良かったママ友の心ない言葉に深く傷つくこともあります。
自分では大丈夫と思っていても、感情を揺さぶる地雷があちこちに潜んでいて、そのたびに深く悲しむ毎日です。

・・・ごめんなさい、自分のことが長くなってしまいましたが、
ゆずたつさんが息子さんのことをとても愛してらっしゃるのが文章から伝わってきました。
失ったものが大きすぎるからこそ、ショックで心が壊れてしまわないように、今は泣けないのかもと思いました。

泣けないのも辛いですよね・・・。私も毎日自分を責めていました。
ゆずたつさんがほんの少し前の自分と重なって、「辛いよね、怖いよね、でもどうか自分をそんなに責めないで」と願わずにはいられません。

タイミングは人それぞれなのだと思いますが、ゆずたつさんもきっと泣けるときが来ると思います。その時は、思い切り泣いちゃってください。

私も主人や両親にも心配かけたくなくて、気持ちを溜め込んでたら不眠症になってしまいました;。2ヶ月半の寝不足で体調を崩して病院に行ったら、睡眠薬と、うつの薬も出されましたが、薬で悲しいのをごまかすのも何か違う気がして、飲むのをためらっています。

なかなか理解者を見つけるのも大変ですが、ゆずたつさんもお体を壊さないように、気持ちを吐き出せる場所を見つけられるよう祈っています。

長くなってすみませんでした。

ゆずたつ (2013-7-9 23:48 )
こんばんは。はじめまして、そしてありがとうございます。
実ははるとママさんのトピック、ここに書く前に何度も読ませて頂いていました。
何度もコメントさせてもらおうかと考えましたが、私のこの気持ちとはまた違うものだと不快に感じられたらと思うと書けず今に至っていました。
コメントありがとうございます。やっぱり私は最低なんだという現実を見るのが怖く、ホームページを開くのも今日まで躊躇っていました。
はるとママさんのお返事に自然に涙が出ました。同じ者にしかわからないって本当なんですね。はるとママさんの言葉が心にじわっと沁みました。共感として返信して頂けるとは思ってなかったのですごく驚き、そして心が軽くなりました。私の気持ちを代弁してくれているかのようです。

はるとママさんの言う通り、今からなのかもしれません。
正直息子がいない実感がまだ全然ありません。
息子の写真に笑顔で話しかける自分にとても違和感があります。来週納骨を控えてますが、心は無のような状態です。
時折、とてつもない虚無感に襲われたりしますが、ただ毎日は過ぎていってしまいます。
そして淡々と過ぎていく毎日が今はとても嫌です。

はるとママさんと全く同じで、不眠になっていますが薬に頼りたくないのと、上の娘に何かあった時に起きれない自分がいたらと思うと薬だけは手を出せません。
子供が健康に育つ事が当たり前じゃないんだと体験してからは、上の娘の事が不安で常に目の届く所にいてくれないと落ち着きません。
はるとママさんの1人きりの時間、想像しただけで胸がしめつけられ息ができなくなります。はるとママさん、きっと今1番現実と闘っていらっしゃるんじゃないでしょうか?
私は上の娘が来年から幼稚園なのでまだ1人になった事もなく、本当の苦しさをまだわかっていないかもしれませんが、はるとママさん、きっと今1番苦しい時なんじゃないかと思います。
有難い長文を頂いたのに、はるとママさんに一言も言えずすみません。
私は主人にさえ話せない気持ちをここに書き、はるとママさんがそれを拾ってお話を聞いてくださいました。ただただ感謝しています。

泣ける時が来る事、来た時に思いきり泣けばいいと教えてくださいました。
人には言えても自分は我慢してしまう事、多いと思います。
はるとママさんも泣きたい時は泣いてくださいね。話したい時は話してくださいね。

はるとママ (2013-7-14 22:37 )
ゆずたつさん、こんばんは。
返事が遅くなって申し訳ありません。

前回の書き込みをしたあとで、こんな不安定な自分が誰かを励ましたいなんておこがましかったかなと反省しつつ、ここに来るのが遅れてしまいました。

でも来てよかったです。
励ますつもりが、逆に励まされました。温かい言葉をありがとうございました。

うちのあたりは今がお盆で、いつも以上に思い出す機会が多くしんどかったので、ゆずたつさんからのお返事を見て私も思わず泣きました。

ゆずたつさんは上の娘さんのこともとても大切にされていて、とても優しいですね。
私なんて、時々イラッとして、旦那さんや上の息子にもあたってしまうことがありますよ。
先日も色々な気持ちがたまりすぎて、やってしまいました。今とても反省しています。
ゆずたつさんのところよりちょっとだけ大きいお兄ちゃんなので、私のほうが甘えてしまっているのかもしれません。
旦那さんには無理でも、上の子には素直に亡くなった次男の話が出来たりして、とてもありがたい存在です。

相変わらず夜一人になると、ただひたすら「あの子に会いたい、ぎゅって抱きしめたい。どうしたら会えるんだろう」とグルグル考えて苦しい毎日ですが、優しい上の子のためにも、明日もがんばらなきゃいけないなと、今改めて思いました。

ゆずたつさん、ありがとう。
明日は上の子に優しく出来そうです(やんちゃなのでいつまで続くかわかりませんが)。

私は大人になってから、わー!って声出して上手く泣くことが出来なくなったので、こうして書くことでとても救われてます。
ゆずたつさんも、胸が苦しくなったら、どこでもいいから気持ちを吐き出してくださいね。
それではまた。

カテゴリー: 分かち合い

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ