骨のがん:中学2年の妹をなくしました

子どもを亡くした天使の親族 はじめての投稿

ちづる (2009-11-22 0:13 )
こちらのサイトを知ってからしばらく経ちますが、初めて投稿します。

二年前、当時中学二年だった妹を骨のガンでなくしました。
闘病生活は一年ちょっとです。
ガンは悪いところにできてしまい手術ができず、転移が進み最後はどうすることもできずにあっという間にお別れしてしまいました。
同じ病気の子で元気に退院していった子もいるのに、妹は元気な姿に戻ることなくいってしまいました…

妹は本当に私の支えでした。
いつもそばでふざけたり、好みが似ていたので共通の好きなことをしたり。
妹といると素の自分が出せていました。
唯一、妹の前では素の自分でいられました。
そんな自分が一番自分らしくて好きでいられてたかもしれないと、今思います。

でも、もう近くに妹はいない。
素の自分でいられる唯一の存在が、ふざけあえる存在がなくなってしまいました。
それから心から楽しいと思えることがなくなりました。
他人と関わりたくなくなり、ますます心を開くことができなくなってしまいました。
気分は沈みがち、いつもどこかに暗い影があるような感じです。
生きる気力もなくなってきました。
前までは、辛くなったときがあってもそばに妹がいて元気をもらえてたから乗り越えられました。
でももう元気をもらえない。。

今でも妹のこと受け入れられません。
嘘だと思いたい…
妹がいなくて、これからどうやって生きていけばいいかわかりません…
昔から人付き合いが苦手で友達がなかなかできない自分は、妹という存在が凄く大きかったんです

私は今年から会社に勤め始めました。
入ったばかりで、このことを話せる人は当然いません。
歳の近い子、友達もいない環境です。
前までは学生で休みが多く、心を休める時間が多くありましたが、
今は、辛くて悲しくても毎日会社に行かなきゃいけません。
学生の時に付き合ってた人たちとも今じゃほとんど会うことがないし、そもそも相談できません。
身近に同じような経験をした人はいなくて、この気持ちを分かってくれる人もいなくて、
誰とも話せず、気持ちをうまく吐き出せていませんでした。

長々と書いてしまいました。。
こちらのようなサイトはなかなか見つかりません…
自分と歳が近く、きょうだいをなくしたような方は特に見つかりません。
こちらに同じく大切な人をなくし辛い思いをされている方がいると知り安心しました。
そのような方々と悲しみを分かち合い、自分も気持ちを吐き出して楽になれたらいいなと思います。
どうかよろしくお願いします….

関西のT大学1回生 (2009-11-24 0:58 )
ちづる様

僕も同じ経験をしています。
2年前、14才の弟をガンで亡くしています。
急変だったので最期を家族の中で僕だけ
看取ることすらできませんでした。

当時は弟が亡くなったことで精神的に辛くてPTSDで
軽い鬱のようでした….。
出席日数がぎりぎりの状態になるぐらい
学校に行く事ができませんでした。
腹をくくって登校した時も仲のよかった友達から
「不登校」や、「くらい」、「まだ落ちこんでるん?」
などと言われてばっかりでした。
みんなが自分の事をわかってくれないと
思うととても辛かったです。
唯一自分の事を分かってくれていて、
頼れたのはお母さんだけでした。

なので「分かって欲しい」と無理に思わず・・・・
「経験した人にしかわからない」
と考えた方が良いと思いました。
そうしていると話しを聞いてくれる人が少しだけ発見しました。
だから高校はなんとか卒業までいけました。

僕もいまでも周りの人のノリについていけなかったり・・・
「何がおもろいんやろ」と思うことが多々あります。
他にも会話ができにくかったり、気持ちにいつも暗い部分があるように感じます。

でもそれは、それだけ弟が大事な存在でそう変わってしまうくらいとてつもなく大きなものを失った出来事だったからだと思っています。

大学からの帰り道に
「本間やったら帰ってゲームするのに」
「車の免許とったから2人で遊びに行けるのに」
「キャッチボールやりたいなー」
といつも思っています。

だから生きる気力が無くなったり
相手にうまく気持ちを吐き出せなかったりするのは
仕方ないと思います。

長くなってすいません。
また投稿を見に行きますのでお話しを聞かせてください。
少しでもお役に立てたらと思います。

Diablesse (2009-11-24 9:11 )
ちづる様
初めまして。
Diablesseと申します。
私は、25年も前に、妹を亡くしました。

辛かったですね。そして、今も辛いですよね。
自分の半分を持って行かれてしまった感じがしますよね。
傷が癒える日は、来ないかもしれません。
でも、傷があまり痛まなくなる日は来ると思います。
ちずるさんの心についた傷は、まだ生傷だろうけれど、
血はいつかは止まってしまうから。
ただ、血が止まった後でも、鈍く痛み続けてしまう・・・。

私は、こんなに経ってもまだ、頭も身体も、彼女の事を覚えています。
取り残されたと感じていました。
でも、親にも上手く話せませんでした。
なぜ?と誰にも聞けず、苦しい思いをしました。
ずっとずっと、妹と一緒に生きて来た・・・そんな気がします。
「妹の分まで」と思いながら。

上手に彼女の事を整理できずに時が過ぎて、
他人には一人っ子として振る舞ってきました。
働き始めたところは、非常に忙しい会社・部署でした。
結局、あの頃の記憶が原因で、結構重めの精神病にもかかり、
会社を辞めざるを得ませんでした。

未だに、自分が生きるだけで精一杯な私が、
レスをすることがいいのかどうか、正直悩みました。

でも。
誰もわかってくれないと思います。
ご両親でさえも、本当にはわかってくれないと思います。
きょうだいの苦しさ、衝撃、助けて欲しい気持ち・・・等々。
同じきょうだいしか、共有できない感覚だと思います。
きっと、ご両親も、自分達の悲しさ、やり切れなさで、手一杯でしょうし。

それでも、声に出して言ってみてください。
とても難しいコトだけれど。
もちろん、理解してくれることは、期待せずに。
カウンセラーの所で、でも良いし。
もちろん私でよければ、聞きます。聞かせてください。
どこでもいい。吐き出さずにいたら、心が壊れてしまう。
ちづるさんが、心配です。
関西のT大学1回生さんも、まだ痛い部分、隠してるだけでしょう?

同じ様な想いで一緒に泣ける人が、欲しいですよね。
親でもなく、近い状況を味わった人が、欲しいですよね。
ぶちまけても、受け容れてもらえる場所が欲しいですよね。

ここは、そういう所だと、私は思っています。
自分で手一杯で、2日も応えられなかった自分に腹が立ちます。
気づくのが遅くてごめんなさい。
いつでもいいから。
ここでも。プライベートメッセージでも(そうしたらメアドを交換できるので)。
話せることから、話し始めてみませんか?
言葉にする分辛いけれど、その分少し軽くなるかも。
待っています。

ちづるさんも、関西T大学1回生さんも。
独りで抱え込んで、鬱に引っ張られないように。
その傷を治せるのは自分だけだけれど、ヒトの手も借りませんか?

長くてごめんなさい。

eri (2009-11-25 18:45 )
ちづるさん、こんにちは。
私は、ちづるさんのひとつ前に投稿した、eriです。

ちづるさんの書いている
「気分は沈みがち、いつもどこかに暗い影があるような感じ」
の感じは、本当に、私もよくわかります。

子どもの時に、きょうだいが亡くなるのも、
大人でも思春期でも、同じ気持ちなんですよね。

私は、一番苦しいなと思う時期は、高校時代とそして少し前でした。
社会人になりたての時も、ちづるさんと同じように苦しかったです。
高校も休みがちでした。
教室に入ると明るく過ごし、家では考え込む生活を繰り返していました。
社会人になってもそうでした。

でも、この掲示板に思いを吐き出したら、
悲しみは変らないのですが、
不思議とあとから穏やかな気持ちになれる日が多くなりました。
「誰もわかってくれない」という思いもなくなり、
それから、妹は側にいる感じもします。

やはり生活していると、「妹が生きていればな。。」
という気持ちはなくなりませんよね。。
この気持ちは一生付き合っていく気持ちなのだと思いました。

最近は、ブログにも自分の細かい気持ちを書けるようになり、
こうして同じような経験をしている人と分かち合うことも
できるようになりました。正直びっくりです。
今だに、職場や、仲良しの友人にさえ、妹のことはなかなか話せませんが、
私の場合は、この掲示板で思いを吐き出すことが第一歩だったように思います。

こういった、ちづるさんの投稿で、思いを分かち合いたいと
思っている人が、私だけじゃなかったと思いました。

関西のT大学1回生 (2009-11-26 0:22 )
私は痛い部分を隠す必要はなく親や親友に全て吐き出しています。
今でも自分の話を聞いてくれる人はちゃんと居ますし大丈夫ですよ((i:f995))
亡くなった人のぶんまで生きる!!といったように無理に思わないで一緒に人生を歩んでいると思ったほうが良いと思いますよ。
すこしでも自分が死ぬ時に「お疲れ様」や「がんばったね」って言ってもらえるような人生になればいいかなって思ってます。

親の子供を亡くしてしまった気持ちは本当のところは私にも分かってないかもしれないし、兄弟を亡くした気持ち全ては親にも経験した事がない立場なので全ては分からないかもしれないです。
けれども、大事な者を失ったという事では共通だし辛いのはお互い同じだと思います。
なので親には自分の気持ちを伝えるさらけ出す事が大事だと思います((i:f99f))

ちづる (2009-11-28 20:43 )
>関西のT大学1回生さん

お返事ありがとうございました。
二年前、14才、下のきょうだいを、ガンで、、
凄く境遇が似ています。この偶然に驚きました。
同じ時期に辛い思いをされていたんですね…

私も最期は、もう意識もはっきりしない、変わり果てた姿を見るしかできませんでした。
数時間前に「また来るね」と病院をあとにしたばかりだったのに…
少し前までは話せてた状態だったのに…
時々「一緒に買い物に行けたらな」「一緒に音楽やれたらな」とか無性に思います。
それがもうできないことにとても悔しくなり、後悔の思いにも苦しめられます。

学校へ行くのも辛かったでしょうに、無事卒業できたのですね。
よく頑張りましたね。
その頃は、周りを冷たい目で見ることが多かったと思います。
どうせお前にはこの気持ちがわからないだろ、と
普通に生活ができている人を羨む反面、なんで私だけこんなことにならなきゃいけないの?と、
知らない人にも腹が立ってくることがありました。
それは今でも少しあります。。
当時学校の友人に話そうとしてみましたが、まともな応えは返ってきませんでした。
それからは、もう話さないほうがいいんだ…と思い、話しませんでした。
もとより、妹のことを口に出すんじゃなかった、と思いました。

今でも話せる相手はいるのですね。
とても良いことだと思います。
やっぱり、話せる人がいると違いますよね…
ここまであまり話せずに来てしまったので、、もっとあの頃に話せる人がいたら今違ったかもしれないと思います。。
その時期に気兼ねなく話せる人がいることは、悲しみを癒すのに大切なことだと、後になり本で読んだことがあります。
自助的な本を読んで、もっと早くにそういうことを知っていたら良かったと少し後悔しています…

関西のT大学1回生さんも、辛い気持ちを溜め込まないよう気を付けてくださいね。
よかったらまた話を聞かせてください。

ちづる (2009-11-28 22:04 )
>Diablesseさん

お返事ありがとうございました。
以前投稿に目を通させていただきました。

25年、、どれだけ月日が流れても、妹を思う気持ちは変わりませんよね…
自分の半分を持っていかれた感じ、本当にそのとおりです。

私は、人にきょうだいのことを聞かれたら”いる”と答えています。
身体はなかったとしても、心にはいるからです。
一緒に過ごしてきた思い出は事実だからです。
人や状況によって迷うこともありましたが。。
“いない”と言って、妹の存在すべてを否定してわだかまりを抱えるより、
本当のことを言うほうが、気持ちを抑え込まなくて自分のためにも良かったと思います。

私も自分のことだけで精一杯です。
家族にも話せずにいます。
前にカウンセリングに行ってみたのですが、そこのカウンセラーとは合わず、
カウンセリングの仕方にも不満があり、結局すっきりすることもないままやめてしまいました。
逆に辛くさせるような言い方をされた気がします。
うまくカウンセラーを見つけることができていません…

Diablesseさんの言葉に少し心が軽くなりました。
プライベートメッセージしてもいいでしょうか?
ここでもですが、うまく言葉にできなかったり、言葉に慎重で遅くなったりするかもしれませんが…

ちづる (2009-11-28 22:12 )
>eriさん

お返事ありがとうございました。
以前投稿に目を通させていただきました。

小さい頃になくしても、大きくなってなくしても、
悲しみは変わらないですよね。

外に出ると、辛いのを隠して無理やり違う自分を演じなくちゃいけません。
人前ではふと無理ににこにこしている自分がいます。
これは本当の自分ではありません。
心の中では暗い気持ちが渦巻いてるのに…
その表面と内側のズレに複雑な気持ちを抱きます。
今の自分は、昔とは違う人になってしまった、おかしくなってしまったと感じます。

掲示板に、ブログに、、気持ちを吐き出すことは本当に大事なことなんですね。
それは凄く勇気が必要なことだけれど…

eriさんのブログ、見に行きますね

Diablesse (2009-11-30 23:11 )
ちづる様

お返事を。

>プライベートメッセージしてもいいでしょうか?

もちろんです。私でよければ、お話し聞かせてください。
もっと、個人的にもお話しできますし。

>ここでもですが、うまく言葉にできなかったり、言葉に慎重で遅くなったりするかもしれませんが…

当たり前です。話せるコトだけ。言葉にできるコトだけ。
それが精一杯だと思います。
ここに来ているヒトはみんな、同じ。
簡単に表せるような気持ちではないから、ここに集っているのだと思っています。

上手く言えないのは、当然です。
25年経っていても、ウチの母は、妹の最期の頃の事については、
少しずつしか話してくれませんでした。

家族を亡くすというコトは、それくらい重いことで、話し辛く、
でも感情だけ溢れたりして・・・。
上手く言葉にできない感情でいっぱいになることだと思います。
私も、言葉にするのにすごく時間がかかりました。

「私の妹、こんな子だったの。」それでもいいじゃないですか?
だって、妹さんがいらした事を知らないヒトには、話せない事だから。
お互いに、妹の可愛かったところを挙げていくだけでも、
大事な妹のコトを話せないより良いと思いませんか?

お待ちしています。

ちづる (2010-9-18 21:53 )
すごく久々な投稿、、、
少し書かせていただきたいです。

たくさん泣きました。
思い出しました。

何もできんでごめん…
会いたい
戻ってきてよ

大好きなんです

これが正直な気持ちです

ももこのママ (2010-9-18 23:39 )
私も同じ気持ちです。

戻ってきてほしい

どの位待てば逢えるの

大好き

カテゴリー: 天使の親族

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ