原因不明で突然意識不明:14歳の息子を亡くしました

子どもを亡くした天使のママ はじめての投稿

yuta (2008-3-17 12:14 )
はじめまして。
先月の22日に14歳の若さで長男を失いました。
小さい頃から体が弱く毎日祈るような気持ちで育ててきました。
生まれてまもなくしてからは薬を飲まない日はない子でした。
小学校では休みがちな子でしたからいじめにもあいかわいそうな思いもさせたのに、
不器用で優しい子でした。
昨年の10月から原因不明で突然意識不明で倒れるようになり
いろんな検査をしたのですが特定できませんでした。
亡くなる二日前にも静岡の病院を紹介され二人で新幹線ででかけました。
しかし、お風呂で意識がなくなり発見がおくれ亡くなってしまいました。
私がもう少し早くに見つけていればと後悔の日々を送っています。
こんなつらい思いをどうしてしなければいけないのでしょう?
一日が長すぎます。
つらすぎます。
どうか、みなさん、これから生きていくすべを教えてください。
あんかめちゃん (2008-3-17 13:23 )
yutaさんはじめまして。
このメッセージを読んで、yutaさんが必死な思いで書かれたこと、どうしようもなくつらいお気持ちをかかえておられることお察しします。

私は昨年の12月に長男を神経芽腫で3ヶ月で亡くしました。

私の今の気持ちです。
子供を失った悲しみは決して消えるものではありません。
あふれ出る涙を我慢する必要もないということをここで出会ったみなさんや紹介されている本を読んで知りました。

それと自分を責める気持ち、私にもありました。
だけど亡くなった子供たちはそれを願っていないと思います。
後から考えるとああしておけばよかった、もっとこうしてあげられたのに・・・いくらでもでてきますよね。
だけどyutaさんは息子さんにたいしてそのときの精一杯を14年間積み重ねてこられたのだから、息子さんもわかっていると思いますよ。
ありがとうって。
だから仕方ないときもあるけれど、自分を責めてしまう気持ちは少し横へ置いたほうがいいかなと私は思います。

今年の2月子供を亡くした親の会に参加しました。
闘病の経緯や亡くしてからの思いを聞いてもらいました。
聞いてもらったからといって辛さが消えるわけではありませんが、その辛さを受け止めてくれる人たちに出会えたということが私たちにとっては大きな救いになりました。

yutaさんのお気持ちに添うものでなかったらすいません。
その人によって気持ちの揺れ方は様々です。
お互いにマイペースでいきましょうね。

ゆうゆうたん (2008-3-17 20:56 )
はじめまして。yutaさん。本当に、おつらいですね。
人生のなかで、こんなに、つらいことが、あるんですね。どうして、子を失うという悲しみを、親が、受けないといけないのでしょうか。
yutaさんは、親として、最大限、頑張られましたよ。小さい頃から、ずっと、看病を、されたんですね。本当に、すごい、ことされたと思います。子供さんも、お母さんに出会えてよかったって、思っておられるはずです。yutaさん、ゆっくリ、心も身体も、お休めください。
私の子は、6歳で急に倒れ、1ヶ月半意識なく、亡くなりました。
その短い間のなか、奇跡願ったり、絶望したり、もしかしたら近づいている死への恐怖を感じたり。まさかの夢のような世界で、とにかく、私は、子の側にいるころとしかできませんでした。

そして、亡くなってから、私が、家族からも心配されてるし、立ち直りたりたい立ち直おらなければと、日々を、過ごしてきてます。いい精神科の先生に巡り合い、お薬も、使ってます。しかし、悲しみ、空しさ、寂しさなどの波が、おそってきます。もう、たまらなく、つらいです。この波を、どうやって、乗り越えていけばいいのでしょうね。

時間が、薬というのは、ある程度あると思います。その時間が過ぎるなかでも、悲しみの波は、多かれ少なかれ、やってくるのでしょう。

私のことばかり、書いてしまって、失礼だったかもしれません。
子を亡くした親は、子を亡くした親でしか、わからないこともあります。こういう場で、少しでも、気持ちが、癒されると、いいですね。

yuta (2008-3-18 9:07 )
あんかめちゃん、ゆうゆうたんさん、お返事をありがとうございます。
涙がとまりませんでした。
子を亡くしている親は私の周りにはいません。
強い孤独感を感じています。
でも、ここを除くと一人ではないと勇気付けられます。

このつらい事実を一生背負って生きていくのですね。
同じくらいの年頃の子を見ては涙し、
あの子の好きな曲を耳にして涙し、
思い出の場所をみかければなぜあの子はいないだろうと涙し、
何もかもすべてで涙があふれます。
私の胸をわしづかみされたような気がします。

あの子の同級生がご焼香に度々訪れます。
あの子は喜ぶでしょうが私はそんなこともつらくて
今はお断りさせてもらってます。
電話さえも出ることができなくなりました。

死んでしまおうと何度も考えましたがあの子に会えないような気がして寿命を待つことにします。
朝起きるたび一日一日あの子に会える日が近づいているということだけを心の支えにして生きていきます。

精神科の薬も頂きました。
そうですね、今は時間と薬で乗り切っていきます。

またお話聞いてくださいね。
アドバイスもあればお願いします。

shojio (2008-3-29 0:10 )
yutaさん
私もまわりの方から励まされてもどうしょうもない気持ちです。
悲しくひきこもりがちになるのはよくわかります。私は仕事をもって
いますので、子供も亡くなった2日後より仕事に復帰しましたが、泣きながら必死に仕事をこなしてました。子供を亡くした親の会に出て、わかったことは、世の中には自分より辛い方々が必死で生きていること、その方たちは子供の霊とともに生活していると実感していることです。いろいろもがいて生きる道を求めてみて下さい。私ももがいています。
Diablesse (2008-3-30 2:44 )
子どもの立場から、お父様お母様へ。

きょうだいを亡くしたことを完全に受け入れるのに、20年ほどかかりました。
自分の親に、なかなか言えなかった言葉を、yutaさんへ。

「頑張りすぎないで。泣きたい時は泣いて。無理はしないで。」

きっと、天使になったきょうだい達も、賛同してくれると思います。

とんとん (2008-3-30 21:29 )
はじめまして。

私の娘は昨年の4月に天使になりました。
高校2年生になったばかりで、16歳でした。
私の娘も同じような状況で亡くなったので
yutaさんの気持ちはよく分かります。
どうして気付いてやれなかったのだろうと
今も思います。

まだまだ亡くなったばかりで本当に辛いと
思います。
朝起きた時、悪い夢ではなく
やはり本当の事なのだと、
涙が溢れ出て
今日一日どう過ごそうかと思いました。

本を読んだり、ネットを検索したりして
お子さんを亡くされた方のブログを読んだりして
今、思うことは亡くなった娘が悲しむような事は
してはいけないかなと。
でもその死によってとても大切な事を
教えてもらいました。

今は少し穏やかな気持ちで娘の事を
思えるようになってきました。

どうぞこの場で気持ちを吐き出してください。
そしてご自分を責めないでくださいね。
決して、yutaさんのせいではないのですから。

yuta (2008-4-26 20:50 )
ひさしぶりにこちらをのぞいてみました。
返信ありがとうございます。

二ヶ月たっても気持ちは何もかわらないですね
つらくて精神科のお薬を服用していますが
量が増えていくのでとても不安に思ってます。

長いですね。これからの人生
女の人の平均寿命は85歳位でしたでしょうか?
わたしには長すぎます

shojioさん
二日目より仕事
すごいですね
私も家にいるとつらくて仕事復帰しましたが
周りの励ましの言葉がつらくて
子供が亡くなったことを内緒にして求職しようかなと思っています

diablesseさん
うちの子にも兄弟がいます。
子供の前ではなかないように気をつけていますが
台所でゆうたの好きな食事の用意をしてたら
ゆうたの喜ぶ顔を思い出したら、悲しくて
泣いてしまって止められなくて声をだしてしまいました。
下の子はあまり気にしないようにしてくれてますが
あの子の仲がよかったお兄ちゃんが突然いなくなったのですから
さぞかし、つらい思いでいるのだろうと思うと
申し訳ない気持ちでいっぱいです。
大好きなお兄ちゃんを守れなくてごめんね

とんとんさん
うちの子と同じような状況でなくなられたとしたら
さぞ、びっくりしたことと思います。
精神科の先生はその状況を目にしたことが重大な問題だと
いってます。
今日はゆうたの学校のホームページを除いてしまいました。
部活紹介のページをみたらあの子が笑顔で写っていました。
涙がとまらなくなってしまって
小学校のときは体も弱かったせいか
いじめられることもあって悲しい思いもさせたのに
やっと中学校で友達にも恵まれ
大好きな部活にも休まず参加していたのに
あんなに気をつけて育ててきたのに
なぜなんだろう?

落ち着ける日がくるといいですね

shojio (2008-5-2 22:56 )
yutaさん お久しぶりです。
私のところはやっと49日が終わりました。最近は我慢していた家内も明け方、急に目をさまし、泣いていることがあります。私も家内も眠剤に頼ってしまっていますが、今は仕方がないと思っています。最近、知り合いになった方がDVDを送ってくれました。題名は奇蹟の輝きというロビンウイリアム主演のものです。人はみんな死んで天国しか行けない。ひとつ失えばひとつ得る。機会があれば是非ごらんになってください。
yuta (2008-5-2 23:33 )
shojioさん こんにちは
49日が終わられたのですね・・・
DVDを紹介して下さって有難うございます。
ロビンウィリアムスが好きで奇跡の輝きも見た覚えがあります。
でも、内容があやふやで今の気持ちで観ると
新たな感動があるのでしょうね。
近いうちにまた観たいと思います。
有難うございます。
何をしていてもつらい日々が続きます。
仕事もやめようと思っています。
どうすれば気持ちが楽になるのかわかりませんが
スピリチュアルの本を読んだり、飯田さんの本も読みましたが
今の私にはまだ、受け入れられないのです。
今度は、子供を亡くしたかたの会に参加して
みなさんの話しを聞きに行きたいと思ってます。
どうか、お互いが少しでも立ち直れる日が来るといいですね。
Diablesse (2008-5-11 4:41 )
yutaさん

いっぱい泣いてください。
悲しいのを我慢して、一生懸命笑顔をみせてくれるパパ・ママのこと、
きょうだいは、ちゃんと理解できますから。
天使になったお兄ちゃんも、パパやママも、すっごく頑張って、闘って、
それでも連れて行かれちゃったんだって、
きっとゆうたくんの弟さんも、わかっているはず。
お兄ちゃんが天使になったことをちゃんと受け入れていけると思います。
パパやママのせいではないって、わかっています。きっと。
もし今分からなくても、いつか理解する時が来ます。
お兄ちゃんのことを思って泣いているママを、心配はしますが・・・。

自分も大事にしてください。
精神科のお薬、最初は色々変わるし、すごく増えていく時期もありますが、
そのうちご自分に合う薬がみつかって、長い時間をかけて、少しずつ減ります。
何回かお薬を変えてもご自分に合う薬がみつからなかったら、
お医者様を替えるのも、一つの手ですし、お勧めします。

ゲスト (2008-5-28 21:57 )
diablesseさん

やさしい言葉をかけてくださってありがとうございます。
自分だって傷ついているのに・・・

今日もいっぱい泣きました。
それも大声で
途中で下の子が帰ってきてしまって
申し訳ないなと思って
少しぐらい元気にならなきゃね

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ