脳内出血:一人娘18歳を突然亡くしました

子どもを亡くした天使のママ はじめての投稿

ももちゃん (2015-8-5 15:04 )
今年の4月に一人娘を脳内出血で亡くしました。前の日も元気で二人で一緒にお風呂に入って、倒れる当日の朝も元気で、本当に全く倒れるなんて思えないぐらい元気だったのに、お友達と卒業して久しぶりに会って、そこで倒れて、私が会った時には、手を反射的に上下に動かして、うーうーとうなって、呼んでも反応がないし、私は、まるで映画でも見ている様に受け入れられず、涙もでませんでした。医師から今日がやまです、と言われても嘘だ嘘だと涙もでませんでした。 あれから、あなたが突然亡くなって4か月になろうとしていますが、葬儀の時には全く涙も出ず、私も不思議だったのですが、次の日から毎日毎日頭からあなたの事が頭から離れず泣いてばかりです。夜もあなたの遺影を何も喋らずに、ほほずりして、涙があふれて仕方ありません。苦しくて悲しくて、恐怖心で、眠れず、いつも情緒不安定です。娘とは姉妹の様に仲が良かったので、どこに行くのも一緒だったため、今はスーパーその他にも、10分間でも苦しくなってしまうのでいられません。泣きたくなって心臓がドキドキして気分が悪くなってしまいます。このサイトも見ているだけで、投稿はできませんでした。 今も娘が頭から離れず、苦しい生活が毎日毎日です。 家の事だけで精いっぱいです。 誰か助けて下さい。私の気持ちと同じような体験をされていらっしゃる方、お力をお供えください。助けて下さい。

主人は、もう娘の話は辛くなるから嫌だと言って、娘の話はできません。私は一人昼間もんもんとして、余計に娘を思って胸が痛くなります。でも、外に出ると誰かに会うのも嫌ですし、お店も辛くて早く帰りたくなってしまいます。 同じお気持ちの方、本当に助けて下さい。宜しくお願いします。

ももちゃん (2015-8-5 23:06 )
皆さん 初めまして 今日から初めて投稿させて頂きます。

今年の4月に私と姉妹の様に仲の良かった一人娘を脳内出血で亡くしました。倒れる前の日も一緒にお風呂に入って、ニコニコ顔で
優しくて、たまに私の背中も流してくれて、本当に人に気を使う良い子でした。高校を卒業して久しぶりに皆に会っている中で、突然倒れて、私が連絡をもらって娘を見た時には、うーうーうなって、手をバタバタ上下に動かして別人でした。医師に今日がやまです、と言われても、嘘だ嘘だと受け入れられず、涙もでませんでした。
朝まで元気でいつもと変わりなく、皆に会うために、行ってきますと、送り出して、急に倒れて変わり果てて、今日がやまです、と言われて、本当に地獄につき落とされ、言葉では言い表せない苦しみでした。 葬儀も涙一つ出ずに、受け入れられませんでした。
でも、次の日から、朝、目がさめてから娘がいない事が、いつも隣で寝ていたので、耐えきれなくて起きれませんでした。毎日毎日涙が出て、食べれなくて、眠れなくて、人に会うのが嫌で、家の中に引きこもり、どうしても買い物に行かなくてはいけない時は、スーパーに入ると心臓がドキドキして気分が悪くなり、10分間もお店にいられません。家に帰って横になります。いつもいつも娘が頭から離れず、笑ってた顔、ママ聞いてくれると、相談してくれた事などが、頭の中で、私を悲しみのどん底に、常に突き落とされてしまいます。主人は悲しむのが嫌だと言って、娘の思い出話は一切出来ません。だから、主人が仕事に行っている昼間は、ぼーとして、外に出る気力もないし、友人と喋っても疲れてしまい、娘の事ばかり話せないですし、世間話しは疲れてしまい、会う気持ちにもなくなりました。娘が亡くなって私も心から笑う事がなくなりました。4か月たちましたが、段々寂しさが増して来ます。常に情緒不安定で、家の事をやると疲れて余計に娘を強く思い出してしまい名前を呼んで大泣きしてしまいます。今も涙が出て精一杯うっています。
私と同じ様にいつも亡くなられた子供さんが頭から離れず、辛くって苦しくて思い出が常に出て来てしまい、苦しんでいらっしゃる方
どうかお力をお貸しくださいませ。本当に本当に死にたいくらい苦しんです。どうか助けて下さい。もう4か月間毎日です。回りの人が働いてみたら、と言いますが、とても働きに行く気力がありません。生きているだけでも不安です。同じ様な思いをされた方どうか助けて下さい。お願いします。

sayamama (2015-8-6 0:14 )
こんばんは、はじめまして。20歳の娘を難病で亡くしました。ももちゃんさんのお気持ち、痛いほどよくわかります。
子供を亡くした母親は、ほとんどがももちゃんさんのようになると思います。

私も娘が亡くなってから、毎日泣いて泣いて、眠れず、そのうち食べられなくなりました。最低限の家事をしては、家にこもって寝てました。それでも苦しくてたまらず、死ぬことばかり考えてました。

誰かに救って欲しくて、カウンセリングをやっている心療内科を受診しました。お薬をもらって眠れるようになり、食欲も戻りました。それでも悲しみは消えません。苦しみも消えません。毎日生きるのが辛い、死にたい気持ちも変わりません。

娘が亡くなって2年と3か月がたちます。先月から働きに出ました。夫が出勤してから家で一人でいるから、余計に辛くなるのだ、と自分で気づいたからです。仕事に出れば、100%娘が占めている私の頭の中は、半分くらいは仕事が占めるようになります。実際気が紛れます。私は仕事に行ってよかったと思いますが、実際に仕事に行けるようになるまで2年かかってますし、ももちゃんさんも今無理なさらなくていいと思います。

動物を飼う事も勧められました。実際子供を喪って、その後ペットで癒されてる人もたくさんいます。

私のように心療内科を受診されるのもよいと思います。薬で眠れるだけ楽になります。眠ってる時だけは辛い思いを忘れますから。また不安感なども、薬で軽減された人もいます。こればかりは、薬との相性があるのでなんとも言えませんが。
お一人での外出が無理なら、ご主人様とご一緒に受診されてはいかがでしょうか。

また各地に子供を亡くした親の会もありますので、お近くにないかネットで検索されてもよいと思います。同じ立場の方と会って話をするのも慰めになります。

まったく外に出られないのであれば、メールや電話でカウンセリングしてくれるところもあります。ネットで「グリーフカウンセリウング」と検索してみて下さい。
私が受けた所はこちらです。↓
http://ameblo.jp/angelqp/
よい先生ですよ。毎日メール配信もされていて、短いけれど心にしみます。

ももちゃん (2015-8-6 16:05 )
sayamama 様へ

御返信、本当に本当に有難うございます。涙涙で字が曇って、手でぬぐいながら大事に読ませて頂きました。今も泣けてしまい、泣きながらうっています。気持ちを分かって頂けて本当にうれしいです。働く気力もなく、外で元気な人と喋る気力もなく、でも、家にいても娘の事が頭から離れず、苦しめられて、本当に辛くて辛くて、テレビを見ても頭に入ってきません。事件などのニュースは歳を見て、亡くなられた子供さんの親御様の悲しみを思うと他人事の様には思えず、涙が出てきてしまいます。どんなにか苦しいだろうと胸が痛くなります。娘は私の親友であり、娘の方が母親の様な存在でした。そんな優しい、私には、いなくてはならないその一人娘が急に亡くなって、4か月間、毎日毎日、朝目がさめて、娘がいない事に、一緒に寝ていたので亡くなった事を受け入れるのに苦しくて、中々朝起き上がれません。朝食は前夜に用意して主人にチンして食べて行ってもらいます。後になればなるほど娘が恋しくて、愛おしくて、会いたい、喋りたい、思いっきり抱きしめたい、いない事への恐怖心で、どうしていいかわかりません。主人に娘の思い出話しは出来ないので、私も喋る元気もないので、お葬式のような夕食です。テレビだけが盛り上げてくれています。、食べる音しかありません。後何年こんな生活が続くのかと思うと生きていたくありません。私の両親も亡くなっていませんが、子供を亡くすのとは全く違います。この世の生き地獄を味わって生きていくようです。
sayamama 様 本当に共感して頂きまして有難うございます。sayamama 様も苦労なされたのですね。私一人ではないと思い、少し元気がでました。カウセリングですが、私の家から通えましたら行かせて頂きたいと思います。カウセリングを受けると違いますかね 後で場所を拝見させて下さい。 初めての投稿で初めての御返事を頂いたので、うれしくて、うれしくて涙で一杯です。sayamama様もお仕事されて疲れていらっしゃるのに、みず知らずの私のために時間と労力を使って頂いて、心から感謝申し上げます。有難うございます。お世話になりました。 

トマト (2015-8-6 18:53 )
ももちゃんさんはじめまして。私も昨年一人息子が17歳になったばかりで天国へ行きました。骨肉腫でした。一年ともうすぐ二ヶ月になります。
ももちゃんさんのお気持ちは痛いほどわかります。昨年の私も同じでした。涙しながら読ませて頂きました。人と会うのもしんどくて買い物も行けず宅配で食料品も買ってました。出掛けるのはリウマチを発症したため病院へ行くのとお花だけは飾ってあげたかったので人に会わない遠いお花やさんへ行く事位でした。主治医が眠剤を出してくれて寝る事ができる様になり、癌で闘病中だった父の見舞いに実家へ行ける様になりました。そして父の薦めもあり実家の近所の方が保護した猫を私が飼う様になりました。少しづつ笑う事が出来るようになった時に父も天国へ行きました。父は私が猫が来てくれてから少し元気になったことをとても安心してくれてました。
そして、天国の息子も私が毎日毎日泣いて過ごしていると心配してるだろうと思える様になりました。眠剤はまだのんでますが、買い物には知り合いに会わないスーパーへ行ける様になりました。お遍路さんに主人と出かける事ができる様になりました。自分の事ばかりでごめんなさい。
ももちゃんさん一人ではないです。子供を亡くした悲しみや辛さは皆同じです。それからの人生は人それぞれです。どうかご自分の心を労りながらしたい事、出きることだけしてお過ごし下さい。
武本昌三さんのホームページと出会いまた、本も読みした。魂は生きているとわかり、いつも息子の姿は見えなくても側に居てくれているとわかりました。救われた思いでした。またよければ見て見て下さい。

sayamamaさんの載せて下さってたブログを私も拝見させて頂きます。ありがとうございます。娘さんもsayamamaさんを側で応援してくれてますね。ご無理なさらずにお体ご自愛下さいね。

ももちゃん (2015-8-6 22:53 )
トマト 様へ
御返事を頂きまして、本当に本当に有難う御座います。やはり、sayamamaさんからの御返事と同じで、涙が出てしまい、文字がにじんで、涙をぬぐいながら、一文字一文字大事に読ませて頂きました。今も泣きながら、今も娘が頭から離れないまま、うたせて頂いています。娘とは、主人がやきもちをやく位に、仲が良かったので、お互いの顔を見ただけで、今何を悩んでいるか分かってしまう位に一心同体でした。いつも頭の中で楽しかった思い出が、終わりのない映画の様に続いて、声や仕草が、頭から離れず、日に日に増して行き、私は苦しくて苦しくて、このやり場のない気持ちをどう対処していいのか、どうやったら楽になるのか、情緒不安定でいつもいます。眠剤は飲んでいますが、中々眠れません。夜中に必ず起きてしまい、眠れないので、深夜番組を付けて、又、眠る様にしています。昼間も、ぼーっとして、それでも娘が頭から離れず、苦しい辛い毎日です。世の中に、こんなにも辛い事はないと思います。外にでれば、他の母娘親子の姿に目がいってしまい、又泣けてきて、家に早く帰りたくなってしまい、娘の名前を、口を両手で抑えて隣の家に聞こえない様に、大きな声で泣きながら呼んでしまいます。4か月経ってもまだ娘の亡くなった事を受け入れられない私は変でしょうかね。まだ、遺影を見ても受け入れられません。今も泣けて泣けて涙をぬぐいながら、うっています。
トマト 様 御返事頂けて本当にうれしいです。今、私が心から癒されるのは、共感して頂けました事です。トマト様、見ず知らずの私のために一生懸命に心暖まる投稿をして頂けた事に本当に感謝申し上げます。有難う御座いました。ごめんなさい又泣けてきます。でも、うれしいです。又、よろしくお願いします。トマト様、有難う御座いました。
かーりー (2015-8-8 13:11 )
ももちゃんさん、突然娘さんが亡くなったこと大変お気の毒でした。
私は息子を脳腫瘍で亡くして今月でちょうど5年になります。
病気療養の上で亡くなったことで何か良いことがあったとすれば万一との思いが病気を告げられた時に発生したことでしょうか。
ももちゃんさんはなぜ朝まで健康だった娘さんが亡くなったのか、それを受け入れられないだろうと思います。
一方可愛い娘さんが闘病で長く苦しむ姿を見なかったことだけは良かったのではないでしょうか。
私は可愛い息子があんなに長く苦しんだのに結局亡くなってしまったこと頑張ったのに報われなかったことに対する理不尽さがずっと消えないであります。
ももちゃんさんの娘さんとの思い出はとても楽しく幸せな思い出のようで、そこは羨ましくもあります。

ただし後は子供を亡くした母親としての同じ喪失体験での共感ですね。
うちの子もそうだったように、世界で一番お母さんが好きであったろう、疑問を差し挟む余地なくそうだという確信がある最愛の子供がいなくなったという喪失感は余人には計り知れないでしょうね。
わかると言われてもそんな気がするだけだろうと思います。

私の場合は両親と私の暮らしになるのですが、両親は孫の話をぽつりぽつりするのですが、私はできません。
彼らとは思いが全く違うと知っているからです。
泣く時は部屋で1人の時だけですね。

他人の楽しそうな夏が辛いですね。
今年は異様に暑いですしご自分の身体に気を配る余裕もないことと存じますが、くれぐれもご自愛くださいね。

はちみつママ (2015-8-9 4:48 )
ももちゃん様

はじめまして。投稿を読み、いてもたってもいられない気持ちでしたが、自分も鬱気分がひどくて、きちんと文章にできるか自信がなく書き込めずにいたのですが、優しい方たちが先に投稿して下さったのを見て、少し安心し・・でも、ももちゃんさんのお辛い気持ちがそのまま自分の悲しさであり、泣きながら、書き込ませてもらうことにしました。

うちは息子だったのですが、一人っ子で、発達障害もあったので、苦労して育てて来た分、結びつきは強くて・・本当に一心同体でした。
甘えん坊の可愛い息子で、どこに行くにも手をつなぎ、恋人のようでした。12歳を超えて来て、さすがに親子離れしなくてはと悩み始めていた頃、晴天の霹靂、身体だけは本当に健康で、風邪も引かない怪我もしない慎重な子だったのに、脳腫瘍を発症し・・。
余命は分からない、経過も分からない、珍しいタイプの脳腫瘍でした。

とても敏感で怖がりな子で、病院に行くことから始まり、検査や手術や放射線を当てるのも本当に大変だったのです。私は不安で泣きながらも毎日殆ど寝ないで様々な工夫と協力をとりつける為に奔走し頭を下げ回りました。でも私などより息子が一番頑張って・・けれど結局、抗がん剤も手術も効かなくて進行し・・今まで苦労して出来るように育てて来たことが、全て逆戻り、一つ一つ出来なくなっていき・・最後は栄養点滴、自力で唾も飲めない、おしっこも出せない、瞼すら閉められない、痩せこけて変わり果てた姿になって亡くなりました。痛みが無かったと言われたことが唯一の救いでした。
そうした姿を長く見たことが私の苦しみの一つですが、それでも、やはり、突然に短い時間の内に亡くされた方々の苦しみは格別だろうと思います。

亡くなったことを受け入れられないなんて、4か月では当たり前です。私は3年近く経った今でも信じたくないし信じられない。遺影を見るのも辛いです。黒縁の写真ではなくて、動く子供に会いたい、ほっぺに触れたい、抱きしめたい、話をしたいですよね。

私自身が今、不安定で、自分の話ばかりしてすみません。
でも、ももちゃんさんに「一人じゃない」「おかしくなどない」ということをお伝えしたくて・・。
私も買い物が特に辛く、車の中で大声で息子の名を呼びながら号泣したことも何度もあります。
本当に辛いけど、時間と共に少しずつ和らぐ部分もあります。お子さんが目には見えないけど必死に助けてくれると思います。

夫とは性差があり、表現が違うので、傷つけ合うことが多いと聞きます。うちもよほど調子が良い時以外は夫に本音を言えません。

でも、ここに来れば優しい方が沢山おられます。決して一人ではありません。
暑いですし、どうか出来る限りお身体を大事にされて下さいね。

(sayamamaさん、トマトさんの書き込みも、拝見するたび心を打たれます。有難うございます。私は不安定で不定期的にしかここに来れず、来ても読ませてもらうばかりで、なかなか励まし等を書き込む勇気もなく・・ごめんなさい。)

はちみつママ (2015-8-9 16:36 )
かーりー様

自分がこのスレッドに書き込んだ時には、まだかーりーさんの書き込みが表示されてなくて・・何か無視したような形になり、申し訳ありません。
かーりーさんには別トピの方で優しくお声をかけて頂いていたので、そのスレにお礼を書き込んでいたのですが、そちらでは再取得したパスワードを入れ忘れてしまった為か、まだ未承認で、表示されていなくて。
どうしたら良いか分からないのですが・・かーりー様への感謝とお詫び・・そして共感の気持ちをお伝えしたくて、ここに書き込ませて頂きました。
ももちゃんさん、横スレになって、ごめんなさい。

ももちゃん (2015-8-10 0:33 )
かーりー 様へ
御返信誠に有難う御座います。投稿して頂いた事に嬉しくて嬉しくて、涙が出ました。泣けてきました。見ず知らずの私のために、ただ同じ子供さんを亡くしているというだけで、こんなにも私の事を御心配して頂きまして、感謝で感謝で又泣けてきます。娘は人見知りで、友達も少なく「ママが一番私の気持ちを分かってくれる親友だよ」と、私も「ママも、ももちゃんの方が親みたいだし、ももちゃんがいなくなったら生きて行けないなあ」と、毎日娘と一日の学校での、はけ口を夜散歩しながら聞いて、嫌な先生の呼び名を二人だけで、あだ名を付けて笑って、娘との散歩は私の唯一の楽しみでした。亡くなって、一人で散歩してみようと娘と歩いた道を通ってみましたが、胸が苦しくて、足が前に進まず、宙に浮いたようで、めまいがして、お婆さんの方が元気に私を抜かして行きました。その試してみた散歩以来、もう散歩に行く事は余計に娘を辛く苦しく思い出してしまうので、もう辞める元にしました。 でも、昼間どうしても、銀行とか、トイレットペーパー、洗剤が急にない事に気ずいたりした時は、どうしても買いに外に出ないといけないので、娘と散歩した道を自転車で通る事になってしまう時は、泣けて泣けて前よりも今の方が苦しいです。段々初めの時より、今の方が辛く悲しみが大きいです。皆さんはどうですかね。4か月たった方が初めの頃より苦しみ、思い出す事、娘に帰ってきて欲しい、いない事への恐怖心が、増してきています。いつも頭から離れず、細かい家事は手が震えだしてきて、心臓がドキドキして、毎日です。これが毎日なので、まさか私の人生がこうなるなんて地獄です。皆さんもそうですか。私の人生は小さい頃から苦労ばかりでした。小学生の頃から家族の夕食を買物に行って作っていました。昔は中学は給食がないので、私が自分で作っていましたので、中身が分かってちっとも楽しみではありませんでした。学校から帰っても家事で精一杯でした。毎日です。結婚しても夫の暴力にたえました。実家がないので、逃げられませんでした。怖くて逃げれません。小さい頃ももちゃんとビジネスホテルに逃げた事もありました。段々大きくなって、ももちゃんも私の味方をしてくれる様になった頃 、愛するももちゃんの死。もう私は何も悪い事をしてないのに、神も仏もこの世のすべてを恨みました。なんで私ばかりこんなめに合うのか町ゆく人を羨ましくて仕方ありません。ももちゃんが救いでした。毎日、胃が痛いですが、絶対に病院に行きません。早くももちゃんに会いたいです。かーりー様世の中不公平ですね。かーりー様は5年間本当に頑張りましたね。私は正直もう嫌です。苦しくなったら、又宜しくお願いします。本当に有難う御座います。うれしいかったです。
ももちゃん (2015-8-10 14:06 )
はちみつママ 様へ
はちみつママ様も体調が悪いのに見ず知らずの私のために、御心配して頂き、又
一緒に泣いて読んで頂いたなんて、私もぐっときて大粒の涙が出てぬぐいながら、大切に読ませて頂きました。息子様と仲良しだったのですね。手をつないで歩いていたことは、私も娘と毎夜、散歩していたので、肩を組んだり、手をつないで歩いていました。その他どこに行くのも一緒でした。私も主人の事で鬱になっていたので、離婚も何度も考えましたが、ももちゃんは人見知りする子で、慣れない環境には適応できず、転校できないので、「私が高校卒業したら、働くから、ママ、一緒に出て行こうね」と、言ってくれていました。でも、出て行く前に2週間しか働かないで、初任給ももらわないで、脳内出血で、突然亡くなるなんて、何が悪かったんだろうと責めてしまいます。ももちゃんが大きくなってから、パパに逆キレされながらも私をかばってくれて、2階でパパが寝たあと二人で抱き合いながら泣きあいました。私のいつも味方で、余計にパパがおもしろくなくて、ムっとしていました。 はちみつママ様 子供がいなくなるとは、本当に辛く苦しいですね。本当に優しい子で、ニコニコ笑顔で、常に頭から娘が離れません。はちみつママ様もそうですか。3年たってもかわらないですか。私は常に情緒不安定で車も危ないので、自転車に乗って買い物にいくので、ももちゃんとの散歩や思い出で、涙涙でスーパーも10分間くらいしかいられません。苦しくてドキドキして気分が悪くなってしまいます。4か月間ずっとです。今の方が前より悲しみ寂しさがどんどん増してきているのを感じます。はちみつママ様は3年経ってどう変わりましたか。助けて下さい宜しくお願いします。御投稿本当にうれしかったです。今も昼間は何もする事がなくぼーっとしています。こうして御返事を送らせて頂ける事に、何かする事を与えて頂ける事に大変に感謝申し上げます。今後とも宜しくお願いします。有難うございました。
はちみつママ (2015-8-13 3:50 )
ももちゃん様
レスを返して下さり有難うございます。
他の投稿も読ませて頂きました。私も息子が亡くなってから、日航機事件や津波の月命日等、本当に他人事ではなくて、手を合わせてます。なぜ理不尽な別れがあるのかと・・。
ももちゃんはとても優しいお嬢さんだったんですね。ママさんはお小さい頃からご苦労を沢山されて来た中、ももちゃんは宝物のような存在だったんですね・・。我が家も、夫は良い時と悪い時の差が大きく怒りっぽい性格で・・息子もその差に戸惑い、夫が不機嫌さをあらわにしていると、涙目で私に「お父さんは・・?(怒っているの?)(ぼくが悪いの?)」とすがって来てました。自分も泣きたいのをこらえ笑顔を作って私が「お父さんは喜怒哀楽が激しいだけだから、心配しなくて大丈夫よ!」と言うとホッとして眠りにつき・・可愛い寝顔を見るのが私にとって最高の癒しでした。しょっちゅうスベスベほっぺにキスしてました。H君さえいれば大丈夫。この子の為に頑張ろう。そう思っていたのに・・。

最初の半年は殆ど1日中泣いてました。3年経つと悲しいけれど痛みは少しは和らぎます。少しずつ子供のいない暮らしに慣らされるのです。でもフラッシュバックもあるし、虚しさ寂しさはひとしおです。それでも少しは笑える時も来ます。ももちゃんママさん、大丈夫ですよ。
買い物、料理は本当に辛い。息子が好きだったものを見ると涙が出て・・美味しそうなものをみると食べさせてやりたくて・・。死後まもなくは引きこもって当たり前です。どうしてもお辛い時は薬だけでなくシッカリ気持ちを吐ける場を探されると良いと思います。お近くに「遺族ケア外来」のある病院があると良いのですが・・。保健センター等に電話して辛さを聞いてもらえる部署がないか確認されるのも良いかと。(私自身探し回り、その中で少しずつ良い出会いがありました。)

あと、息子の身体は消えてしまったけど、魂は絶対に私の傍にいるんだと信じるようにしています。そうじゃないと寂しすぎて毎日暮らして行けないから・・。食事もおやつもリビングの息子の席の小さな写真の前に出して「匂い」を楽しんでね、残りはお母さんが食べるからねって、他にも、よく話してます。
実は息子が意識不明の数か月、もう何も分からないと思っていたのに、嗅覚と聴覚は生きてると分かる事がありました。だから、魂になった息子は今も匂いを楽しみ、私の声も聴いてくれてると思うようにしています。

別トピの方に書いても良かったのですが、本当に不思議なことってあるんですよね。
お仏壇にはお骨を入れてて、毎日お経を上げて「早く会わせて、夢にも出て来て下さい」とお祈りしてます。すると時々夢に出てくれるし、色々な形でメッセージや励ましをくれます。私の好きだったものを思い出させてくれたり、お母さん有難う、がんばれってメッセージを・・。(人から見たら妄想でしょうけど。)
ラジオやテレビで気になる曲とかセリフとか、きっと子供たちのメッセージですね。
先日も「息子は可哀想だった、できの悪い母で・・」等と思ってると、FMをつけた途端、ユーミンの「ひこうき雲」が流れて来て・・「他の人には分からない。あまりにも若すぎたと、ただ思うだけ・・だけど幸せ」
泣きました。「空」が大好きだった息子。
本当にそうなの?今は大好きなお空とお母さんの傍を行ったり来たり、自由に幸せにしてくれてるのなら・・見えない触れないのは寂しいけど、少しだけ嬉しい・・。早く会えるように、苦しくても毎日を少しずつ頑張らなくちゃね・・。
今日からお盆。亡くなった人たちが本当に帰って来やすいみたいです。子供のお盆なんてすごく辛いけど、少し頑張ります。

長文ごめんなさい。ももちゃんさん、まだまだ一番きつい時期ですもの、心のままに思い切り泣いて、ゆっくりされて下さいね。お読み下さり、有難うございました。

かーりー (2015-8-14 14:47 )
ももちゃんさん、みなさんこんにちは。
お盆ですね。
ももちゃんさんには新盆ですね。さぞお辛いことでしょう。
お盆になると毎年「ご先祖様をお迎えしましょう」という言葉を聞くわけで、逆縁にあってしまった自分にはこれが辛くて嫌な気持ちになります。

我が家には仏壇は無いのですが、遺影の前に精霊馬と精霊牛とお花といつもより少しだけ豪華なお供え菓子を置きます。
戻ってきてくれているのなら会いたい。
姿を見たい。
夜中顔を洗っている時などつい振り向いてしまいますが、会えないんですよね…。

ももちゃん (2015-8-14 22:37 )
はちみつママ 様へ。
御投稿をいつもいつも涙涙で、にじんで、ぬぐいながら大事に読ませて頂いています。共感して頂けるのが本当にうれしいです。何一つ楽しみが無くなってしまったので、こうして、気持ちを書けるのが一番うれしいです。有難う御座います。 はちみつママ様の御主人様も短気なのですか。家も物凄い短気で、気が短くて、昨日も経済の新聞を自分が読んで、私は食事をしていたのに、お前も読んで見ろとえばって言うので、読みたくないからなんて書いてあったか教えてくれる?と言ったら、駄目だ、自分で読め、俺は教えない、ときつく言われて、私は嫌な気持ちになって泣きたくなって、ももちゃんが余計に恋しくなって、日記に死にたい死にたいと綴りました。主人の機嫌にももちゃんも、びくびくしていました。だから、ももちゃんは人見知りの人に気を使う子で、自分の意見を言えない我慢してしまう子だと小学校から高校の先生も皆言っていました。
ももちゃんは今は延び延びして自由になって、幸せな気持ちになっていると思います。私を見守ってくれていると思います。傍にいてくれていると思います。 会いたいです。4か月ですが、寂しさが段々深くなります。本当に気が狂う程、やり場がないです。まだ受け入れられません。毎日です。 はちみつママ様もそうでしたか?
私の様な感じでしたか?私は本当に、生きている間も、ももちゃんに依存していたので、亡くなってからは、もっと依存してしまいました。きっと横綱級だと思います。これが苦しいのです。
ももちゃん (2015-8-15 22:49 )
かーりー様へ
いつも御投稿をして頂きまして本当に有難う御座います。ももちやんの新盆を分かって頂けるなんて、かーりー様は身内みたいですね。亡くなって初めての新盆ですが、仏壇はあり、義理の母親に親戚がお線香をあげに来てくれていましたが、子供のために来るのは、辛いです。毎年こんな思いをするのかと思うとめげますね。こんなにも、お盆を意識した事は今までありませんでした。
毎日毎日ももちゃんを思わない日はないですね。いつも心臓がザワザワして余震みたいです。ももちゃんとはいつも隣同士で寝ていたので、急にいなくなって寂しいので、この前ぬいぐるみを買ってきて、枕をしてあげて、私の隣で寝かせています。寝顔が何か、ももちゃんと似ているので、頭をなでて「良い子ね」と言ったり、抱きしめたり、赤ちゃんを抱くような抱き方をしたりして、癒されています。名前をももちゃんと付けて、横向くと、こっちを見ている向きに寝かせます。少し、ももちゃんと要る様な嬉しい気持ちになれました。 でも本物の、ももちゃんと会いたいです。絶対に会えると信じています。
はちみつママ (2015-8-18 2:15 )
お盆が終わりました。皆さん本当にお疲れ様でした。逆縁のお盆なんて納得が行かず、かーりーさんが言われたように先祖って言葉を含め、私も苦しい違和感が山ほどでシンドイです。けれど数はもう少ないけどお参りもあり、子供の為にすべきことはしなくては・・という板挟みで・・日頃片づけも出来ない私なので気持ちを上げての準備も一苦労・・今年も色々あって、沢山泣き、また嫌なことを言われ自分が我慢しきれず喧嘩もあり・・すごく疲れました。

ももちゃんさん、なかなか返信できずにすみません。辛く忙しいお盆の最中、ももちゃんさんの書き込みを見るたび自分の状況に似ているようで・・すごく共感できるし、何より、温かいお声かけに癒されてました。有難うございました。

うちの夫もすごく短気で、怒り出すと止まらず・・息子が元気な頃も何度も離婚、自殺も考えてました。息子の発達障碍やその他にも問題が山積で思いつめた時期がありましたから・・寒空の下、裸足でマンションの手すりに駆け寄り、泣きながら下を見下ろしてたこともあります。

でも幸いに学校の先生方に恵まれ・・優しい健常のお友達たちの支えで息子も成長し、本人の楽しみと希望が一杯あったので・・何とか私が頑張らなくてはと、そして、苦しくても、息子の笑顔と可愛い寝顔が観れたらそれで幸せだったから・・何とか頑張って来れたんです。それなのに・・本当に悔しいし、空しい。息子と完璧に離れてるって認めたら、たぶん本当に発狂するし生きてはいられません。だからこそ・・いえ、他の本当に不思議な色々なことがあって、息子の魂は傍に居て私が本当に道を外さぬよう、必死で応援してくれてるように思ってます。

ももちゃんさん、娘さんに似ているぬいぐるみさんが見つかって良かったですね。実は私もぬいぐるみと寝ているんですよ~。
うちのは息子が小さい時から一緒に遊んでたぬいぐるみ(しまじろうって分かりますかね?)なので顔は似てないんですけど・・息子よ、ここに入ってねって心の中で念じて、隣に寝かせるんです。

うちは男の子だし小2から子供部屋のベッドで1人で寝させてたんですが、夜中、目が覚めると私の布団に必ずもぐりこんで来て・・可愛いなと思いつつ心を鬼にしベッドに戻りなさいって言っても言う事を聞かず覚醒しそうな時は腕枕で添い寝し、おでこをさすったりして・・眠ったら抱っこしてベッドに戻したりしてましたね。

脳腫瘍になってからは息子のベッドの隣の床に布団を敷いて・・私の布団に入って来たらもう拒むことなく抱きしめていました。息子の不安な気持ちが分かったし、何より、私自身が息子を失うのが怖くて・・ずっと抱きしめていたかった。。。

だから、息子の旅立ちの次の日から、隣にぬいぐるみを寝かせるのは当然の流れでした。H君、この中に入ってねって。そしたら、本当に夢で、一度だけですが、隣のしまちゃんがハッキリと息子の声で喋るのを聞きました。そういえば、それは、昨年のお盆の初日でした。突然だったので驚いて目が覚め、夢だったと・・でも、すごくリアルで・・本当に息子が居ると思えて、嬉しかったです。

ぬいぐるみ、私も赤ちゃんのように抱っこして頭をなでてますよ~。色々思って涙も出るけど、何もしないより、ずっと癒されます。

きっと、ももちゃんも、お母さんが見つけたぬいぐるみさんの中に入って、お母さんとのスキンシップを楽しんでいるのでは?何より、優しいお母さんの「慈しみ」の表情を見たら、嬉しいでしょうね。

本物の我が子の顔を見たい、抱きしめたい、それが叶わない苦しみは、やはり消えないけど・・ぬいぐるみだけでなく、色々なもの(お天気やふと耳にする曲)の中に子供の存在を感じる・・それも「大好きだよ」って表現の一つなのかな~と思います。

私はまだ「なんで?!」と泣いたり怒ったりの時間の方が多く、息子に心配かけてばかりですけど・・ああ、何とかまた一日が過ぎ、本物の息子に会える日が近くなったかな。長文、すみませんでした。

ももちゃん (2015-8-19 22:52 )
はちみつママ様へ
いつもいつも、心のこもった御返事を有難う御座います。旦那様も短気なんですね。家はよく、ももちゃんが小さい頃から、気に食わない事があると、私に暴力をふっていました。ももちゃんも見ていました。だから、早くこの家から出て行きたいと言っていました。「私が高校を卒業して、働くからね」と、今年の3月の卒業の頃いつも言っていました。私も二人の生活を楽しみにしていました。仕事が慣れて来たら、お金もらったら出て行こうと約束していたのに、2週間しか働かないで、突然、脳内出血で倒れて、いなくなって、私は一人ぼっちになっちゃいました。もうこの家から出ていかれません。怖くて主人にいえません。逆らえません。
主人に責められると、ももちゃんももちゃんと、台所で主人に分からない様に泣いてしまいます。昔はももちゃんと一緒に泣いたなあと、胸が苦しくなります。
先ほどテレビで、珍百景の番組で滑り台が出て来て、良くももちゃんと滑り台を一緒に滑ったなあと思い出して、急に涙がこみあげて来て、でも、今日は、はちみつママ様からの御投稿を昨日から分かっていましたので、読ませて頂くのをとても楽しみにしていました。救われました。有難う御座いました。ももちゃんとは本当に良く滑り台をいましたので、去年まで、あちこちの滑り台を二人で、べったりくっついて、おしりがかゆくなるまで、大声を出して笑っていました。今も泣けて泣けて、手でぬぐいながらうっています。はちみつママ様に読んで貰ってうれしいです。テレビは良い時もありますが、子供が映っていたり、思い出の場所が映ると、もうだめですね。 つくずく、親は子供を失ってはいけないんだなあと思います。子供を失っていない人が羨ましいです。世の中にこれ以上の苦しみはこの世にないと思います。はちみつママ様も辛いですよね。苦しみは一緒ですよね。私は日に日に悲しみが大きくなります。今朝は体が震えました。自分でも恐怖心でした。それくらい悲しいんです。毎日ため息ばっかり出ます。
はちみつママ様 苦しくなったら、いつでも御投稿下さい。私は投稿して頂くのが大好きなんです。私と同じだあと思って元気が出たり、癒されたり、辛かったんだろうなあと、思うと、気持ちが分かる事が又、なんて言うか私一人ではないんだなあと安心感が出て来ます。私もいつもいつも、ももちゃんが頭から離れず、波の様に強弱に苦しさが襲って来ます。毎日です。4か月たちますが、まだどれくらい続きますかね?日に日に増して来ています。助けてほしいです。
はちみつママ (2015-8-22 6:32 )
ももちゃん様
身体の震えは大丈夫ですか?眠れていますか?・・お住まいが近くだったらすぐに訪ねて行って抱きしめてあげたいなと思ってしまいます。
私も死後まもなくは息子の話をしたいのに、話をすると悲しすぎてパニックになって耳が聞こえなくなったり、とにかくげっそり痩せてフラフラし何が何だか分からない状態でした。それでも百箇日までは息子がお世話になった方々への挨拶やお礼などでまだシャンとしてたのに、そういうのが終わった頃・・やはり4か月目くらいですかね・・子供を育てることが人生の全てだった私には何もすることが残ってなくて、自殺を一番強く考えてたのは、その頃だったかもしれません。
心療内科や様々な相談所に行き、そこに行けば解決ということは勿論ないですが、何か予定があるというだけでも少しは気持ちにハリができました。息子のことだけでなく夫のことや愚痴を沢山聞いてもらって・・。そこでまた子供を亡くした親の会等のことを教えてもらったりして・・。行っても一人っ子の親は私だけで凄く寂しいし複雑な思いにもなりますが・・。突然死の方もかなりおられます。事故や自死の方もおられます。
ももちゃんさんのお住まいの近くにもあると良いのですが。本当に近くだったら何より私が駆けつけて差し上げたいんですけどね。

買い物に行くと、幸せそうな親子連れが羨ましくて・・知ってる人に会うのも疲れるので私は今も夜に行ってます。

日々、良かったり悪かったり。昨日の朝は「やっぱりH君がいなくなってしまってた!」と気づいてウワーと大泣きする夢でした。前は本当に泣きわめく自分の声で目が覚めたけど、今回は自分は泣いてなくて少し驚く程でした。年数が経つと泣く回数は減るけれど寂しさは増して行くような感じです。

テレビも息子のメッセージを受け取れる時もあるし、自分だけが辛いんじゃない、自分も何か出来ることをしなくちゃと感じる報道があったり、でもやはりすごく羨ましくなったり、息子との思い出を思ってすごく辛くなったり色々です。今日も脳腫瘍のドラマがあるみたいだけど見るかどうか迷います・・。

私だけでなく、ももちゃんさんの投稿を見て共感したり心を寄せてる方がいらっしゃると思います。私も鬱がひどくなったりすると投稿もなかなか出来ないのですが、投稿しない時も、ももちゃんのこと、ママさんのこと、ほかの皆さんのことも忘れていませんからね。いつもいつも有難うございます。

皆さんと私の心に降る沢山の雨が優しい花を咲かせる日が多くありますよう・・。

ももちゃん (2015-8-23 0:47 )
はちみつママ様 へ
心暖まる御投稿をいつもいつも大変に有難う御座います。物凄く参考になります。私は4か月たちますが、段々と悲しみが最初の頃より増して来ます。でも、はちみつママ様に気持ちを分かって頂けて、はちみつママ様も同じだったと伺い安心しました。
私も鬱ですね。寝るのも、毎日の生活もやっとです。お風呂はかびが生えて来ました。朝が辛くて起きれませんね。
私の事を心配して頂いて本当に有難う御座います。今も昼間、知っている人に会うのが怖くて、夜のお使いになりました。
でも、お店に長くても10分位しかドキドキしていられません。常に情緒不安定です。あ~ももちゃんに会いたい、声が聴きたい、笑いたい、抱きしめたい、もう書ききれないです。まさか自分が子供を失うなんて考えるだけでも、恐ろしいです。受け入れられません。
はちみつママ様良い子はいなくなってしまうんですね。毎日ため息ばかりです。はちみつママ様、辛くなったら、私もいつでも辛いので、いつでもメール下さい、私もすぐに共感して、私も癒されるので、是非宜しくお願いします。
ゲスト (2015-8-24 16:51 )
皆さん優しいですね。
私もはちみつママさんの息子さんと一緒で脳腫瘍でした。
闘病中の辛さは今思えば私の場合娘からもらった大切な時間でした。朝から晩まで一日も離れることはありませんでした。
もちろん辛い闘病生活ではありましたが娘に依存していたのは私も一緒でしたからいてくれるだけで今思えば幸せでした。これ以上のことを考えると娘の辛さやその時の笑顔を思い出すのでやはりとても辛くなります。娘が天使になってまだ2か月です。薬がないと生活もままなりません。というか苦しいのです。私の場合はそんな時間がありましたが突然だと本当に苦しさは憤りは悔しさは同じでもまた違う苦しさがあるのではないでしょうか?
辛いですよね。はちみつママさんではないですがお互い抱きしめあって思い切り泣きたいですね。一人で泣くより一緒のほうが苦しさをわかちあえるから。
優しい娘さん、誇りに思える娘さんですものね。
ここで、投稿されていらっしゃるママさんたちのお子様はすべてとても優しくて立派で、だから早くに向こうに帰ってしまうそうです。向こうにいけば子供たちはとても幸せになれるそうです。
残された私たちを心配するそんな優しい子たちだからこそ私たちは何とかそんな子供たちのために何かできないか考えていかなければいけないと考えるようになりました。もちろん薬だけでは涙を抑えることも苦しくなることも抑えることはできませんが、私たちはあの子たちの母親ですからどこにいってもあの子たちは私たちの大切な愛しい子供たちですから子供たちのために何ができるか、たくさんあるはずです。私は飾りつけをしました。向こうで出来たお友達に自慢できるように可愛く可愛くあの子の好きなものであの子の周りを飾ってあげました。何をしたらあの子たちが喜んでくれるのか、もし、何かあったらどなたか私にもまた教えてくださいね。
一心不乱に子供のために何かに没頭するとその間は苦しさも和らぎますよ。
それは娘のためと思えるから。
結局は自分を守っているだけかもしれませんがそれでも娘は喜んでくれると信じています。
るる (2015-8-24 21:57 )
こんばんは。
頑張って生きるためになるべくここを見ないように見ないようにしてみたのですが、息子が旅立った夏にはそれができませんでした。
昨年の7月に一人息子が18歳5カ月で脳幹部神経膠腫で旅立ちました。ももちゃんさまは突然のことということでそのお気持ちはいかばかりかと思います。
旅立った直後はさまざまなことをこなさなければならなかったのであっという間に過ぎましたが、数か月経ってからの方がずっとずっとつらかったです。知り合いに会うのもつらく、人に会うのも嫌でしたし、ただ道を歩いているだけで何故ここにあの子だけがいないのだろう?何故あそこにいる子どもじゃなくてウチのあんないい子が?と思い、涙がいきなりこみ上げる毎日でした。
それと矛盾するように、「ただいま!」と、夏合宿から明日にでも帰ってくるような気が、一周忌を過ぎた今でもしています。

みなさまがおっしゃるように、私も子どもを亡くした親の会にこの一年でいくつか参加しました。ティーンエイジャーで亡くされた方、一人っ子を亡くされた方、色々な方のお話する機会があり、つらい気持ちを共有できたことは本当にありがたかったです。

つらい気持ちはなくなることはないと思います。でも私は、遺族外来に通われているという方から「自分の子どもを亡くしたことを乗り越えられる人を私は知りません」とドクターから言われたというお話を聞き、言葉の選び方が悪いとは思いますが、肩の力が抜けました。
ずっとずっと悲しんでいていいんだ、つらいと思っているのはおかしいことではないのだと。

私はもう違う世界に入ってしまって、そこでダメダメで時を過ごしていってもいいのだ、頑張らなくていいのだと思うと少し楽でした。

みなさま、お盆は本当にいろいろ思うところがありますね。春は春で、ハロウィンやクリスマス、それから年末もそれぞれに辛さばかりが募ります。本当に辛いときに、ここで皆様と気持ちをシェアできることは心の支えです。

ももちゃん (2015-8-24 23:21 )
るる 様へ
こんばんは、初めまして、私も18歳の一人娘を今年の4月に亡くしました。初めの頃よりも、今の方が全然悲しみが大きいです。もう気が狂う程です。 るる様が教えて頂きました、「乗り越えた人ほいない」と言う言葉、私も納得できました。とても良かったです。私だけがこんなに苦しんじゃないと、安心出来ました。無理しないで、頑張らないで、苦しみの中で何とか生きて行くことが、本当はどれだけ頑張っていることか、良く分かりました。有難う御座いました。 私も毎日泣いて泣いて、胸が苦しく、これは同じ様な体験をした人しか分からないとおもいます。 「いつまでも悲しんでいたらももちゃんも悲しむよ」とか「元気にならないとね」なんて言われるのが、一番嫌です。そんな事十分に分かっています。でも、体にきてしまい、立ち直れないんですよね、受け入れられない事が、他の人には、分かってもらえなくて、それも悩みで、人に会うのが嫌で、引きこもり状態です。子供を亡くす程辛い事はこの世にないと思います。地獄の苦しみです。まだ、会える気がしてしまいます。でもいいんですね、これで。受け入れたくないんです、余計に悲しくなるから。会いたい、もう一度抱きしめたい、笑いたい、いっそう死んでしまった方が楽かな、と何度も思いました。でも、ももちゃんに会えないと思いとどまっています。皆さんも同じ様な気持ちになった事がありますよね。それくらい辛いです。

ナオ (2015-8-7 23:49 )
苦しいですね。私も一昨年前に娘を亡くしました。19歳の誕生日前日でした。元気な子で風邪だと思い病院へ行って白血病だと診断されそのまま入院。これから治療という次の日に脳内出血で意識も戻らず6日後に亡くなりました。心の準備もなかったため私も泣くこともできず、夢を見ているような感じでした。葬儀が終わって3日後ぐらいから娘がいないという悲しみが襲ってきて、気が狂いそうな程苦しかったです。うちの主人も辛くなるからと私が泣いていると嫌がりました。閉じこもりの毎日が続き友人などは心配して外出に誘ってくれましたが娘の話をしても体験した者にしか分からないだろうと気が晴れることもありませんでした。ただ毎日一日を過ごすのがやっとですが、
ももちゃん (2015-8-10 22:33 )
ナオ 様へ
ご投稿有り難う御座いました。誰からもないだろうなあとあきらめて見てみましたら、投稿して頂きまして本当に嬉しかったです。御返事が遅くなってすいませんでした。ナオ様の娘様も脳内出血だったのですね。急にですから、受け入れられませんよね。私も毎日毎日思い出さない日はないです。思い出さないというか、娘との思い出が頭から離れず、料理をしても、洗濯物を干しても、食べている時も、片時も娘の笑顔、仕草、温もり、冗談言ってお腹を抱えて笑っていたこと、もういつも頭から離れず、たまにもの凄く強く鮮明に思い出して、苦しく悲しくなります。友人達と喋っていても最初はどうにか会話ができますが、疲れて来てしまい私のこの気持ちを吐き出したいのですが、重くなってしまうと思い話せません。私も泣いてしまうので、話せません。段々私の性格まで暗くなった様に感じます。こうして辛さを分かち合う時が一番癒されます。ナオ様はどうですかね。 昼間は働いていらっしゃるのですか?私はぼーっとしています。引きこもりです。外に出る力がありません。夜も眠剤を飲んでいますが、眠れず、かといって昼間も興奮して情緒不安定で眠れず、ぼーっとして一日を過ごしています。又、投稿して下さい。何かしている方が安心します。娘の事を話す時が一番嬉しいですし、他の事は疲れて話せないので、人と会う気持ちになれないのです。歳も同じ位で、ナオ様とも娘様は仲がよろしかったのですか?色々教えて下さい。宜しくお願いします。
remon (2015-8-10 22:59 )
つらいですよね。私の娘も突然逝ってしまいました。旅先の異国の地でした。突然死
21歳だったのに突然死だなんて・・・
まだ信じられません。もう2年もたつのに夫には話すこともできず、ただ一人毎日家に閉じこもる日々です。仕事もやめてしまいました。お酒の量だけが増えていきます。
笑うことも出かけることもできなくて・・・
未来もなく希望もないのになんで生きているのでしょうね。
毎日毎日娘の所に逝きたいそればかり考えています
ももちゃん (2015-8-11 22:34 )
remon様 へ
御投稿をして頂きまして本当に誠に有難う御座いました。私の娘も18歳で、今年高校を卒業して、2週間働いて、「ママに1万円あげるからね」と言ってくれていたのに、初任給をもらわないで、朝まで元気で、旧友と会いに、「行ってらっしゃい」と送り出して、その1時間間後に、脳内出血で倒れて、今晩がやまです、なんて言われても、涙もでませんでした。受け入れられませんでした。 葬儀も泣かないのに、受け入れられなかったんですね。 その方が後が大変だと言うことをしみじみ感じました。主人は葬儀の時は涙を流しながら挨拶をして、皆さんもつられて一緒に泣いてくれていたのですが、私は不思議にも涙一つ出ずに、皆さんは私の方を見て強いなあと思ったかもしれませんが、次の日から、もう大変でした。眠れない、食べれない、無気力状態、鬱状態、頭から離れず、気が狂うほどでした。主人の方が次の日から仕事に行って、ももちやんの話しは機嫌が悪くなるので次の日から離せず、私は余計に頭がおかしくなりそうでした。ぐーっと一人でこらえていました。「苦しい苦しい」と、昼間誰もいない時に叫んでいます。毎日です。もう4か月も毎日です。どんどん悲しみが増して来ます。早くももちゃんに会いたいです。remon様も昼間は何をしていらっしゃるのですか?やはりお仕事は思い出してしまうのと体にきてしまうのとで辞めてしまったのですか? 私も仕事は無理だなあと思います。いつも娘が頭から離れず、情緒不安定では余計に体にきてしまうだろうと思うからです。でも、昼間一人でいると強く思い出して、辛いです。今の私はどうすればいいでしょうかね?remon様何かお力をお願いします。助けて下さい。
remon (2015-8-12 2:10 )
ももちゃんさんへ
助けてあげられたらどんなにいいか・・・
高校を卒業したばかりだなんて、つらくいでしょうね。
私が仕事に出かけるとき「気をつけて言ってきてね」と娘の背中に言ったのが最後。
その後はメールを何通か・・・
そして突然の訃報。
間違いを信じて飛行機に乗りました。
私が目にしたのはストレッチャーの上に横たわった、冷たい娘。
悪夢です。
ドクターの言っていることさえ、言葉がわからなくて・・・
あの日から私の時計は止まったままです。
仕事もできず、何をしてもすぐに娘を思い出して涙がとまりません。2年もたったのだからと言われ、いつまでも泣いていないでとも言われます。
なぜ、元気だった娘が不整脈で亡くならなければいけないのでしょう。なぜ、私が代わってあげられないのでしょうか?
同じ年頃の娘さんを見ると、何で娘だったのだろうか?
みんな元気に未来を語っているのに、なぜ娘はいないのだろうか・・・
写真の娘は笑っているだけ
何を話しかけても答えてくれないのです。
なぜ娘がいないのだろう?
答えの出ないことが頭の中でぐるぐる回っています。誰にも娘のことを話すことができないってつらいですよね
私も一人ぼっちで誰にも話せずに一日中家にいます。話すのは娘だけ
ももちゃん (2015-8-12 22:51 )
remon様へ
御投稿有難う御座います。そばにremon様がいましたら、抱きしめてあげたいぐらいです。一緒に泣きたいくらいです。私も今日一日不安定で、悲しくて、日航機のテレビばかり見て、共感していました。今までとは見方が変わりました。こんなに真剣に見た年はありません。御遺族の事を思うと良く30年も生きていられたなあと凄いと思いました。今までこんな事思った事ありませんでした。
子供が急にいなくなるなんてあまりに残酷過ぎて、たとえようがありません。いない事が苦しくて、いつも頭から離れず、思い出してしまうばかりです。動き過ぎると疲れて胸が苦しくなり、横になって休むと、娘を恋しくなりそれも辛くて、本当になんでいないんだろうと悔しくなります。腹立たしくなります。まだいない事に受け入れられません。遺影を見るのも辛いです。本当に娘は親友であり、親の様であり、恋人の様な存在でした。私のすべてでした。今もどうしていいか分かりません。remon様、物凄く津波の様に悲しみが襲って来るときがあります。remon様もありますか?その時はどうしていますか?私は口を手で抑えて近所に聞こえない様に大声で娘の名前をさけんでいます。でも、寂しさは消えません。会いたいです。もう辛すぎますね。

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ