拡張型心筋症:3歳の息子を亡くしました

子どもを亡くした天使のママ はじめての投稿

ひろ (2014-5-13 22:15 )
7月に1周忌を迎えます。
筋肉の病気と拡張型心筋症を持つ3歳の息子でした。みなさんのお話読ませていただきました。まわりの元気な子を見るとかわいいと思いつつ我が子のことが頭をめぐり寂しくなってしまいます。東日本大震災が金曜日で日曜日の夜に入院しました。余震が来るたびに呼吸機と点滴を握りしめ、地震に耐えたこと。心不全を繰り返し、入院と水分管理と経管栄養で美味しいものもあげれなかったこと。口が乾いて、濡れタオルで口を湿らせ続けたこと。在宅になっても呼吸機とパルスオキシメーターをベビーカーに載せて出かけたこと。そして、家で急な心停止。泣きながら救急車を迎えに外に飛び出したこと。40分の心停止で奇跡的に心臓が動き出したこと。5日後また心停止、目の前での心臓マッサージ、忘れません。そして頑張って戻ってきてくれた息子と止まるまで一緒にいました。
みなさんの気持ち痛いほどよく分かります。死にたいけど、息子が僕のお母さんをお空で見てくれているはず。あんなに痛いことをされてもなお、お友達に優しかった子。息子がお空で自慢出来るように頑張ります。
でも、前にはまだ進めません。
亡くなってもまだ母の中では生き続けています。みなさんのこと応援しています。
とろサーモン (2014-5-14 14:41 )
ひろさん、はじめまして。
きっと涙しながらご投稿されたことだとお察しします。
私は息子を亡くしてもう少しで3回目の命日がやってきます。
一年経とうが、この先どれだけ時が過ぎようが、
心は苦しく痛いのですね。

この悲しみと共に私達は生きて行かなければならないなんて、
ホントに辛い……。
昨日は日中一人の時間はずっと泣いていました。
そんな日があっても、また今日、こうして生きている。

立ち止まって、後ろ向いて、時々前向いて……。
時間の流れがすごくゆっくりに感じます。

ひろ (2014-5-14 19:10 )
とろサーモンさん
ありがとうございます。何年経とうがずっと続いていく悲しみですよね。

私も息子に負けてはいられないですよね。一生懸命に生きた息子を誇りに思います。亡くなってもまだ母の生きる支えです。息子にしてあげれること、しっかりしてあげたいです。まずは1周忌。

ゴールデンウイークで夫の実家に行き、僕の位牌を抱きしめました。母の温もり届いたかな。先祖代々のお墓にいるので、今は離れていますが、きっと心は届いていると願っています。

後ろ向いて前を向いて、本当にそうですよね。今はそれでいいんですよね。今はお外では泣けなくなりました。
写真を抱いては触れることが出来ない抱きしめることが出来ない辛さが押し寄せています。
お話聞けて良かったです、頑張ります。
うん、うん、見ていてね、息子よ。母も頑張るよ。

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ