娘を生後2ヶ月で亡くしました

子どもを亡くした天使のママ はじめての投稿

怜ママ (2011-3-28 17:10 )
また投稿させていただきます、先月大切な娘を生後2ヶ月で亡くしました。
一生忘れる事無い とても悲しい出来事で死にたい…と思ってしまう事もありましたが 悲しいのは私だけじゃないんだ…そう思いながら一日一日頑張って生きていこうと思っています。
ただ…やはり受け入れるのには残酷すぎて受け入れるのに時間がかかりそうです。

私は今、娘の生まれ変わりを少しだけ信じています。
何かメッセージがあったのなら…今度こそ…と思ってくれたとしたら…?又私の元に還ってきてくれるのかな?…と。
みなさんも悲しい辛い思いをされてると思います。
亡くした子供の月齢や年齢での悲しみははかるものではありませんが 産まれてすぐの娘を亡くした私でもこんなに辛いのですから、家族で楽しく日々を過ごされ会話も出来、成長されて思い出が増えれば増えるだけ悲しみの度合いは増す事だと思います。

私は娘の生まれ変わりを信じて もう一度だけ赤ちゃんを産むのは娘に対してひどい事なのかな…失礼な事なのかな…と最近とても考えてしまいます。

私の母は何か意味があって短い命ながら私達に顔を見てもらいたくて、何かを伝えたくて産まれてきたんだよ…と言います。
そして生まれ変わりを信じてもう一度赤ちゃんを作ってみたら?と…。
まだ娘を亡くしたばかりでその気にはなれませんが、もう少し時間が経てばそんな事を考えてる自分が居るのかな…とも思ったりします。でも娘が可哀相かな?と思えたりもします。

私が泣いてばかりいるのを娘さんは望んでいないよ!と周りの人達に言われ前向きになろうと頑張っている所です。
でも、その前向きな考えを次の赤ちゃんに結びつけてしまうのはひどいですよね。
亡くした娘を忘れる事は一生ありません。でもきっと死にたく無かった、病気に負け悔しい思いをした娘の敵をどうやってとってやるべきなのかも今すごく考えてしまいます。
こんな風に思う私はヒドイ母親なのでしょうか。
そして年をとった私の父親が 本当に残念でならない、カワイイ洋服着せて散歩したかったなぁ、などとぼやく姿を見てると悪かったなぁ…と自分を責めたりもして…。
次のステップに気持ちを持っていくって難しいですね。

けーママ (2011-4-28 15:47 )
怜ママさん、お辛いですね。
私も今年2月に生まれたばかりの息子が、生後2ヵ月でお空に旅立ってしまいました。子どもを亡くしたばかりで、現実を受け止められません。
病気が憎いです。本当に本当に病気が憎いです。
私は、このどうしようもない気持ちを天使ママさんのブログを探しまくって、すがるように読んでいます。
今は誰とも会える気持ちになれず、親とでさえ、顔を合わせられません。
怜ママさんのお体心配です。どうかお体を大切にしてください。
怜ママ (2011-5-6 2:46 )
けーママさん、お返事有難うございます。
本当に病気が憎いですね…私も同じ気持ちです。なんで私の可愛い子供が?なんで死ななければならない運命なの?私が何をした?ずっとそればかり…時には丈夫に産めなかった自分を責めたりします。でもきっとけーママさんの可愛い赤ちゃんも私の怜も悲しみ落ち込んでばかりのママを見るのは辛いんじゃないかな?って思えたりもします。

この頃私の傍に怜が居る気がします。本で読んだのですが、子供はママが大好きだから天使になってもママにメッセージを送ったり、何かを伝えてくれるらしいです。今もずっと悲しみ苦しみ辛い毎日ですが、人をねたんだり恨んだりは、怜が嫌がるんだろうな…と自分に言い聞かせては、『ママ今日も泣かなかったでしょ?偉かったでしょ?』と怜の遺骨に話しかけてます。

けーママさん、お互いにすごく悲しいですが、一日一日を大切に生きて行きましょうね。せめて我が子をこの世で供養してあげないと。天使になった我が子でも一生懸命産んだ可愛い我が子ですから。優しく強い母親になれるよう頑張りましょうね。けーママさんもお体に気をつけて下さい。けーママさんと同じ気持ちの母親が、ここにも居ますから。

ゲスト (2011-5-6 10:57 )
怜ママさん、お返事ありがとうございます。しばらくは、息子の為に息子の為…と頑張ってきた私でしたが、昨日の子どもの日は息子にとって初節句だったのに、なぜお花やお供え物をしているのだろう…と悲しくなり、今朝も涙が止まらなくなっていました。

あの子は何も悪いことしてないのに、なぜ?あの子はさっき生まれてきてくれたばかりの赤ちゃんだったのに、なぜもう会えないの?あの子に会いたい、抱っこしたい、頭をなでたい、頬に触りたい…感情が溢れて、自分でもどうしたらいいか分からなくなっていました。

外出しても、男の子を見かける度に、複雑な気持ちになってしまいますし、赤ちゃんを避けてしまう自分がいます。すべて息子と重ねてしまう自分がいます…。その子は息子じゃないのに…可愛い息子は戻って来ないのに……。他の子は元気に育ってるのに、なぜ息子は天使になってしまったのだろう…と虚しい気持ちばかりです。

怜ママさんの投稿を読んで、本当に本当に救われました。怜ママさんは、怜ちゃんの為に気持ちを前向きにしておられるのですね。怜ママさんは本当に優しい方ですね。こんな私でも1人じゃないよ、と言ってもらえて、本当に救われました。
怜ママさん、食事や睡眠はとれてますか?お体心配です。

ゲスト (2011-5-6 11:47 )
けーママさん、 おはようございます。
私も同じですよ。けーママさんは男の子の色のベビーカーを見たくないのでは?私は怜が女の子だったから女の子色のベビーカーを見るだけで胸が苦しくなって見たくありません。つい最近も知らない赤ちゃんが私を見て微笑んだら 怜が生きてたらこれくらいなのかなぁ…って思ったりして涙ぐんだり。

でも私は我慢しないで泣きたい時は泣いてます。人に見られると変に思われるから下を向いて涙を思い切り落としてます(苦笑)泣くと少し気持ちがスッキリするような気がします。けーママさんとは偶然同じ時期に同じくらいの月齢で大切な我が子を亡くしてますね…。きっと我が子を亡くす瞬間や亡くしてからの気持ち、亡くしてから今日まで辿った日々…同じじゃなくても似た気持ちだと思います。

私も怜を抱っこしたい柔らかい顔に触りたい、もう一度手を握りたい気持ちでいっぱいです。私達がこんな風に思ってる分、けーママさんの息子さんも私の怜も同じ、ママ有難うねってお空で見ていると思うんです。だって子供はお母さんが大好きだから。私は怜が入院してた病院近くの道も通れずに居ます、その病院で産まれてから2ヶ月間入院していて一度も家に帰る事無く逝ってしまったので、きっとその病院を見るとまだ怜が入院しててスヤスヤ眠ってる気がして…。会える気がしてなりません。これが我が子の死を受け入れられてない私なんでしょうね。

けーママさん、私は元気なフリ?をしながら頑張ってますよ。2ヶ月経ってだいぶ食事も採れるようになりましたし怜の思い出話しが少しですが出来るようにもなりました。

気持ちの訓練?をしています。けーママさんの息子さんと怜も、お空で遊んでくれてたらいいな、って思います。きっと子供達は笑顔のお母さんが好きなんじゃないかな?って思ったりするので、お互いに起きてる時間の3分の1でも笑顔になっていけたらいいですね。

けーママ (2011-5-6 16:08 )
怜ママさん、ありがとうございます。今日は怜ママさんのおかげで、息子の前で笑顔でいることができました。気持ちって大切ですね。先ほどはゲスト投稿になってしまい、失礼しました。

息子も、転院しましたが一度もお家に帰って来ることなく、天使になりました。病院があの子の生まれた場所であり、生きた場所であり、すべてでした。私もやはり病院の近くには行けませんし、もしかしてまだ息子が病院にいるのではと、錯覚すら覚えていますが、小さな骨壺を見る度に、現実を突きつけられ、私があの子を健康に生んであげられなかったから、死なせてしまったんだと、自分を責める気持ちでいっぱいです。もっと面会に行ってあげればよかった、もっといっぱいお話してあげればよかった…後悔ばかりです。

生後すぐから、じっと見つめてくれる息子だったから、本当にすごく可愛いかったです。ようやく少し笑うような仕草も伺えるようになってきたころだったのに…。生後すぐの手術の影響で、声すら出すこともできなくなり、泣き声すら聞けませんでした。もっと声も聞きたかった…。

怜ちゃんと息子の境遇が似ていて、怜ママさんからたくさん励ましていただいています。深い悲しみの中におられるのに本当にありがとうございます。本当に息子の話ばかりで、後ろ向きな私ですみません。でも、息子が怜ちゃんと一緒に遊んでくれていたら嬉しいです。怜ちゃんは、こんな優しいママに出会えて幸せですね。私も怜ママさんに出会えて良かったです。

怜ママ (2011-5-6 20:05 )
けーママさんの息子さんと怜が余りに似た境遇でメールを読んで私もビックリしています。怜も産まれてすぐの手術で人工呼吸器が外せないままで私は怜の声を産声しか聞けてません…。普通の体ならば大声で泣き、おっぱいを飲んでスヤスヤ眠るはずだったのでしょうが怜は鼻からのミルク…お風呂にも入れず…面会に行っても生きた半分は麻酔で寝かされてた感じでした。

私も今でも骨壺に謝っていますよ…。怜ちゃん、何もしてあげれなくてゴメンね。って。けーママさんの気持ちは私と全く同じです。けーママさんの息子さんも病気と戦いながら優しいママの顔をしっかり見ていたと思いますよ。病気で産まれて来てもママに顔を覚えてもらう為に頑張って生きたのだと思います。

怜もお腹の中で死んでしまう確率が半分もあったのに、私に顔をちゃんと見せてくれて何度か笑ったり、声は出ないものの泣いたり…ほんの少しの間ですが私を幸せにしてくれたんです。けーママさんの息子さんも短い命ながら懸命に生きて、わずかながらけーママさんに幸せをプレゼントしてくれたんだと私は思いますよ。

息子さんは、ずっとずっとけーママさんの中に生き続けるはずです、特に男の子はママが大好きだと聞きましたから。恐ろしい程の悲しい出来事で自分を責めたり泣いたりの繰り返しですが、お互いに少しずつ少しずつでも元気になり、いつか空の上で我が子に会える時には沢山抱っこしてあげましょうね。

私は毎日怜を感じながら過ごしています、生きている子供と同じように仏壇には使うはずだった哺乳瓶にミルクを入れて…怜おはよう!今日は良い天気だね~、暖かくなったね~って。触れる事も出来ず声も聞けませんが、怜がいつも私の傍にいるような気がします。けーママさんの息子さんもママの傍に居るように思います。

けーママさんの息子さんや、怜が、ママ!同じ気持ちのお母さんがここにも居るんだよ、ママだけじゃないから頑張って!って私達を引き合わせてくれたのかな?とも思えたりします。私もまだまだ泣いてばかりの弱虫お母さんです。一緒に一歩ずつ前向きに過ごす練習していきましょうね。

けーママ (2011-5-7 15:09 )
こちらの今日は、とても暖かくていいお天気です。
怜ちゃんと息子が一緒に遊んでいたらいいな。うちはお仏壇がないので今日、息子のお仏壇を買いました。なんでだろうと虚しい気持ちですが、息子のお部屋だと思い、ちゃんと向き合いました。うちもミルクをお供えしています。生きていたら3ヵ月でした。そう思うととてつもなく悲しい思いになってしまいます。

息子と怜ちゃん、似てますね。息子も鼻からのミルクでした。病院のアラームが子守歌だったのかなと思うと、涙が出ます。生まれてから、ずっと心電図や点滴などに繋がれた息子。自由がなくて、本当にごめんねという気持ちでいっぱいです。私ができるのは、搾乳した母乳を持っていくこと…。

息子の場合、生まれてから病気が分かり、転院先で、生後数時間で亡くなっていたかもしれない、本当に幸運な子だと医者から言われ、生きていてくれて本当に良かったと思いましたが、妊娠したら健康に生まれ育つのが当たり前だと思っていたので、本当に本当に地獄に突き落とされた様でした。

突然、最後の瞬間を思い出してしまうことがあります。絶対に忘れることができないし、時間が解決してくれることもないでしょう。この気持ちとどう向き合っていったら良いか、分かりません。

息子を亡くしてすぐにこのサイトに出会いましたが、なかなか投稿するまでにはなれませんでした。でも怜ちゃんと息子が引き合わせてくれた縁なのですね。こんな私ですが、またお話していただけたら嬉しいです。気持ちの整理がつかず、支離滅裂な文になってしまい、失礼いたしました。同じ気持ちの方とお話できて、本当に救われます。

怜ママ (2011-6-18 10:20 )
こんばんは。元気出して…なんて言えませんが、泣かないで下さいね。って今日は私が泣いてしまってますが…。けーママさんの文章を読んでいて私も怜が亡くなった時の、まさにその一番辛かった時間を思いだして涙しちゃいました(苦笑)ほんとに亡くなるまでの経過までがよく似た境遇で自分の事に置き換えてしまいます…。

怜の方が少しお姉ちゃんなんですね、うちは去年の12月20日産まれでしたから。このサイトを見つけて 私も救われましたよ。皆さん辛いんだって…自分一人じゃないんだって……。

けーママさんと知り合えたし、私も、けーママさんに励ましてもらっていますよ。これからもとてつもなく辛くなったら お話を聞かせて下さいね、私も悲しくて悲しくてどうしようもなくなったら この場所に来ます。って毎日元気なフリしてるだけで辛いですが……。

でも頑張りますよ!悲しみに負けないつもりです、怜だって小さな体で病気と闘ったんですもんね。けーママさん、お仏壇買ったんですね、それもまた現実に引き戻され悲しい気持ちになりますが、大好きな息子さんにいっぱいいっぱい話しかけて下さいね。喜ぶと思います!そして、けーママさん、お体大切にお過ごし下さい。

けーママ (2011-6-18 10:35 )
怜ママさん、私が投稿した文章でお辛い思いを思い出させてしまって、本当に本当にごめんなさい。きっと、この投稿を見られた方の中にも、悲しい思いを思い出された方がおられたら、本当にごめんなさい。

息子は2月生まれでしたから、怜ちゃんと同級生ですね。きっと怜ちゃんと同じ時間を地上で過ごしていた時があったんじゃないかなと思うと、とても親しみを感じます。こうやって、怜ママさんとやりとりさせてもらったり、天使ママさん達のブログを見させてもらっていると、1人じゃないと感じられる反面、携帯やパソコンをいじってる自分が、現実逃避しているように思えて、息子に申し訳なく感じています。

近ごろ、顔や体にできものができるようになりました。もしかして、息子が発してるサインでは?お空に行けずお家も分からず、迷子になっているのでは?病院で過ごしたことしかないから、もしかして病院がお家だと思ってないか心配でなりません。

ご存知かもしれませんが、今日、秋田県で生後1~2日の赤ちゃんが、公園に置き去りにされてるニュースを聞きました。どんな理由があったとしても、命は本当に奇跡で尊いということを、その方のお母さんに伝えたいです。生きたくても生きられなかった子がいることを知ってほしい。私達は病気などで大事な子どもの未来を奪われてしまったのに、親が子ども未来を奪うような事をしないでほしいと思います。幸い、赤ちゃんは無事だそうです。良かったです。

怜ママさん、私の方こそたくさん励ましていただいてありがとうございます。怜ママさんとお話させていただいて、どれだけ気持ちが落ち着いたことか…、ありがとうございます。また投稿欄や、良かったらプライベートメッセージなどで、お話させてください。
深い悲しみの中で、もがきながら生きています。

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ