一人息子が神経芽腫で天使になりました

子どもを亡くした天使のママ はじめての投稿

かあち (2007-9-30 22:15 )
初めまして、かあちと言います。
今年の五月十七日に一人息子が神経芽腫で天使になりました。
あと一歩の所での急死でした。
毎日、やりきれない気持ちでいっぱいです。
皆様のお話を色々お聞きしたいです。
どうかよろしくお願いします。
はちひめ (2007-10-1 17:00 )
かあちさん、はじめまして。

はちひめと申します。

昨年5歳の娘を神経芽腫で亡くしました。
娘は年齢も高かったし、発症した時点で相当進んでいたので
あっという間でしたが・・・
辛い治療の効果があってあと一歩だったなら
また違う悔しさもおありでしょう。

病気が同じで、私が兵庫県出身で、
ご命日が(すみません)私の誕生日なので
縁を感じて書込みしました。

私はこの一年、このサイトにとても助けられました。
かあちさんにも安らぎの場になるとよいなと思います。

かあち (2007-10-1 18:22 )

はちひめさん、はじめまして。
娘さんが一緒の病気で亡くなり、はちひめさんのお誕生日と
出身地が一緒だなんて、ほんと縁を感じますね。
息子は3歳10ヶ月で亡くなりました。
7月7日が4歳の誕生日でその頃には、退院してお家でお祝いを
する予定だったのに・・・・
今は何もする気がおこらずただ生きてるって感じです。
こんな私ですかよろしくお願いします。

cha_wanny (2007-11-13 15:14 )
かあちさん、はじめまして。
(というかこのサイトへの書き込みが初めてです。皆様はじめまして。)

私も一人息子を神経芽腫で亡くしました。2才一ヶ月でした。
命日は今年の4月17日で、命日が一ヶ月違いでなんとなく親近感を感じて思わず返信してしまいました。

「Stage4で、難しい状態」と言われてから一年。
化学療法も手術も上手く行き、大量化学療法&自家骨髄移植も上手くいって退院。
保育園にも通い始めた直後の、突然の死でした。

解剖したところ脳に再発が見つかりましたが、私も夫も医師でさえも再発なんて疑っていなかったので、愕然としてしまいました。
(プレドニンの服用で症状が出にくい状態にあったと説明を受けました。)

1年近く闘病を頑張って、ようやく普通の生活に戻れると思った矢先の出来事。

精神科の医師や心理カウンセラーによると、病死とはいえ、このような場合は「突然やってきた死」ということで、事故死や突然死と同じくらい心理的ダメージを受けるそうです。

かあちさんも「あと一歩のところで」と書かれているので、きっと私と同じように納得のいかない気持ちで日々過ごしておられるのかと想像してしました。

一人っ子を亡くすと、生活が激変してしまいますよね。

私はこーゆー辛さをごまかしながら、ブログをやったりして過ごしています。

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ