脳腫瘍(AT/RT):誕生日に息子を亡くしました

子どもを亡くした天使のママ はじめての投稿

星 (2016-2-1 17:07 )
初めまして。
昨年秋に突然息子の元気がなくなり病院に連れて行ったところ、脳腫瘍(AT/RT)が発覚しました。
即入院となり緊急手術も受けたのですが、入院から(病気発覚から)僅か5日後に天使となってしまいました。そしてその日は息子の1歳のお誕生日でした。

もうすぐ3回目の月命日です。
同じくらいの男の子を見ると、切なくて悲しくて…、苦しいです。
色んな想いが巡ってしまいます。これは、一生続くんだと思うと、辛いです。

息子には1ヶ月違いのいとこがいて、その子のお誕生日のビデオを見たときは、その時は平気だと思っていたのですが、だんだん時間が経つにつれて物凄く落ち込んできました。
息子が1歳のお誕生日を意識がない状態でも迎えられたことは、とても嬉しく思っていました。
ですが、いとこの子の幸せに溢れた誕生日お祝いのビデオに当たり前ですがあまりの違いに気持ちがどん底に落ちてしまいました。

とは言え、いとこも大事な子供だから、きちんと可愛がってあげたい気持ちはあります。でも、まだしばらくは難しいと感じました。

健康な体に産んであげられなくなくて、そしてたった一人で見知らぬ世界に旅立たせることになってしまい、息子に申し訳ない気持ちでいっぱいです。でも、すごく息子に会いたいです。

akiyu (2016-2-2 10:29 )
星さん、はじめまして。
1歳1ヶ月の次男を約2年半前に神経芽細胞腫という小児ガンで亡くしたakiyuです。久しぶりに投稿します。
1歳の男のお子さんを亡くされたのですね。その上お誕生日だったなんてつらすぎます。

いとこのお子さんのビデオ、おつらいと思います。よくわかります。私も友人の子供が同じ年で男の子なのですが、成長ぶりをみる度に生きていたら今頃このくらいに育っていて元気に走り回っていたんだろうな。。。と思うとつらくて仕方がないです。1歳で時が止まっていて成長した姿が想像できないので余計に悲しくなります。

子供に会いたいという気持ちは2年半経っても変わりません。この先ずっと会いたいと思い続けていると思います。

実は、今日はうちの子が闘病生活中にとても仲良くしてくれていたお友達の命日です。天国で仲良く一緒に遊んでいるかな・・・。やっぱり天使を亡くした私達は天使のもとに行きたいなあと思いながらも、この一生ものの悲しみを抱えて生きていかなくちゃいんですよね。
このサイトにお邪魔して気持ちをはき出したり、共感したりして救われています。

星 (2016-2-2 22:56 )
akiyuさん、返信下さってありがとうございます。

今日はお友達の命日なのですね。
本当に小さな子供たちがなぜこんな様々な重い病気にかかり、天使にならなければならないのか…、納得できないですよね。

亡くなった後に医師と話した際、病気にかかった理由は不明で、こんな言い方が良いかどうか分かりませんが、神様が選んで連れて行ってしまった…としか言えないです。と、言われました。
どうして自分の子供なのか…、なぜ亡くなってしまったのか…、ずっと考えていくことになりそうです。

akiyuさんはお子さんが夢に出てきたりしますか?
私はもともとほとんど夢を見ないタイプなので、まだ息子を見ることができません。
せめて夢の中だけでも会って、抱きしめられたら嬉しいのですが。

akiyu (2016-2-3 12:56 )
星さん、こんにちは。

本当に同感です。小さくて無垢な純粋な子供達がどうしてそんな恐ろしい病気にかかってしまうのでしょうか。平均寿命が80歳を越えているというのにたった1歳で天使にならくてはならないなんて、理不尽です。

せめて夢であえたら、と私もいつも思っていますが出てきてはくれません。会いたい、我が子を抱きしめたい気持ちは強くなるばかりです。最初は亡くなった実感が持てず、朝起きて仏壇の写真を眺めて本当にもう天使になってしまったんだ。。。と愕然とする日々でした。いろいろな思いがかけめぐって、悲しみや怒り、後悔そして自責の念など尽きないです。感情のコントロールが未だに難しいですが、平静を装っています。子供は亡くなっているのに今自分は生きているということさえ許せないような感覚に陥ることもあります。一時泣けない時期もありましたが、時々思いっきり泣くと少しすっきりするような時もあります。

去年、9年前に男の子を亡くした方と友達になりました。偶然ので出会いと思っていましたが、きっとうちの子が出会いをプレゼントしてくれたのかな、偶然じゃなくて必然なのかな、と思うようになりました。今も時々連絡をとっていますが、子供を亡くした人にしかわからない思いを共有出来ることはありがたいです。ここのサイトにも感謝しています。

りょう (2016-2-25 0:22 )
はじめまして。

我が家の第三子である次男も1歳と16日で亡くなりました。

星さんの最初の投稿の最後の言葉。。。健康に産んであげられなかった事、そしてたった1人で見知らぬ世界へ旅立たせてしまった事が本当に申し訳ないという気持ち。。。あまりにも共感できて、思わず投稿してしまいました。

私、息子がもうだめだとわかった時から火葬するまで、息子が怖いなと不安に感じないように、大丈夫よ怖くないよ大丈夫よって何回も何回も話しかけたんです。もしかしたらありがとうとかよりもたくさん言ったかもしれません。一緒について行ってあげる事はできないけど、母親としてせめて恐怖心を取り除いてあげたかったんです。今振り返ると、他にもっと言ってあげる事があったはずなのに、当時はとにかく息子が不安に思わないようにしなきゃってその事で頭がいっぱいでした。

今は、大好きの気持ちをいつも伝えています。私達の大好きな気持ち、子供達に届いているといいですね。

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ