ユーイング肉腫:13歳で旅立った息子

子どもを亡くした天使のママ はじめての投稿

めめ (2016-8-13 11:53 )
はじめて。今回初めて投稿させて頂きます。
今年の6月30日に我が家の大切な次男(13歳)が5ヶ月間という短い闘病生活の末、亡くなりました。病名はユーイング肉腫という小児がんでした。
今まで大きな病気をひとつしたことがなく、突然悪性腫瘍と宣告され、、腫瘍の出来た場所が悪く手術もできない、抗がん剤も効かない、、と、、次男は弱音をひとつ吐かず治療に専念していましたが、神様は私達家族の元から次男を連れて行ってしまいました。絶対に病気を治して家に帰ろうと約束をしたのに、、私は次男
との約束を破ってしまいました。
来週は49日を迎えますが、次男がいなくなってしまったことを受け入れる事が出来ず、毎日苦しいです。何で次男がこのような病気にならなきゃいけなかったのか、、どうして今、家にいないのか、、
家に居ても未だ、早く病院に行かなきゃ!と思ってしまいます。
毎日が辛く、この先どうやって生きていけばいいのかわかりません。
みっちゃん (2016-8-13 12:20 )
めめさん、こんにちは。
みっちゃんと申します。
次男さん、闘病大変でしたね。
傍で、看病されためめさんも大変な思いをされてお辛かったでしょう。お察し致します。
うちの娘も24歳で骨肉腫を発症し、抗がん剤、手術、放射線治療、免疫療法さまざまな治療をしましたが、抗がん剤も効かず、全身転移で永眠しました。
骨肉腫もユーイング肉腫と同じで病気の発症原因もわからず、治療も大変で運動機能も失います。
骨肉腫の痛みも壮絶です。
何でうちの娘がなってしまったのか、何故選ばれてしまったのか8ヶ月経った今も悔しくて、哀しくて仕方ありません。
今日は新盆の最中で、お客様が一旦途切れたので休んでいます。
ままさんも、まだ四十九日も経たず、一番苦しい時ですね。どうかお体大事にされ、ここに来て何でもこぼして泣いて下さい。ここにいる天使ママさんが寄り添って下さいますよ。
宜しくお願いします。
穂乃香のお母さん (2016-8-13 15:16 )
めめさん、初めまして。
私の一人娘も、めめさんの息子さんと同じ日に
うちは事故で亡くしています。
四十九日は、今月の18日ですよね?
穂乃香は、20の誕生日を迎える前だったので
9月9日の誕生日を迎えてあげてから、次の日にお墓に納骨させてあげる予定です。
私個人としては、ずっとこのまま穂乃香が家にいてくれてもいいのだけど、私の母親からしてみたらお墓があるのに入れてあげないと浮かばれないって言うんです。

もっと先延ばしにしたいくらいだけど、穂乃香を一番に考えてあげなさいって言われ従うことにしました。
今は、穂乃香が亡くなって間もなくて 毎日胸が苦しくて泣いてばっかです。
このサイトで、同じ境遇のママさん達の話も聞きながら
ゆっくりだけど穂乃香が生きられなかった分、前を向いていこうかと思ってます。精神的にまだまだ全然弱いんですけど…

耐える事がこんなに辛く寂しい事なんだって、
これじゃ神様、仏様なんかいなくたっていいじゃん!って思うけど、どうにもならない事なんですよね
いまの私、情緒不安定なとこもありますが 
このサイトで同じ悲しみを背負ったお母さんたちと一緒にお話しましょう。

めめ (2016-8-13 15:48 )
穂乃香さんのお母さん、はじめまして。お返事ありがとうございます。
初めてこのサイトを知り、息子と同じ日に旅立たれた穂乃香さんの事を知り、思いきって投稿してみました。
四十九日は今月の17日に執り行います。入院中、家に帰る事だけを目標に頑張っていた息子、、まだ気持ちの整理もつかないので納骨の予定は決まっていません。
先週の土曜日、8月6日が14歳の誕生日でした。息子のいない誕生日がこんなに苦しく辛いものなのかと、、あんなに頑張って治療をしていたのに、、本当に耐えられません。未だ息子の祭壇の前で手を合わせることに慣れず、なんでこんなことになってるの???と気が狂いそうになります。どうして息子がこんな病気にならなきゃいけなかったんだろうと、、、前を向いて少しずつでも進まなければいけないのに、、進み方がわかりません。8月いっぱい仕事も休みを頂いていますが、、外に出るのも怖くて、、人に会うのが怖いんです。
めめ (2016-8-13 16:55 )
穂乃香さんのお母さん、、、
今、ふと思い出しました。もし間違えていたらごめんなさい。
私の息子も7月7日の七夕の日に多くの友人に見送られ某市営斎場にて旅立ちました。最後のお別れの際に息子より少しお姉さんでVサインをしたお写真を見かけました。
もしかして、、、穂乃香さん??と、、間違えていたらごめんなさい。
穂乃香のお母さん (2016-8-13 19:52 )
その子、うちの子です!!
遺影がグリーンの着物を着てピースサインしてました!!
私が取り乱してしまって、時間が少し遅れて
あの日は、14時から火葬でした。

あの斎場にいらしてたんですか?

めめ (2016-8-13 20:13 )
はい。あの斎場でお通夜、告別式をし、、13時近くに出棺しました。
息子がお骨となった際に、二つ隣に息子より少しお姉さんのお写真があり、、(回りにはおばあさんのお写真ばかりだったので)
息子と一緒に旅立ってくれるといいな、、と勝手に思ってしまい、、ピンクのお骨入れに『穂乃香』と札が着いていて、、、もしかして、、と思い、失礼ながら送らせて頂きました。、、、やっぱり穂乃香さんだったんですね。
めめ (2016-8-13 21:30 )
みっちゃんさん。はじめまして
お返事ありがとうございます。
うちの息子も抗がん剤が効かず、骨転移をし、その後放射線治療の末、全身転移し亡くなりました。
息子を痛みから解放してあげる方法は、この世から消えてしまうことしか選択肢はなかったのかと、、いろいろなことが頭を過り、毎日が苦しく、哀しく、悔しい思いでどうしていいかわかりません。
息子が闘病中、何度も何度も神様にお願いをしました。どうか息子を助けて下さいと、、、でも神様は息子を連れて行ってしまいました。
その時に思いました。この世に神も仏もいないのだと、、もしいるのなら、息子にこんな酷い試練を与えないと、、、
まだ気持ちの整理もつかず、この気持ちの当たりどころもなく、、
本当、、苦しいです。
穂乃香のお母さん (2016-8-13 22:03 )
うちは、ちょっと離れたとこの式場で通夜、告別式を執り行ったので 
斎場に行くまでに10分くらいかかりました。

あの日、いい天気でしたよね
七夕の日なんて、めったに晴れないのに
穂乃香らしい旅立ちになったんだなって思いました。
火葬前、暫く棺の前から動けず
皆さんに迷惑おかけするからと周りに言われながらも
なかなか穂乃香から離れる事ができませんでした。

穂乃香の両隣がおばあちゃんとおじいちゃんだったような記憶があります

めめさんが偶然あの場にいたなんて…
暫く涙が止まりませんでした。
お互いにこんなに悲しい出来事がなければ…

でも、このサイトで出会うなんて…

これも、めめさんの息子さんと穂乃香が
私たちに先に逝ってごめんね、これ以上悲しまないで…
って言ってくれてるように思えました。

めめ (2016-8-13 22:57 )
沢山のサイトがあるなかで、、このような形で出会うなんて、、本当に信じられません。 思いきってお訪ねして良かったです。
息子の肉体がこの世からなくなってしまう恐怖で、どうにかなってしまいそうな時に穂乃香さんのお写真をみて、、私達と同じ思いでこの場所にいる方がいるんだと思い、
胸が張り裂けそうでした。
まだ天国に行くには早すぎる、逝ってはいけない人を連れて行かれたと、、言葉には言い表せない思いがこみ上げてきました。

息子と穂乃香さんが、『これ以上、悲しまないで』と、、
私にもそう感じます。息子がこのサイトに導いてくれたように思います。

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ