横紋筋肉腫: 10才の娘を亡くしました

子どもを亡くした天使のママ はじめての投稿

ノニーママ (2016-9-7 8:46 )
はじめまして。
先月、10才の娘を横紋筋肉腫で亡くしました。
1年3ヶ月の闘病でした。
長く辛い治療で、本当によく頑張ったと思います。
最期の5日間は、体調がかなり悪く私が病院に泊りこみました。
吐き気や痛みがひどく、我が子が苦しんでいるのにどうすることもできない…ナースコールを押して看護士さんや主治医に必死に訴えることしかできない自分の無力さを痛感しました。
不安と焦りで自分の精神状態もギリギリだったと思います。
最期は、自発呼吸が出来なくなり、眠るように亡くなってしまいました。

あれから数週間経ちますが、娘の最期の頃の苦しみを取り除いてあげることが出来なかった夢を毎晩見てしまいます。
周りで、お子さんを亡くしたママがいないので…気持ちを共感できたらと思い、こちらに投稿しました。
よろしくお願いします。

まあむ (2016-9-9 7:37 )
ノニーママさん
初めまして。6年前に13才の娘を横紋筋肉腫で亡くしたまあむと申します。最近はここを覗いても投稿する事は無くなっていたのですが同じ病気、女の子という共通点に思わずお返事をと思いました。
目の前で起こる子どもの辛い状況。どうする事も出来ない自分の無力さ。そして絶望感。ノニ―ママさんの今の心の状態が痛いほど伝わって来ます。
眠れなかったり何もできない虚脱感や自分を責める気持ち、私もそうでした。
どうぞ無理せず心のままに悲しんで下さいね。
こちらに書けないことがありましたらプライベートメッセージお送り下さい。
ノニーママ (2016-9-9 19:53 )
まあむさん
返信いただき、ありがとうございます。
6年前に娘さんを同じ病気で亡くされたんですね。
同じ境遇のママさんでないと、この辛さは理解できないですね。
学校で仲良くしてくれてたお友達やママ達がたくさん来てくれて、話を聞いてもらいました。
でも当事者でないと、分からないだろうな…と。

瀬戸内寂聴さんの話の中に、大切な人を亡くして深い悲しみの中にいても、時が忘れさせてくれる(日にち薬)そうです。
忘れることは出来ないけど、今のような悲しみは時が経つにれて薄れてくる…
今はそんな時が来るなんて考えられませんが。

誰にも話せない気持ちを聞いていただいて、少し気持ちが軽くなりました。
これからも愚痴など投稿してしまうかもしれませんが…
よろしくお願いします。

まあむ (2016-9-10 8:11 )
ノニーママさん
私も直後は悲しくて悲しくて自分の気持ちをコントロール出来ませんでした。
でも6年経った今は悲しいけれど娘の存在を近くに感じながら元気に落ち着いた気持ちで毎日を過ごしています。元気過ぎて娘もあきれているかも^^;
聖路加病院の細谷先生のお話を『小児がんの子どもを守る会』のサポート会で聞きました。『悲しみは無くなるのではなく形を変える』6年経ってその言葉を理解できる自分に気付きました。
ノニ―ママさんまだまだお辛い時期が続くと思いますがどうぞたくさん泣いて愚痴って下さい。ここはそういう場所です。

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ