小児脳幹グリオーマ:息子を亡くしました

子どもを亡くした天使のママ はじめての投稿

みさみさ (2016-11-3 3:47 )
息子を5月に小児脳幹グリオーマで亡くし1日1日が辛い日々を送ってます。姉が居るので悲しい顔もしてられず、ここ夜になると墜ちてる毎日です。何故?何故?と…同じように思う方々と話せればと思い投稿してみました。
sayamama (2016-11-14 23:32 )
みさみささん、こんばんは。私も3年前の5月に最愛の娘を亡くしました。難病にかかって13年間、二人三脚でいつも一緒にいた20歳の娘を。
3年たった今も、なぜ?どうして?という思いは消えません。娘のことばかりずっと考え、娘の後を追う事も何度も考えました。でも私にも上に息子がいるので、その息子の悲しみ、苦しみを思うと、子供に苦しい思いをさせるくらいなら、私が苦しみを背負っている方がいいんだ、と思って、なんとか1日1日を青息吐息で生きています。

娘がいる時は、今のように四六時中娘の事を考えていませんでした。でも今は、娘の事を考えてない瞬間は眠っている時だけ。こんなに娘の事を考えてるということは、娘はいなくなったけれど、私の心の中には、ずっと娘はいるんだ、とこの頃思うようになりました。

生きがいだった娘を亡くし、胸にぽっかりと大きな穴が空いてしまって、こんな状態でなぜ生きていかなければならないのか、わかりません。でも「人は2度死ぬ。1度目は肉体が滅んだ時。2度目は人々の記憶から消えた時」という話を聞いて、私が生きていくのは、娘の事をいつまでも思っていくためなのか、と思い始めています。私がいなくなれば、娘を一番よく知っていた人間がいなくなる事で、娘の存在がそれだけ薄くなってしまうように思うのです。

辛いですね、悲しいですね。悲しい時は思い切り泣きましょう。私も泣いています。息子は同居してないので気にしなくていいのですが、夫が嫌がるので、一人の時や、お風呂やベッドの中で泣いています。

かーりー (2016-12-28 11:11 )
家族とも気持ちを共有するのはとても難しいですね。

6年前はとても辛いお正月でした。
反面息子のいる最後の幸せなお正月だったともいえます。
病状が不安定で家に帰ってもすぐ病院に戻らなければならないのではと不安になっていたところ、
お医者さんにもう最後になるのでお家で過ごさせてあげてくださいと言われていました。
本人は帰宅を喜んでいましたが、やはりしんどくて家で寝てました。

うちは一人息子でしたがみさみささんは息子さんのお姉ちゃんがいるので気持ちのコントロールが余計にしんどいと思います。
投稿された日からは一月半経過しましたが、その後はいかがでしょうか。
もちろんずっと辛く悲しいのはわかっていますけど…。

sayamamaさんも旦那さんが泣かれるのを嫌がるのは辛いですね。
私は実家暮らしなのですが父母はまさか未だに私が泣いたりすることがあるとは思ってもないと思います。

年賀状もしんどいなと思いながら準備しました…。

sayamama (2016-12-29 23:21 )
かーりーさん、私の母も私が泣くと、「あんたが泣いても私はどうしてあげることもできないから辛いわ」と言われるので、母の前でも泣けません。
年賀状もしんどいですよね。
うちは今年は義母が亡くなり、喪中になったので、これを機会に来年からは年賀状を出すのをやめるつもりです。来た人にだけ、寒中見舞いを返そうかな、と思っています。そうしていれば、くれる人も少なくなっていくだろうし。
新しい年がきたからといって、もう目出たいと思う気持ちは全くなくなってしまいましたよね。

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ