初節句で撮影した写真のデータ…スタジオからメール

初節句で撮影した写真のデータ…スタジオからメール

はる (2014-5-5 22:08 )
こどもの日。
どうでした?
去年、初節句で撮影した写真のデータを一年経ったので買い取れますよ~っというメールがスタジオから来て
1年前を思い出してしまいました(._.)
りょう (2014-5-10 0:29 )
はじめまして。

私も先日息子を亡くしました。一歳10日で心肺停止となり、その一週間後に私の腕の中で息を引き取りました。

もうすぐ49日です。なかなか時間がたちません。

早くから張り切ってだしたこいのぼりと兜でしたが、肝心のこどもの日当日にまさか息子がいないとは、想像もしませんでした。

色んなワードで日々ネットサーフィン。無意味とわかりつつ、悲しいワードで検索の日々。今日初めてこのサイトを知り、初めてこういう書き込みをしました。

かわいい盛りに突然息子がいなくなり、自分の存在意義がわかりません。でも、変な話ですが、自分以外にも同じ思いの方がいることに、少し救われた気がします。だめですね。

もう、息子をなくす前の自分には戻れないのでしょうか。もう、幸せに満たされた気持ちになることはないのでしょうか。

それでも前を向いて歩き出したいと思う自分もいます。

支離滅裂な書き込みですいません。

はる (2014-5-10 21:37 )
りょうさん
はじめまして。
私も何にも出来ず動けないときに
携帯で色々検索してこのサイトに辿り着きました。

仏教の話で
死人を出したことのない家はない、みたいなのを
四十九日法要の際に聞きました。
でも、可愛い子供を亡くした人は身近にいなくて
このサイトで本当に救われました。
他にも辛い人がいるということではなく、
きっと同じように辛い悲しい人が、
後を追わずに頑張って生き続けてるということが
救いでした。

なんとか私も食事をしたり
外にでたり、買い物をしたり出来るようになりました。

りょう (2014-5-10 23:13 )
はるさん
はじめまして。
返信いただきありがとうございます。私の気持ちを聞いていただき、お返事をいただけたと言うだけで、とても嬉しく思います。

これが普通かもしれませんが、回りに同じような境遇の人が誰もいなくて、なんでも話せるお友達といくら話しても全然安らがずどこか違和感や疲れを感じてしまうので、ここで同じような方の気持ちを聞けるだけでもパワーをもらえる気がします。

私はどうしても納骨に踏み切れず、チャイルドシートもまだはずせず、待受の写真も変えることができません。息子は死因不詳となったのですが、自分なりに原因をあれこれ探ったり、自分をせめたりしてはじめはすごしていましたが、最近はただただ息子がいないことが寂しくて仕方ありません。時間がたつとまた違った悲しみに襲われています。

息子がなくなるときも火葬するときも、私は息子が安心して怖がらずいけるように必死に声をかけました。大丈夫だからね。怖くないからね。と。そうやって、息子を見送った私が、今息子を求めてはいけないのかな、なんて思ったり。

はるさんは一月に息子さんを亡くされたと書き込みされていましたが(もし違ったらごめんなさい)、今は日常を取り戻していますか?今の心境をもしよかったらきかせてください。だけど無理はなさらないでくださいね。辛かったら返信は無理しなくていいですからね。

はる (2014-5-11 21:12 )
私も納骨してませんよ。
よく抱っこしています。とっても肉づきの良い子だったので骨壷が軽く感じます^ ^

チャイルドシートは葬儀の後、主人の両親や親戚が車に乗るということで
そのタイミングで外していた気がします。
私が知らない間に無くなってました。
待ち受け画面は息子の顔ではなく、
息子と公園に行った時に綺麗だねーといいながら撮影した空の写真に変えました。
今はその空にいるんだと思おうとしたんだと思います。

私は全く動けず食べられずずーっと寝ていました。
その後、実家に逃げ、
今は同じ市内ですが引っ越して別の家に住んでいます。
どう考えてもあのまま暮らし続けることが出来なくて。。。

その結果
息子は居ませんので同じではないのですが
日常をようやくおくれている次第です。

りょうさん、私も何を聞いても元気になれませんでした。
だから何にも言えないのですが
いつでもお話聞きます☻

りょう (2014-5-12 16:26 )
はるさん
こんにちは。
優しいお言葉ありがとうございます。

骨壺をだっこ、いいですね^^うちの息子もとてもむちむちしていたのでほんとに軽くなってしまいました。まだ離乳食だった息子ですが、今は毎食自分達と同じものをプレートにのせてお供えしています。

息子がいないので同じではないけど日常をおくれている・・・・わかる気がします。ご飯を食べ、買い物に行き、掃除をして、時には笑い、お風呂に入り、少し前までは当たり前のように息子としていたことを一人でしていると、涙が出てきたり胸が苦しくなったり。調子がいいときはいつも一緒だから今も一緒だよねなんて思いながら、私も日常を取り戻しつつあります。

息子が亡くなったのが運命なら、私もまた、子をなくす運命にあったのかなと考えるようになりました。

息子は私を選んでくれた。そう思うと亡くなった息子と共にこれからも歩んでいけそうな気にさえなります。だけどやっぱりたまらなく寂しいですね。会いたいです。

はるさんは私に声をかけてくださいました。そんな優しいお母さんの自慢の息子さんでしょうから、きっと息子ともお友だちになってくれているかなと勝手に思ってしまいますし、そう願わずにはいられません。

息子が寂しい思いをせず、笑顔でいてくれていると信じたいです。

はる (2014-5-18 8:20 )
きっとみんなで遊んでるはずです^_^
息子はお友達と手を繋いで歩くのが大好きなので、
誰か繋いでくれてると嬉しいです。

昨日は息子が死んだ時の事を夜中に思い出してしまってドキドキしました。

カテゴリー: 季節行事・記念日

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ