初盆を簡単にやった方がいらしたら教えてください

初盆を簡単にやった方がいらしたら教えてください

YUTAの母 (2006-6-19 19:07 )
みなさん、こんばんは。
東京では今日はとってもいい天気でまるで「梅雨あけ」みたいでしたよ。

ところで、東京ではお盆は7月の中旬です。
納骨はしていませんが、先日おばの三回忌の法要に参列して
法要って大事だなあ・・・と思わされました。
先日のYUTAの誕生日のときに来た両親からも「初盆はどうするの?」と言われたのもあり、週末に主人と義父母にも話して
お寺さんに電話をして、一応法要をすることにしました。

ちゃんとすると白の祭壇を用意して、提灯も、迎え火も送り火も・・・いろいろしなきゃいけないようですが、簡単にやった方がいらしたら、うちはこうでしたよ、というのを教えていただけるとうれしいです。

初盆の方も多いと思いますので、つらい思い出だと思いますがお知恵を授けていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。 m(_ _)m

YUTAの母でした (^_^)/~~

りゅうママ (2006-6-19 23:39 )
 家の3年前の新盆は・・私の母が買ってくれた提灯と、自分達で買った提灯をお仏壇にかざりナスの牛とキュウリの馬(確かそうだったはず・。 ・・・( ̄  ̄;) )を作ってお仏壇に飾りお仏壇も簡単ではありますが、お盆用のお飾りをしました。 (^_^)V
あと当時は琉海の兄がいたので、迎え火・送り火代わりに両日に玄関先で花火をしましたよ!!お寺さんもお盆参りをしてくださるので、新盆の時は私の実家の両親もお寺さんのお参りに合わせるようにきてくれて、みんなでお経を頂きました。家は49日にお寺の納骨堂に納骨したので、お寺にお参りに行ったり・・。
 でも毎年琉海の天使日や誕生日・お正月などはお寺からお骨を連れてきて一緒に我が家で過ごしています。 o(^-^)o       特に新盆の法要はしませんでしたが、あの当時は親族や私達の友人などたくさんの人が琉海に会いにきてくれました。
ちなみに北海道のお盆は8月です (^_^)/~~
YUTAの母 (2006-6-20 0:08 )
早速、コメントいただきましてありがとうございました。
お寺に納骨堂があれば、いつでもつれて帰ってこれますよね。
うーーーん。それはうらやましいですね。

なぜか東京はお盆が7月なんですよ。父の実家が宮城でそちらは
8月です。だからわたしのイメージは8月なんですけどね。

迎え火送り火のかわりに「花火」をやるっていいですね。
YUTAも去年、はじめて花火をやってとても喜んでいたから。
やったらすごく喜んでくれそうです。

りゅうママさんちのあたたかい様子が伺えました。
ありがとうございました

じゅん (2006-6-20 15:45 )
飛び入りですみません。。。

まだ先のことなんですがお盆のこと気になっていて~。
四十九日が来月で8月が新盆で百か日が9月で・・・
(あっ!私も北海道です)
お寺さんにいつ来て頂くかを話してみなきゃならないなぁ~と
思っていたんです。北海道でもやはり迎え火送り火ってあるんですね。こっちではなすとかきゅうりのお飾り物とか
ないと勝手に思っていたんですよ(^-^;
詳しいことはお寺さんに聞いたほうがいいですよね?

うちもまだ納骨が済んでなくて四十九日にはちょっと気持ちもまだそこまで考えられなくて、一周忌までにはどうするか決めようと思ってるんです。やっぱりこっちは雪が降るし冬の間会いにいけないのは淋しいし納骨堂を考えているんですよね・・・。

我が家はこーたん以外に子供がいないけど、花火しても
いいだろうか?とちょっと考えてみたり(笑
しかも旦那は仕事遅いから一人で花火??ちょっと淋しいですな。
独り言のような書き込みでごめんなさい(^-^;

かな (2006-6-20 21:01 )
私の実家では、私が小さい時から祖母がお盆の準備をしていていました。
祖母は、お盆の前になると、ナスとキュウリの馬を作るか買ってきて、
玄関の前で迎え火をたいて、終わりには送り火をたいて、私たちは、
またいだ後、お線香をあげてましたよ。
簡単にやるろうとするとこんな感じなのかなーと思っていました。

お墓は大阪、家は横浜でしたので、大きな区切り以外は、法要はせず、祖母の新盆も特にお坊さんを呼んだりはしませんでした。

で、我が家は娘の新盆を迎えるわけですが、特に法要をしたりは考えていませんし、
祖母がやっていた(私の考える)簡単なお盆もしないつもりです。

お友達から綺麗なロウソクをいただいて、そのロウソクには1本1本に手書きで季節の花がかかれていました。
ちょうどお盆の時期とかの季節の花になっているので、新盆から、1本ずつ使っていこうと思っています。
お線香も祖母が大切にしていたお経が書いてあったものが1本だけあったのでもらってきて、それをたきたいと思っています。

他には特にしません。

私も主人も、自分達がしたいように供養するのが一番と考えています。

ちなみに、ちょうちんは、キティーちゃんのを主人が買ってきてしまいました。
そんなので・・・と怒られそうですが、楽しく遊べるようになった娘は、遊ぶのに忙しいから、
楽しく迎えないとね・・・というのが、私達の価値観です。

りゅうママ (2006-6-20 22:56 )
 こんばんわ!北海道はあまりナスときゅうりの動物とか、迎え火・送り火の風習はないですよね!私も小さい時からお盆に提灯を出して、お仏壇を飾っている祖父母はみたことがありましたが、なすやきゅうり・迎え火などをやっているのは見たことがありませんでした。(実際にした事がないと聞きました。)
 私の場合琉海の新盆の時、その当時HP上でお友達になった先輩の天使ママさん達に色々お話を聞き「そんな風習があるんだ~」と初めて知ったんです。でも本格的にやるのは「なんか堅苦しいな~。」と思ったんで、夏を経験せず花火など見たこともないまま天使になった琉海なんで「きれいな花火を見たら喜ぶかな~」なんて思って我が家流ではじめました。
 なすやきゅうりの話は「空から帰って来る時はきゅうりの馬にのって急いで帰ってきて、また空に戻る時はナスの牛に乗りゆっくりゆっくり戻っていく・・・」と聞いたので、琉海が本当にそうやって帰ってきたり・戻ったりすることを想像すると作らずにはいられなくなり作ってしまったのがきっかけです   

YUTAの母さん!その宗派や信仰にもよるのでしょうが、自分が子供に「こうしてあげたい!」と思うことをするのがいいと思いますよ!親の愛情は子供に十分伝わっている。と私は信じて日々過ごしてます☆

じゅん (2006-6-21 16:35 )
りゅうママさん、コメントありがとうございます。
お友達からお話聞いたら作ってお迎えしたいって思いますよね。
内地ではそういういわれがあるんですね~。ぜんぜん知りませんでしたよぉ~。
流海くんならきっと花火を喜んでみていると思いますよぉ~。
うちも夜は早めにお風呂に入れていたので外に出たら風邪引くと思って花火の経験は1~2回くらい。
お家に帰ってこれたから、夏は花火しようかな~。と考え直しましたよ~。
YUTAの母 (2006-6-21 16:52 )
北海道のママさんがお二人いらしたのですね。
地域や信仰、習慣・・・などでいろいろありますね。
やっぱり、なんだかんだいっても親本人の気持ちで決まりますよね。
花火の迎え火、送り火はすんごく気に入ったのでやってみようかな!!と思い始めました。

きゅうりのお馬・・・
YUTA、きゅうりはきらい なので、あっても乗らないな(笑)

まだまだみなさんのお話、聞きたいのでどんどん
書き込んでくださいね!!

もちろん他の話題でもいいですよーーーーん

圭 (2006-6-23 19:59 )
初盆ですか^^ 九州では、初盆は、13日のお昼から帰ってくる人が家を間違えないように玄関先に提灯を焚きます o(^-^)o

で、沢山のお花、果物をお供えしてお坊様にお経をお願いして
みんなで食事会^^ それから15日は、長崎の初盆の家庭の最大のイベント精霊流しなのです o(^-^)o みんなで西方浄土に大きな船を押して花火、爆竹で盛大に送るのですよ \(^o^)/  

昔の歌でさだまさしさんの歌の精霊流しが長崎の初盆を歌った曲なのですよ。花火、爆竹、飾り立てた船・・華やかさの中にも送る側の悲しさを上手に表現した名曲なのです、機会があったらぜひ聴いてくださいね (^_-)-☆

YUTAの母 (2006-6-24 13:39 )
全国いろいろですね。
精霊流しは「初盆」のお宅がするものだったんですね。
どの家庭もする習慣なのかと思っていました。
さだまさしさんの小説でタイトルを忘れちゃったんだけど
あれ、ずばり「精霊ながし」だったかな??
精霊ながしをやるお話がありました。

余談ですが、わたしの数少ないママ友の出身が
「長崎」です。
先日あったときに「長崎では初盆は精霊ながしだから・・」
って言ってたな。

圭 (2006-6-24 16:48 )
そうなんですよ (^o^) 精霊流しは初盆の家だけなんです。。毎年、1000艘位の数の色とりどりの船が爆竹、花火などをしながら、魂を西方浄土まで乗せて行くんですよ^^ 聖也の船も30人の人々に華々しく送られて行ったんですよ (^_^)/~~  
あいゆうママ (2006-6-24 21:03 )
ホントにいろいろなしきたりがあるのですね。
ウチの母も九州出身なので、聞いてみると「迎え火・送り火はもちろん、野菜で動物を模ったり、提灯を持ってお墓に迎えに行ったり、精霊流しをしたりと賑やかだよ」と言っていました。
その土地でのしきたりもいいけど、「残されたものがその人にしてあげたい事をするのが一番だよ。」とも言っていました。

ウチも今年は初盆です。
皆さんの意見にあった「花火で迎え火・送り火をする」というのをやってみようかな?
あと、葬儀のときもしたのだけど、風船が好きだった2号のために、お土産代わりに風船を飛ばそうかなぁ・・・♪
ちょっとワクワクしてきました。 \(^o^)/

圭 (2006-6-25 8:49 )
お盆、帰ってくる我が子を明るく迎えてあげましょう
長崎のお盆は、お墓に提灯沢山建てて沢山の花火、爆竹を抱えて夜にお参りするのですよ 、 で お墓で花火、爆竹ばんばん 子供の頃からお盆のお墓参り楽しみでしょうがありませんでした  勿論、聖也もはしゃいでたな~ 長崎のお盆は、本当に明るく華やかなんですよ
ゆかりん (2006-6-25 9:06 )
地方によっていろいろなんですね。
私も子どもの頃はお盆になると祖母の家に行き
お墓へ提灯を持ってお迎えをしたりしていましたね。
子供心に迎え火の煙を見ながらおじいちゃんが帰ってくるんだって思っていました。

うちはまだ納骨を済ませていないけれど、花火の話を読ませてもらって
うちも花火をしてあげたいかなと思いました。
そのほうがゆうたも喜んでくれる気がします。

圭 (2006-6-25 10:16 )
そうですよー^^ 天使ちゃん達も お墓での花火喜びますよ、 きっと、はしゃいで見てると思います

そう、長崎は、中国の影響が色濃く残っていて、お盆の華やかさは、そこからきてるんですよ~

YUTAの母 (2006-7-4 20:58 )
初盆のことで、たくさん教えていただいてありがとうございました。
今日、お寺さんと法要の日程のことで電話でお話をしました。
そのときに、一応「提灯とか、祭壇とか必要でしょうか?お花はたくさん飾りたいと思ってるんですが」と伺いました。
お寺さんは「まあ、伝統的なものですからね。お気持ちの問題ですけど。送り火とかはねえ」とのこと。
「ムスコは花火が好きだったので、花火を迎え火にしてみようかなと思ってるんですが・・・」
「それは、よろしいんじゃないですかーーー!!母さんの気持ちが大事なので、母さんのやりたいようのおやりになるのが一番だと思いますよ 」
と、言ってくださいました。
とっても、大賛成してくださったので、胸を張って(??)花火でYUTAを迎えてあげたいと思います。
まあ、実際ね、家にいると思うんだけど。
花火、とっても楽しみになってきました。

明日は5回目の月のYUTAの天使誕生日です

りゅうママ (2006-7-5 22:05 )
 私も毎年お盆の迎え火・送り火は心の中で「琉海!きれいでしょ~。」って心の中で話しかけながらやってます。去年はマイホームを建てて初めてのお盆だったのですが、お隣さんの子供が出てきたりしてにぎやかな迎え火になったものです。 (ちょっとした町会の花火大会みたいで・・ )
心を込めた分だけきっと天使達は嬉しく思ってるにちがいないですよね。後は大雨にならないようにだけ祈ろうと思います。
毎月の天使日は特別な想いがありますよね!!家は8日が天使日なんですが、3年経った今でも毎月8日は1ヵ月の中で1番特別です。

YUTAの母さん!家の琉海さんは8月27日・・あと1ヵ月とちょっとで4歳になります。1歳になる前に天使になっちゃたから私の中ではいつまでも9か月の赤ちゃんのままですがね~。きっともう生意気なこと言ったりするんだろうな~

YUTAの母 (2006-7-5 23:28 )
りゅうママさん、おひさしぶりです
早いもので、東京は来週がお盆です・・・・
うちも両隣はお子さんがいるお宅なので、「花火」はじめたら
盛り上がってしまうかもしれないです。
仲良かった近所のお友達にも声かけてみようかな、と
少し思い始めた今日この頃です。

りゅうちゃんとYUTAは同級生だから天国で楽しく
遊んでるかな???のぞいてみたいね!!

あみゅ (2008-8-22 2:54 )
先日初盆を済ませました。
家は住まいの環境等もあり、
旦那さんの実家で親戚も子供が小さい所が多いのと
子供の初盆…という事で 大人のような堅苦しい食事会でなく、
五平餅を作ったり BBQをしながら
集まり事があるのと あまり変わらないような感じで行いました。

丁度1年前が初期治療の退院祝いで
同じように集まっては 楽しく遊んでいたので、
川遊びや花火をしたり。。。
お義母さんの配慮に すごく感謝いっぱいでした。

カテゴリー: 季節行事・記念日

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ