衣替え。娘の服も入れ替えました

衣替え。娘の服も入れ替えました

えむけい (2016-10-15 11:35 )
先日衣替えをしました。
娘の服も入れ替えました。靴も、夏の靴やサンダルをしまって秋冬の物に替えました。

娘の部屋は今もそのままです。
歯ブラシやシャンプー等も以前と変わりなく置いてあります。
食事の時は未だに娘の分も並べています。

いつ帰って来ても大丈夫なんだけど…
本当にいなくなってしまったのかな、やっぱりもう帰って来ないのかな、1年半たっても相変わらず前を向けないダメな母です。
秋という季節も寂し過ぎます。

きむ (2016-10-15 18:39 )
えむけいさん こんにちは きむです

私も 全く同じですよ。
息子がいなくなり10ヶ月ですが
部屋は そのままで 息子のベットに寝ています。
ごみ箱のゴミもまだ捨てられないのです。
下駄箱にも息子の靴が入ってます。
歯ブラシ、シャンプー等・・・
何もかも そのままです。

いまだに「なんでいないの?」と
毎日息子の写真に向かって話かけてしまいます。
胸が苦しくなります。
泣きたい時は我慢しないで思いっきり泣いてもいいんです。

最愛な子供達だから 大好きな子供達だから
いつまでも いつまでも子供達を想って生きていきましょう

・・きっと子供達は
いつも 側にいますよ・・

みっちゃん (2016-10-16 12:07 )
えむけいさん、きむさん
こんにちは。みっちゃんです。
私も、皆さんと気持ちは全く同じです。今も、前を向けません。
皆さんは、どうしていらっしゃるのか案じておりました。
娘が亡くなって、また義父を夏に亡くしました。
娘が亡くなってから立ち直れず泣いてばかりで毎日過ごして来ましたが、更に追い討ちを受け、ショックが大きく、私も一時的ですが、両耳が聴こえなくなりました。
今、一生懸命治療中ですが、少し快方に向かっています。
毎日、目覚めると涙が出て、泣けてくるし、仏壇の前では義父に娘をお願いしますと手を合わせてしまいます。
私も娘を亡くして10ヶ月が来ますが、まだまだ前に進む、足が重たい。
苦しくて、苦しくてこの先前を向けるのかわからなくなりました。
えむけい (2016-10-17 13:03 )
きむさん、みっちゃんさん、こんにちは。
メッセージありがとうございます。

そうですね、中々前は向けませんよね。
周りからは、少しずつでもいいから前を向くように言われますが、娘のいない前など向けるはずもなく、毎日思い出の中の娘と過ごしています。日にち薬という言葉がありますが、私には全く効き目はないようで…
私は娘がいなくなってしまってから、哀しみという深い沼に沈んでしまった気がします。脱け出そうとして、もがけばもがくほど周りは濁ってしまいさらにずぶずぶと深みにはまってしまって… なので、これ以上沈まないようじっと耐えている、そんな感じです。

きむさん、同じなのですね。
子供たちの物、すべてそのまま何も動かせませんよね。娘のコート、娘の匂いが残っている気がします。時々顔を埋めて娘を感じてみたりしています。変なお母さんですよね。
「きっと子供たちはいつも側にいますよ」
私もそう信じています。

えむけい (2016-10-17 13:14 )
ごめんなさい、途中で送信してしまいました。

みっちゃんさん
お辛いことが続いて大変でしたね。
お身体いかがですか。耳は治ってきたでしょうか。悲しみが大きすぎると身体もいろいろ不調になってしまいますよね。お身体どうぞお大事にされて下さいね。娘さんとお義父様がきっとみっちゃんさんを見守って下さっていると思います。

いつまでもこんなままではいけないのかなと思ったりしてしまいますが、同じ経験をした方には気持ちを分かっていただけて、少し心が軽くなったような気がします。ありがとうございます。前を向けず下を向いたままでも、日々なんとか過ごしていこうと思います。

チョコ (2016-10-18 17:05 )
皆さん、こんにちは。
お久しぶりです。季節は変わり秋ですね。爽やかな風が気持ちいいです。
空を見ると、娘が雲の隙間から見ているような気がします。

皆さんと同じ気持ちを共有させていただいています。
哀しいのです。寂しいのです。どうしようもなく…
娘の物を少しずつ、お友だちに分けたりしていますが、よく使っていた化粧ポーチ、手帳、バッグ、よく着ていた洋服、
そのままです。娘の匂いがついているようで、私も、時々抱き締めて匂いをかいでます。変かもしれませんね。

哀しみは深く大きく根を張ってきています。娘と会えなくなって、1年5ヶ月です。

えむけい (2016-10-22 15:46 )
チョコさん、こんにちは。
私は娘と会えなくなってから1年と6カ月になります。
秋という季節は気持ち良いけれど、お天気が良ければ良いで悲しいし、雨が降ればまた悲しいし、結局何をしても悲しいのですね。
娘のいない毎日が長かったのか早かったのかよくわからないまま、今日まで来てしまいました。
「哀しみは深く大きく根を張ってきています」
本当にその通りです。月日がたてばたつほど、
ますます哀しみは大きくなっていくのですね。
これからもずっとこの哀しみと生きていかなければいけないのですね。
みっちゃん (2016-10-23 23:01 )
えむけいさん、皆さんこんばんは。

私も、皆さんと気持ちは全く同じです。
哀しみが根を張り、段々大きくなってきました。
10ヶ月前まで目の前にいたのに、娘の姿は今は無く、あの子の魂は何処に行ってしまったのだろうか…、天国で幸せに暮らしているのだろうかなどと、毎日考えています。
涙を拭いながらも、日は過ぎて行きますが…、何か虚しくて。
娘の声が聞きたくなりました。

チョコ (2016-11-26 13:38 )
えむけいさん、皆さん、こんにちは。
娘と会えなくなって1年半が経ちました。
悲しみは哀しみに変わりつつあるように思いますが、深く大きく身体の中に居座っています。
綺麗な景色を見れば、一緒に見たかった。と、涙。
最新の情報を知れば、聞かせたかった。と、涙。
結局、何処で何をしていても娘の存在はずっと私の心の中にあります。
きっと、自分が死ぬときに初めてこの気持ちから解放されるのだろうと思います。
あと何年生きればいいのだろう?
生きることがこんなに辛いとは、娘が旅立って初めて知りました。
本当に可愛い可愛い最愛の娘でした…
皆さんは、どうやって生き抜いていますか?
みっちゃん (2016-11-28 20:57 )
チョコさん、みなさん今晩は。
寒くなりましtね。

チョコさんもうお嬢様と逢えなくなって一年半経ったのですね。
私も、来月一周忌が来ます。
悲しみも苦しいのもまだまだ変わりなく、以前のように心から楽しく思えることも無く日々過ごしています。
本当に生きることが辛くて苦しいですね。
少し前まで、娘は今何処にいるのだろうか…
本当に天国にいるのだろうか,,,,,
と、気になって仕方ありませんでした。
誰も、死後の事などしっている人もいないので、聞くわけにもいきません。

娘が、亡くなる少し前に、娘と約束したことがあります。
「もし、万が一○○が、先に逝ってしまったら、必ずお母さんを迎えに来てほしい。お母さん、貴女が居なくなったら、寂しくてぢょうがないからね。」と話したことがあります。娘は、そんなことできるわけが無いでしょ!無理無理!と最初は言っていましたが、あまりにも私がしつこく言うので、最後は、うん!わかったよ。と応えてくれました。
親子の約束は、今まで破ったことはありませんが、コレばかりは一向にその後返事はありません。
あから、私は娘は。本当に永眠して傍で眠っているのではないかと思います。魂も安らかに永眠しているのではと思っています。
ただ、傍にいる気配もしますので、見守ってくれているのは確かですね。
チョコさん、私もこの天使になった子ども達で知り合った沢山の天使ママさん達のコメントに助けられて今日まで過ごして来れました。これからも、またお世話になります。
時には、泣いてどうしょうもない日もありますが、穏やかに涙を零しながらも過ごしています。
また、最近アメーバブログにて自分の思いも吐きだし、多くの子供を先に見送ってしまったお母様方とも共有して心を曝け出しています。
是非、覗いて見てください。
寂しいときは、皆で寄り添って話しましょう。

みっちゃん (2016-11-29 10:43 )
チョコさん、皆さんこんにちは。

月日の経つのは本当に早いですね。
娘も、来月で1周忌を迎えます。
何も出来ないまま、ただ娘の事を想い月日だけ過ぎたような気がします。
最近、私の考え方も変わってきたような気がします。

娘は亡くなった後、何処に行ってしまったんだろう・・・・
傍にいる気配はするのですが、何も娘と通信する手段がなく、こんなつまらない世界にあとどのくらい生きればいいのだろうと思っていました。
娘があと少しで命の灯が消えようとしていた去年の1ある日、娘と約束をしました。
「もし、万が一彩がお母さんより先に逝ってしまったら、お母さんは寂しくてしょうがない。笑うことも出来なくなる。だから、すぐに迎えに来てほしい。約束。頼むね。」と、お願いしました。
娘は、そんなことできるわけないじゃん。無理!無理だよ!と最初は渋っていましたが、余りに私が懇願するので、最後は笑って頷いていました。

あれから、約束は、果たされることなく現在に至っています。(ノД`)・゜・。
約束は、守る子でしたから、今まだ迎えに来てくれない所をみると・・・・
私は、娘は眠っているのではないかと思います。
永遠に眼を覚ますことなく、魂と共に眠っているんじゃないかと思えるんです。
娘を想う度、涙が出てどうしようもなく寂しくなる時が、今もありますが、その時は思い切り泣くようにしています。

そして・・・
最近、アメーバブログでも、この天使になった子供達のブログ同様お邪魔して、子供さんを亡くされたお母さま方と励ましあって、愚痴を言い、近況を報告しあって勇気を頂いています。
こちらの天使ママさんにも沢山元気を頂きました。
これからもよろしくお願い致します。
また、アメーバブログも覗いて見てください。
いつか子供達と逢える事を信じて、前に進みましょう!

きむ (2016-11-30 20:17 )
みっちゃん
みなさん こんにちは きむです

私の息子も12月4日で1周忌です
息子は11月27日にくも膜下出血で倒れ 1週間意識不明で・・
25歳で天国に行ってしまいました。
最後に何か話をしたかった

今でも毎日お線香をあげるとき
「気が付いてあげられなくてごめんね
将来の夢を叶えさせてあげられなくてごめんね」と話かけてます

1度でいいから逢いたいです
毎日毎日苦しいですね

あの日から私の人生は変わってしまいました。

みっちゃん (2016-11-30 22:49 )
きむさん、皆さんこんばんは。

また、今夜も眠れない夜を過ごしています。
きむさんも一周忌を迎えられるのですね。
その日が近づくにつれて、また寂しさや苦しさが押し寄せて来ますよね。

娘が居なくなって、もう一年が来るというのにまだ夢か幻想か半信半疑なんです。

私も毎日会いたい、会いたいそればかり思っています。
母にとって、子供は生き甲斐ですものね。

チョコ (2016-12-1 22:28 )
みっちゃんさん、皆さん、こんばんは。
ここは、本音を言える場所。
辛さ、寂しさを共有できる場所。
いつも、皆さんの言葉に共感させていただいてます。
私も、娘と約束したことがあります。
●これからも、私と共に生きること。
●ピンチの時、テレパシーを送ること。
いつも、娘の存在を感じています。
会って、話ができないことは寂しいですが、いつも、守られてる、と、思うことにしています。

娘は若くしてこの世を去りました。
こんな言葉も残してくれました。
●もっともっと、お母さんを喜ばせたかった。
●孫の顔を見せたかった。
まだまだ、一緒にいたかったし、楽しみたかった。

来世で、約束果たしてね。

同じ思いでいる皆さんとお話しすることで、杖をつきながら、重い荷物を背負いながら、それでも生きていかなければならない自分の運命を少しずつ受け入れながら、進んで行けたら…と思っています。

カオル (2016-12-8 13:27 )
きむさん

突然のお便りご無礼いたきます。

私は今年の2月3日に最愛の長男を、前日まで
元気元気にしてた長男を、ウイルス感染からの
排血症で半日で召されてしまいました。

彼は芸術家で大学を卒業してから苦節20年目
やっと芽がで、昨年はニューヨークでも個展を開き
将来を宿望された途端の事でした。

私は会社経営してますが会社もやりっぱなし
10か月の間、一切出社しておりません。

最近は悲しさが哀しさにへの変質はしましたが
逆に何に対しても一切の興味を無くしてしまいました。

下記は他のコミニティーに書き込んだ私の今の気持ちです。

貴女と同じ様に、のたうちまわってるジジイが
居る!って事を知って戴き便りしました。

その意図は決して傷口の舐め合い、慰めあいでは
無く、この世の理不尽を伝えたかったのです。

記述

あの日以来の、ときは止まり、時として激しいフラッシュバックに
襲われ、何をしても楽しめず、外は見えても逃げ出せない
そう!ガラス瓶の中に閉じ込められた状況。

どうでもいいや!って思い。

言葉で言えば自己嫌悪、絶望、、

でも、少し違うんです。

心愉しむことは恐らく生涯出来ないと思うが

その状況を、しっかりと受け止める覚悟!
奈落の底の苦杯を飲み干す覚悟!
それだけは、、しっかりと持ってます。

時の流れで悲しみを流してくれる事を期待せず、

まぁそれはそれで受け止めるけど、、、

楽になろうが苦しさ虚しさに、のたうち廻ろうが
どうでもいいや!って覚悟!

今の状況、、発狂しそうに時としてなる時
その事で、発狂するなら、するしなないな!って
って覚悟!

愛息の死は受け止める事が出来ないけど

その事による、凡ゆる反動のパンチだけは!

受け止めます!っていう

まぁ、そんな心境です。

投げやりな歩調で、、今日も生きてます!

カテゴリー: 季節行事・記念日

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ