6年が過ぎて…悲しみが切なさにかわってきた

6年が過ぎて…悲しみが切なさにかわってきた

たかしママ (2009-9-11 16:17 )
たかしが天国いって6年と4ヶ月。。。
悲しみがだんだん切なさにかわってきつつあります。
最近になってやっとたかしは私の胸の中に生きてるって思えるようになりました。
でも春になって命日が近づくとまた辛くなるんだろうなぁ~って思っています。
子供のことも最近は話することもなく、名前を呼ぶことも減り、
なんだか寂しいですが、時間とともに少しずつ悲しみは減っていくのかな~なんて思うこの頃です。
私はほかの自助グループにもはいっていて、掲示板だけのお付き合いなのですが、自死の方があまりに多く、またあまりに重く、年齢もあわず、ちょっとしんどいなぁって思っています。

12年の闘病生活で、正直、治らないのはわかっていたし、仕方ない部分もあり、、、でも心はあの時にとまったままで、
でも生きていかなくてはならなくて・・・
病気で亡くなるのとはあまりにちがうので、戸惑いもあり、
なんて声をかけてよいか正直わかりません。

すべてを共感できることはないのでしょうか。。。

だんだん秋らしくなり、ふっとお墓にいこうかなぁ~なんて思ってみたり、子供のいない残りの時間をどういうふうに生きればいいかもまだわからず、、、
いろんなものを失いながら生きて、でも私にはあまりに大きすぎて、、、
それでも子供から学んだことは忘れないと思っています。

すみません。なんだかんだぼやいてしまいました。

賢人ママ (2009-9-13 23:35 )
たかしママ様

ぼやく・・・なんてとんでもない事です。
たかしママ様のメッセージ拝見しました。

御子息が亡くなって6年が過ぎたのですね。
12年の闘病生活だったのですね。
どれだけ、たかしママ様が一生懸命御子息を愛して看病して
いたのか・・。
私は約1ヶ月と少しの闘病生活でしたがそれでも本当に苦しかったです。毎日が命の闘いで心臓がバクバクしていました。
それを踏まえ12年間闘うというのはどれだけ壮絶だったのか・・。
御子息が一番理解していますよね。
たかしママ様の深い愛情を一番理解しています。

私は息子を亡くして1ヶ月が過ぎ・・・
もうすぐ四十九日です。
もう何年も前の出来事では無いかと錯覚してしまうほどです。
息子のおかげで人生において大切なことを学べた事が
私にとってとても重要だったと思います。
きっと息子は私に色々教えたくて使命を持って生まれてきて
くれたのだと思います。
そう思うと不思議に心が軽くなります。

最近の毎日は出会う人に賢人の写真を見せて褒めてもらいます。
大きな手術を2回乗り越えて一生懸命頑張ったと説明します。

偶然出会った全然知らない人ともそんなふうに仲良くなり、
賢人はたくさんの方に可愛がってもらっています。
(ちょっと変わってる人??と思われているのは否めませんが)
みんな泣きながら賢人の頑張りを褒めてくれるので
変わっている人と思われていても気にしません。
(あ!変わっているのは以前からなので・・^^;)
生きている私に出来る事はそれくらいです。

世の中の事を何も知らずに天使になった息子。
私が話さなければ賢人の頑張りが誰にも伝わらないまま終わって
しまうような気がして。。。

私の目を通して色々な事を見て、私の耳で色々な音楽を聴き
私の身体で色々なものに触れます。
息子は私の中に生きています。
そう思っています。
目に見えないだけで、息子が存在している事を感じます。
私より先に逝ってしまった事は本当に悲しいし苦しいけれど
また必ず会えると思います。

昨日起こった不思議な話。
それまでずっと走りまわって無邪気に遊んでいた3歳くらいの男の子がいました。
私と目が合った瞬間!突然顔が変わり私にバイバイと手を振りました。すぐに息子だ!!と直感しました。
そんなふうに常に息子の死を改めて悲しんでいると
不思議な出会いがあります。
まるで私を励ますかのような出会いです。
そんなふうに時々たかしママ様にも御子息が
会いに来ているのでは無いかと思ってしまいました。

私こそなんだか支離滅裂な文章になってしまい
申し訳ございません。

mayumayu (2009-9-14 2:08 )
mayumayuです。以前何度かコメントを書かせていただきましたが、実に久しぶりです。たかしママ様のお気持ちも、賢人君ママさんの気持ちもよく分かります。明日は息子啓士が天国に留学(こう思うようにしているので・・・)してから2年なんです。友達に命日に集まるの???って聞かれたりも本当はつらいですよね。。。
きっと、友達も息子の事を思っていてくれるからの言葉なんだけど・・・ないしんはとっても複雑です。みんな大きくなってるのにね・・・。啓士の時間は止まったままなんて。やっぱり受け止めたくないですよ。これからもどんどん時はたつし、次男君はもうお兄ちゃんの10歳という年齢と同じで、あと少しで背丈もなにもかも・・・追い抜いて行ってしまうんですよね。なんだか悲しいです。次男君の為に頑張らなきゃ~~って思っているだけで、実際に前を向いていけるかって、自信ないですよね。でも、啓士君の為に、頑張ってみるつもりです。やっぱり、みんな、天使ちゃん達に心配かけたくない思いで、必死なんですものね。
私も明日、頑張って2年目・・・と向き合ってみるつもりです。
私もこの前夢を見ました。。。背丈も次男君より頭ひとつ大きくなって笑っていたんです(笑)
夢であえるんですよね。いつも覚えていないけど・・・。
賢人ママさん・・・息子さんはいつも一緒ですよ。
きっと、また、夢などで、いっぱいメッセージをあちらから送ってくれると思います。
たかしママ (2009-9-14 21:22 )
賢人ママさま。。mayumayuさま。。

お返事ありがとうございました。

そうなんです。私の息子も私のために何か大切なものを学んでほしいと思い生まれてきてくれたのかなって思っています。
たかしは病気になったけど、たくさんの大切な目には見えないことを教えてくれました。
本当にありがとうです。息子に育ててもらったかなって思っています。
亡くなって1年は仕事で悲しみと向き合うのをわざと忘れ、でも一周忌が終わり、私はなんにもできなくなり、悲しみと向き合い、辛く、苦しく、悲しい毎日をすごしました。
でも今、少し希望がわいてきました。

苦難の先の希望を信じて。。。

悲しみは一生だと思うけど、天国にいるたかしがみてくれているからひとりじゃないって思います。
ここにもみんながいるし。。。

最近は夢にでてきてくれないけど、一番最近みた夢は、おかあさん、僕は元気だよ。って言っていました。

今日は、亡くなる日のことを思いだしましたが、涙がでました。
最期に手をにぎってやれなかったことが悔やまれます。

カテゴリー: 命日・法要

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ