新しい命を授かったのに、周りの反応が苦しい

  • このトピックには19件の返信、1人の参加者があり、最後にダイアナにより2009-06-15 22:24に更新されました。
10件の投稿を表示中 - 11 - 20件目 (全20件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #3818 返信
    ゲスト

    私は去年息子を亡くしましたが
    妊娠、次の子なんてとても考えられません。
    気持ちの整理もできないまま妊娠、出産は無理です。
    お兄ちゃんと天使になった息子だけを愛して行きたい。

    #3819 返信
    ゲスト

    ゲストさん、

    このサイトを2年半見ていますが、
    病気で子どもを亡くしたと言ってもほんとにいろいろだなあと思います。
    長く病んだ方、あっという間の方、
    生まれたばかりの方、中学生や高校生の方、
    若いママさん、そうでもない方、
    きょうだいのいる方、いない方・・・
    家族の形態も悩みもさまざまです。

    いろんな悩みを読ませていただいて、
    とにかくみんな、自分の気持ちの落ち着くように過ごしてほしいな、
    周りの言葉に振り回されたり傷ついたりしないでほしいなといつも感じます。

    次の子が欲しくないのに、
    「早く次を作れば忘れられるよ」と言われれば
    とても辛いことでしょう。
    次が欲しいのに、
    「不幸になるから、もう子どもはやめたら」と言われても辛い・・

    子どもを亡くしたからといって
    皆がみな次を望むわけではないのは当然です。
    どんな選択も、子どもを思うお母さんとしての気持ちなので
    周りに尊重されてほしい。
    たまたまこのスレッドでは欲しい人と生んだ人で
    話してましたが、このサイトには、次は欲しくないと
    書かれている方もたくさんいますから・・

    貴女のその気持ちが周りの人に受け入れられて、
    心安らかに過ごせるよう、願っています。

    #3814 返信
    coco

    みなさんの気持ちを読んで、胸がいっぱいになり、色々と考えています。 

    妊娠中の方、無事に出産された方、妊娠を望んでいらっしゃる方、そして、次の子は考えられない方。 
    それぞれ、子供を亡くして辛い上に色々なことを背負っているのですね。 

    YUTAの母さんとチルチルさんのように、赤ちゃんを望みながらも、思うように恵まれない日々もありました。
    アラフォーですから、正直、タイムリミットを感じています。
    流産後に授かった次男を亡くした時、生命の奇跡とありがたさを心から理解して感謝していなかった自分に対する罰なのだと思いました。 
    私が悪いのに、次男を巻き込んで苦しませたことに胸が裂かれる思いでした。

    そんなことも、どこかで忘れてしまっていたのかって、愕然としました。
    今の悩みはなんて我がままでちっちゃいことなんだって。 
    もっと、しっかりしないといけないって、みなさんのコメントに背中を押されました。
    はちひめさんのおっしゃるように、「大丈夫?」といってくれる友人の存在を素直に感謝することも忘れないで。
     
    次男を亡くしてから、簡単な祈りを捧げるようになりました。 

    「家族の健康と幸せに感謝し、次男を守ってくださるように。」 

    特に信仰深くないので、自分流の簡単なものですが。

    「病気で苦しんでいる人々が回復に向かい、家族と楽しい日々を過ごせますように。。。」

    「赤ちゃんを望んでいる人々が健康な赤ちゃんに恵まれますように。。。」

    以来、毎晩、長男と祈っています。

    #3820 返信
    ゲスト

    ゲストさん

    『貴女のその気持ちが周りの人に受け入れられて、
    心安らかに過ごせるよう、願っています。』

    受け入れられてますし安らかに過ごしております。
    このトピックでは、いろんな意見をお聞かせ下さいとあったので
    書かせてもらいましたが
    すべてわかったような事言われたみたいで悲しいですね。

    #3821 返信
    kazumi

    私は昨年9月に3ヶ月の次男を亡くしました。
    同じくアラフォーなので自分の年齢を考えると
    早く子どもを授かりたいと思っています。

    でも次男を亡くしたショックのせいなのか、
    排卵が止まってしまっていることが最近わかりました。

    頭では焦っているのに、
    体のほうは妊娠しないようにとホルモンが働いて
    排卵を押さえてしまっているようなのです。
    まずは体を整える事が先ですね。。。

    でももう一度、命を繋ぎたい。
    次男のぶんまで子どもを慈しみたい。
    命の大切さを知ったからこそ
    新しい命と向き合いたいと思っています。

    いろんな思いはあるでしょうけれど
    やっぱり妊娠って幸せなことだと思うのです。
    新しく命を授かった方たちへは
    祝福したい気持ちでいっぱいです。
    どうぞ幸せを人一倍かみしめてくださいね。

    #3822 返信
    ダイアナ

    私は13歳の息子を脳腫瘍で亡くしました。
    まだ 半年も経っていないのに 子供を欲しいと思うことに罪悪感を感じていたので このサイトを見つけ皆さんの意見を見てほっとしました 自分も42歳で 気持ちばかり焦ってしまいます。まだ 作る気持ちになれない でも色々なリスクを考えると早い方がよいしと 婦人科の先生にも言われました 排卵があるか調べて ないようなら 今は排卵誘発剤を使うのも一般的ですよとも言われました
    私は元看護師で友達の看護師達に相談すると やはり自分にも子供にもリスクがあるのを承知で自分で決める事だからね。
    と言われます。 そう その通りです 覚悟をもって 臨まなくてはなりません。 でも誰か 大丈夫だよ 焦らないでって 言って欲しかったな 皆無責任に言ってはいけないと思ったと思うけど 
    皆はいいよなあ そんな事考えないでキャリアを積んで ふつーに家族と子供の事悩んで
    羨ましいと感じてしまいました

    #3823 返信
    pochi

    私も早く新しい命を授かりたいと願っている一人です。
    でもものすごく葛藤があります。
    次に授かってもまた同じように失ってしまったら・・・
    先天性心疾患はきょうだい歴があると確率が上がると聞いていますし(遺伝が原因とは言い切れないそうですが)
    自分が元気な子どもを産むイメージが全然なくて。

    最近有名人のおめでた話が続いていますよね。
    みんな当たり前のように普通に健康な赤ちゃんを産んでいて
    本当にうらやましい・・・。
    あの人達は我が子を失うなんて考えたことがあるのだろうか・・・。

    また息子がなくなってまだ日が浅いのに
    次の子を望んでいるなんて自分は冷たい母親なんだろうかとか考えてしまいます。
    授かった命がまた男の子だったら亡くなった息子と同一視してしまいそうで
    次の子にちゃんと向き合えるのだろうか、という不安も・・・。

    でも次の子を望んでいる方はみんな同じように思うことなんでしょうね。
    それを乗り越えて新しい命を授かった方は心から祝福したいです。
    もちろん次の子は望まない、今いるきょうだいを大切にしたいという考えも尊重すべきとは思います。

    ・・・何が言いたいのかさっぱり分からない文章になってしまいました(汗)

    天使の後に新しい命を授かったという話は
    今の私にはとても励みになります。
    だからcocoさんには「おめでとう」の他に「ありがとう」と言いたいです。
    不安は尽きないでしょうけど、元気な赤ちゃんが無事生まれますよう心からお祈りしています。

    #3824 返信
    ゆう母

    ダイアナさん

    はじめまして。私も3年前に11歳の息子を脳腫瘍でなくしました。
    突然の病気告知と同時に、余命の宣告でした。その時だって元気だったのになぜ?私の育て方が悪かったの?こんな病気にならない体に産んであげられなくてごめん!と自分を責めました。
    3歳下に弟がいるので、その子のためにも兄弟はいたほうがいいと思い、息子が亡くなって1年半後に弟が生まれました。40歳での出産でした。
    ダイアナさんと同じように、子供を産みたいけど年齢も若くはないし、若い頃の出産よりも自分にも赤ちゃんにもリスクはあることを悩みました。それにもしもまた病気で失うことになったら・・・と怖かったです。
    でも、悩んでいてもなにも始まらないし、きっと大丈夫!と自分に言い聞かせて決心しました。無事に生まれるまでは、本当に心配で怖かったです。でも、やっぱり産んでよかったです。
    ダイアナさんもきっと大丈夫ですよ。勇気を持って前向きに考えてください。
    無責任な言い方に聞こえたなら、ごめんなさい。でも、同じような悩みをかかえていた私には、気持ちはわかります。
    今、生まれた子は1歳8ヶ月になります。毎日私がお仏壇に手を合わせると、わけもわからず一緒に手を合わせています。
    育児で忙しくても、息子を思わない日は一日もありません。

    #3826 返信
    ダイアナ

    ゆう母様

    投稿 遅くなりごめんなさい 
    恥ずかしながら 私 こんな風にネットに投稿して それに対して意見をもらった事が初めてで 同じように悩み苦しんでいる方がいる そして分かち合ってもらえることに感激しました どうもありがとう
    とても嬉しく読ませてもらって涙がこみ上げて止まりませんでした
     
    お互い生きていたら ゆう母さんの息子さんとは 同じ位になりますね。私にも息子より3つ歳下の娘がいます。 
    息子が病気になるまで 私達家族は 休みになればキャンプに行ったり
    ハイキングとアウトドア派 喧嘩ばかりしていた兄妹ですが
    いきなり一人っ子になってしまったので 寂しい一緒に遊びたいと時々
    悲しくなってしまうようです。しかし 自分が笑顔で明るくしていないとお兄ちゃんが天国にいけないよと 友達からお手紙をもらい びっくりするほどハイテンションな毎日です。
    そんな娘には申し訳ないんですが 男の子って 本当に可愛いんですよね 私にとって息子は 癒してくれる存在だったんです。
    無条件に可愛い 純粋で頑張りや 六年にもなっても 寝るときは 早く部屋に来てよと怒ったり 嘘寝入りしていると ヤッタア!ヤッタア!て一人で喜んでいたり とにかく いとおしいって こういう事なんだなあっって思える子だったんです。ですから 息子が亡くなってから とにかくどんな世代でも男の子を見ると 目で追いかけてしまいます。主人も同じ思いだった様です。あの子の代わりには 決してならないと思う でも きっとどこか似ているであろう息子が欲しい 男の子を育てたい 実は私の身勝手な気持ちです。
    ゆう母さんは 下のお子さんが息子さんという事ですが どう感じていましたか? 女の子は女の子で大きくなってくると一緒にお買い物とか楽しいですけどね  一姫二太郎とはよく言ったもので 
    そんな風に思うと 男の人が母親には弱いって仕方ない事だなと思います ( 場合にもよるでしょうけど・・)

    長くなってしまいました。すみません。同じような思いをされた方は いらっしゃいますか?

    #3825 返信
    ゆう母

    ダイアナさん

    子供の年齢が同じくらいですね。息子と同じ脳腫瘍で知り合った方は、皆さん小さいお子さんだったので、中学生のお子さんのお母さんとお話しするのは初めてかもしれません。
    それに性別は違いますけど、下の子も同じくらいの年ですね。

    弟はゆうが空へ旅立った時は3年生でした。けんかもたくさんしたけれど、お兄ちゃん大好きで、私の言うことよりゆうの言うことの方を聞くくらいです。
    ゆうは、入院していたのは3ケ月ほどでした。病気がわかってからも、治療方法が限られていたためずっと家でいつもと変わらない毎日を送っていました。
    ですから、入院して元気に家に帰ってこられなかったことがショックだったようです。病院に駆けつけて逝ってしまったゆうを見て、「おれも死んでやるー!」とパニックになっていました。でも、葬儀も終わるころには、普段と変わらないくらい元気でテンション高かったです。学校にもすぐに行くと言い出し、先生ももう来て大丈夫?と心配していました。
    私もそんな弟を見て、とても心配でした。たぶんお兄ちゃんがいないという現実に向き合えないから、テンション上げて考えないようにしていたのかな・・・家にいると祭壇があって見たくないからすぐに学校にも行ったのかもしれません。
    よくゆうの思い出話をしていたので、それで気持ちの整理をしていたのかもしれません。

    このまま一人っ子は絶対にやだ!耐えられない!と言ってました。葬儀が終わってすぐに、お母さんがまた赤ちゃん産めば、同じお腹から生まれるんだからお兄ちゃんが生まれてくるよ!と、赤ちゃん生んで!と言いました。
    まさかそんなことを言い出すとは思わなかったから、とてもびっくりしました。それに、またお兄ちゃんを産んで、という発想にもびっくりでした。
    ずっと弟だったあの子には、赤ちゃんが生まれて自分がお兄ちゃんになるという感覚がわからなかったようで、赤ちゃんはすぐに大きくなって、自分と同等かそれ以上になると勘違いしていたようです。赤ちゃんは何年たっても君には追いつかないよ、ずっと10歳年下だよと、何度も話してようやく納得したくらいです(ちょっと幼稚すぎかも?)

    女の子よりも男の子の方が、考え方も幼いかもしれませんね。お嬢さんしっかりしているな、と読ませてもらいました。
    天使の弟妹も、いろいろ悩み苦しい思いをしているんですね。

    ゆうもダイアナさんの息子さんと同じように、寝る時は早く部屋に来て!と言うし、外を歩く時は自分から手をつないでくる子でした(5年生になっても)。長男はかわいいですよね。読んでいてそうそう!とうなずいてしまいました。

    私もゆうのこと、弟のことをこんなに話したのは初めてです。長くなってしまいましたが、弟のことも知ってもらえてなんだかスッキリしました。

10件の投稿を表示中 - 11 - 20件目 (全20件中)
返信先: 新しい命を授かったのに、周りの反応が苦しい
あなたの情報:




メールはこちらから

お問い合わせ