返信先: 毎日、寂しくて悲しくて、 逢いたくて逢いたくて。

#4799
mother

 息子が旅立ってから1年と半年過ぎました。相変わらず息子がそばにいないことに、とまどう日々は続いています。

 世の中では、コロナ禍や自然災害、痛ましい事故等で失われる命の多さを伝えるニュースばかりが目立ち、とても心が痛みます。 亡くなってしまった人たちが一生懸命生きてきた貴重な日々を思うと、自分の息子が生きてきた25年間と重なって、本当に胸が苦しくなってしまいます。

 息子を見送ってから、数多くの書籍を読んだり、このサイトで皆さんの思いに共感していく中で、残された自分が今生かされていることの意味やこの世で果たすべき役割について、など理屈の上ではわかっていても、現実はそうはいかないですね。朝夕息子の写真を眺め、「お母さん頑張るよ。」と呼びかけ、空元気を出して何とか一日過ごしても、やはり以前のような充実感や満足感を得られることはなく、いかに息子の存在が大きかったかを思い知るばかりです。

 自分をとりまく人々への思いを絶やさず、最後の最期まで病気と戦い続けた息子。彼のその姿に少しでも近づきたい、空から頑張っている姿を見てもらいたい、という一心で、毎日もがき続けています。
 
 本当に悲しく辛いですね。

メールはこちらから

お問い合わせ