返信先: 月命日に思うこと(25歳の息子を失って)

#4738
mother

 泣き虫パパさん、会津に家族で行かれたとのこと!
 
 私たち家族も息子がまだ多少動けるときに、訪れた場所です。偶然ですね。
 当日は、残暑のきびしい日に当たってしまい、息子の体調と足取りを大いに気遣いながらも、彼が得意げに歴史のウンチクなど披露するのに耳を傾けつつ、楽しく会津で過ごしたことを今でもありありと思い出します。
 もしかしたら、泣き虫パパさんの息子さんと天国で友達になって、その旅のことなど話しているかもしれませんね。

 彼が在宅医療を受けながら最後まで過ごした部屋、私と二人きりで行った場所など、そこにいくとたまらない思いになる場所は、少なくありません。もちろん辛い思い出ばかりでなく、同じくらい楽しい思い出もありますが、息子と過ごした日々がどんなに貴重だったかを思い知らされて、やはり悲しみの方が大きく胸に迫ります。つらいですね。

 この頃はコロナの中ではあっても、ふさぎ込んで鬱々としている私の姿を、きっと息子は嫌うと思う一心で、夫と一緒に散歩に出るようにしています。息子との思い出話もポツポツと口にしながらのウオーキング。少し元気が出るような気がして、できる限り続けて行こうと思っています。そんなカラ元気で過ごしている私を息子はどんな風に見ているでしょうか。それでもオッケーだよ、お母さん、と言ってくれるかな。。。  

 泣き虫パパさん、また思い出話など聞かせてくださいね。

メールはこちらから

お問い合わせ