返信先: 月命日に思うこと(25歳の息子を失って)

#4737
泣き虫パパ

motherさん、
2年前一人息子を27歳で亡くした「泣き虫パパ」です。
motherさんのお子さんとは違う病気ですが、根治療法のない進行性の難病でした。
一昨年4月中旬に会津のお城に満開の桜を見に行ったのが最後の家族旅行となりました。
まさかその半月後に別れがくるとは思いもせず、しばらくは家内と共に魂の抜け殻状態でした。
病気の進行につれ家族の精神的、肉体的負担は重くなる一方でしたが、息子が旅立った後で、
そのプレッシャーが、いかに私たちの生きがいだったかを実感しました。
息子と一緒に行きたかった所、或いは思い出に残った所に行こうという気が出て来たのは、
一周忌を過ぎてからですね。
最近この板への投稿が少なくなっていますが、いまでも目を通しています。
我が子に先立たれた悲しみを理解出来るのは、この板にくる同じ思いをした方々しかいないのですから。

メールはこちらから

お問い合わせ