返信先: 一人娘を亡くして毎日が辛いです

#4608
泣き虫パパ

riomamaさん
昨年5月に一人息子を20代で難病のため亡くした泣き虫パパです。
7月にお嬢さんがお亡くなりになったという事は、49日を終えられたくらいでしょうか?
私たちもその頃は息子の死を現実として受け入れられず、魂の抜け殻、何をするにも
体の芯に力の入らない状態でした。一時は10kg位痩せました。
生活の為、そして職場に迷惑をかけないためにも6日後に職場に復帰しました。
職場では息子のことを言い訳にしてはいけないと言い聞かせていましたが、
自宅に帰るとドット疲れが押し寄せ、息子を思い出しいつの間にか涙している自分がいました。
食べ物の味が分かるようになったのは今年に入ってからです。
あなたと私どもと決定的に違う点は、まだお若いという事です。
軽々に言えませんし、適当に聞き流して頂いて結構ですが、2人目のお子さんは
お考えではありませんか?
私たちは難病のお兄ちゃんの車椅子を押してくれる弟、妹がほしいと思いましたが
結局授かりませんでした。
新たに生まれた子は亡くなった子の代わりという訳では決してありませんが
新たな命を授かる可能性があれば、それは素晴らしい事だと思います。
ご主人とも相談の上、悔いの無い決断をなさる事を願います。

メールはこちらから

お問い合わせ