返信先: 急性脳症で1歳3か月の次男を突然亡くしました

#4528
ちひろ

あすかさん

お返事ありがとうございます。
まさに、娘も平成31年2月生まれです。
本当なら今月で1歳半でしたよね。
今頃もっとできることが増えて、話せる言葉も増えただろうなぁと想像したり、
1歳半健診受けるのも楽しみにしてたなぁと思い返したり、
でも娘の1歳半を祝うはずだった日は、娘の四十九日になってしまいました。

さらについ先日、義弟夫妻に2人目の赤ちゃんが誕生しました。
娘がいなくなったことと、その赤ちゃんが産まれたことは何の関係もないし、新しい命の誕生をちゃんとお祝いできる母親でありたいと思い、お祝いを伝えましたが、
やはり自分に無理をしてはだめですね。
今後娘に弟か妹ができたとしても、2人が並ぶ姿を見られることは一生ないんだなぁと考えてしまい、羨ましさや悔しさやいろんな感情で私も崩れてしまいました。ご飯やお風呂、そんな日常すら何もできませんでした。

あすかさんの保育園のお迎えの話、すごく気持ち分かる気がします。周りには当たり前のようにある幸せをなぜ自分が失わないといけなかったのか、、、理解できないですよね。
あすかさんも泣きたいですよね。
それを堪えて、次男くんとのお家を守るため、お仕事も頑張られているのですね。
あすかさんもきっと、まだまだ今は悲しんで泣きたい時期なんじゃないかと思います。それができずに、あすかさんの心が壊れてしまわないか心配です。
ネガティブな気持ちになるのも分かります。私も娘がいなくなって、自分が死ぬことは怖くなくなりました。不謹慎かもしれませんが、また娘に会えるなら、寿命が来るのが楽しみに感じるぐらいです。

壊れてしまう前に、ここでは何でも吐き出してくださいね。
私もそうさせてもらいます。
お互い、ゆっくり、ゆっくり、進んでいきましょう。

メールはこちらから

お問い合わせ