返信先: 急性脳症で1歳3か月の次男を突然亡くしました

#4521
ちひろ

あすかさん

はじめまして。
いきなり話に入ってしまい、すみません。
私も7/8に一歳四カ月の娘を突然亡くしました。まだ解剖の検査結果待ちなので、亡くなった原因ははっきりしていないのですが、脳に少しむくみがあったと言われた事、当日娘が急変した時の様子等を含め自分なりに調べた結果、おそらく急性脳症だったのではないかと思っています。

あすかさんが書かれているお気持ちが自分の考えていることと本当によく似ていて、思わず書き込みをさせていただきました。
私は娘が亡くなり、どうしてもまだ仕事に復帰する気力がなく、今は休職しています。ただ一日一日を過ごすだけでも精一杯のはずなのに、生活のためといえ、すでにお仕事をされているあすかさんが本当にえらいなと思うと同時に、どうか無理をなさらないでほしいと心配しています。

新しい命についても本当に複雑な気持ちがたくさんあります。
娘はまだ一人っ子だったので、娘がいなくなり、また子供のいない生活に戻ってしまいました。でもそれは、娘が産まれる前の夫婦二人の生活にただ戻ったわけではなく、子供という未来の希望を失い、大きな喪失を抱えたマイナスの生活になってしまいました。
やっぱりもう一度、自分の子供に会いたい。
でも妊娠することも奇跡。
無事に産まれてくることも奇跡。
健康に産まれてくれることも奇跡。
健康に産まれたとしても、元気に成長してくれることも奇跡。
私が求めている未来には、乗り越えないといけない奇跡が多すぎてこわいです。
もし新しい命が来てくれたとしても、娘のことが特別すぎて、同じように心から可愛がれるのか。娘と重ねてしまいその子自身を愛せるのか。もしまた子供を失うことになったら、自分はどうなるだろう。子供を持たなければ失うことはないし、それならもう子供を持たない方が楽なのではないか。
そんないろんな気持ちがグルグルと渦巻いてますが、でも結局は、新しい命を迎えられないことが一番こわい気がしています。

自分の気持ちばかり、長々と吐き出してしまい、すみません。同じような経験をし、同じようなことを想う方々がいると知り、一人ではないと勇気をもらうことができました。
ありがとうございます。

メールはこちらから

お問い合わせ