返信先: 占いで「この家は協調性がないから、3人目は無理だ」と言われた

#4029
輝く子どもたち@はな

みーゆんさん、はちひめさん、こんにちは。

私の場合、占いは「よい結果」は信じて、「悪い結果」は信じません。都合がいいと思われるかもしれないけれど、占いというものは「自己暗示」をかけているようなものだとも思うのです。

私は結婚する前に、よく当たると評判の占い師の方にみて頂きました。「晩婚でないと不幸になる」と言われていたのに23歳で結婚、24歳と27歳で息子たちを出産。息子は2歳の時に白血病と診断され(治療終了後2年になります)、夫婦ケンカは多いけれど、自分は不幸だとは思っていません。

それから、息子が病気になったとき、「この子が病気になったのはあなたたち夫婦が喧嘩してばかりだからだ」と占い師に言われました。頼んでもいないのに占ってくれた人がいたんですよね・・・。ズバリ当たっていましたが、私が息子を病気にしたような言い方に腹が立ちました。

当たってる・・・と思って沈んでしまったら、やる気はなくなるし体調は悪くなるし、いいことなんてありません。健康運も低下することでしょう。

占いは当たっていることもあるかもしれないけれど、外れる事だってたくさんあります。ただひとりの人間の言うことに洗脳されたくないわ!これが私の考えです。

どんなときもそこから学ぶことはありますし、多くの方と出会うことができました。悲しかった分だけ、辛かった分だけ人はやさしくなれます。

みーゆんさん、時期がきたらきっとかわいい赤ちゃんを授かると思います。息子さんもきっと、空の上から見守ってくれてると思います。大丈夫ですよ。

私も「死」という言葉には敏感です。「死ね」「死にたい」「死にそうなぐらい」という言葉を聞くと怒りがこみ上げてきます。子どもたちが見ている番組にこれらの言葉が簡単に出てくるんですからね。日常の会話で子供たちの口から簡単に発せられるのも、少なからずマンガやゲームが影響しているのでしょうね。それを野放しにしている親がいるということも悲しいことです。

はちひめさんのおっしゃる通り、いまは心と体をゆっくり休めてくださいね。きっとよい方向に進んでいくと信じていますよ。

メールはこちらから

お問い合わせ