返信先: 新しい命を授かったのに、周りの反応が苦しい

#3814
coco

みなさんの気持ちを読んで、胸がいっぱいになり、色々と考えています。 

妊娠中の方、無事に出産された方、妊娠を望んでいらっしゃる方、そして、次の子は考えられない方。 
それぞれ、子供を亡くして辛い上に色々なことを背負っているのですね。 

YUTAの母さんとチルチルさんのように、赤ちゃんを望みながらも、思うように恵まれない日々もありました。
アラフォーですから、正直、タイムリミットを感じています。
流産後に授かった次男を亡くした時、生命の奇跡とありがたさを心から理解して感謝していなかった自分に対する罰なのだと思いました。 
私が悪いのに、次男を巻き込んで苦しませたことに胸が裂かれる思いでした。

そんなことも、どこかで忘れてしまっていたのかって、愕然としました。
今の悩みはなんて我がままでちっちゃいことなんだって。 
もっと、しっかりしないといけないって、みなさんのコメントに背中を押されました。
はちひめさんのおっしゃるように、「大丈夫?」といってくれる友人の存在を素直に感謝することも忘れないで。
 
次男を亡くしてから、簡単な祈りを捧げるようになりました。 

「家族の健康と幸せに感謝し、次男を守ってくださるように。」 

特に信仰深くないので、自分流の簡単なものですが。

「病気で苦しんでいる人々が回復に向かい、家族と楽しい日々を過ごせますように。。。」

「赤ちゃんを望んでいる人々が健康な赤ちゃんに恵まれますように。。。」

以来、毎晩、長男と祈っています。

メールはこちらから

お問い合わせ