返信先: 新しい命について悩んでいます。また何か起こるのでは・・・

#3470

あすかさん、初めまして。
お辛い経験をされましたね。
あすかさんの今のお気持ちを考えると、胸中察するに余りあります。

私も、今年の一月に2歳になったばかりの一人息子を突然失いました。
そして、元々二人目不妊で治療中でしたが、幸いにも3月に授かる事が出来ました。
今6ヶ月に入るところで、今年の12月に出産予定です。

私も、とても葛藤がありました。
今も、もう一度育てる事への恐怖や、「もしかしてまた失ったら生きていけるだろうか」と毎日考えています。
正直、亡くなった子供の事ばかり考えていて、お腹の子にそこまで気持ちが向かっていないかも…というのも事実です。
また、経験者から、「次の子は少し時間が空いてからの方が良い。悲しみに悲しんでからの方が良い」という助言も、「子供を授かるのは早すぎるのかな」と気になりました。

それと同時に、年齢的にも不妊治療をやめたら授からない事(排卵障害があったので、薬を飲まないと排卵しなかったので)や、絶望の中で生きていく理由を待ちたいと思い、妊娠を希望する気持ちもありました。
死にたいわけではないけれど、あの子の居ない世界で生きていく自信がなく、結局は毎日死ぬ事を考えてしまっていました。

結果、悩みに悩み、「もう一度赤ちゃんを抱っこしたい」という素直な気持ちを優先しました。
きっと、産まれてからもずっと、失う恐怖と付き合っていく事になるだろうなと、覚悟しました。
それでもやはり、生きていく為の希望を持ちたかったです。

様々な理由から新たな命を授かる事の出来なかった方もいらっしゃると思うので、私の場合ではあります。
また、まだ無事産まれていないので、安易な事も言えないですが。
それでも、悲しみに沈み過ぎた時に胎動があると、「あぁ、あの子だけじゃなくて、この子のためにも生きていかないと」と思っています。

妊娠が早過ぎたかな、と思う事があるとすれば、先程もお伝えした通り、
お腹の子の成長を喜ぶよりも亡くした子への気持ちが強すぎる事
また、喪中なので、長男を亡くしてから初めてのお祝い事や記念日をこれから迎えます。
予定日が長男の誕生日なので、お腹の子が産まれてから、初めての記念日を迎える度に新しい子への喜びと、亡くした子への悲しみを同時に経験する事への不安があります。
気持ちが追いつくかな…と。

ですが、あすかさんが新しい命を望まれる様であれば、生まれ変わりとしてではなく、ただ純粋に自分の赤ちゃんを抱きたいと思う気持ちを大切にしていいんじゃないかな、と思います。

お互いに普通の妊婦さんよりたくさん悩んで辛い思いをする事があるかもしれませんが、一緒に頑張りましょう。

メールはこちらから

お問い合わせ