子どもの死についてネットで検索して ここにたどり着きました

#2869
kazumi

びっくりしました!!
同じ境遇の方がいらっしゃるなんて!

私もつい先日生後1ヶ月で息子を亡くしました。
心疾患でシャント手術が成功したにも関わらずその日の
夜に血流がうまくいかず心停止しました。
結局のところ死因は『現代の医療でも説明付かない』と
言われました。
 リスク1~2%と言われ、まさかそんなことは・・・
と思っていましたが、心のどこかで不安が渦巻いていました
 私たち夫婦はここ数年胎児記憶や前世について考える
機会があったことと、息子が胎内、誕生してからも
不思議なことが多々続いたので、自分でも気持ちが悪いくらい
息子の死を受け止められているのです。
 手術室に向かう前に、まるでさよならするかがわかって
いたかのような表情をしていました。
手術中ふたりで『な~んか不思議な顔してたね。
天井の一点を見つめたかと思うと私たちの顔をじっと見つめて』
この時は亡くなるなんて思いもしなかったのですが。
 その時のビデオを見返しても生後1ヶ月の子の表情では
ないんですよね・・・。なくなった後も息子からの不思議な
プレゼントが届き・・・。
 妊娠がわかったのも、病気がわかったのも、生まれたのも
亡くなったのも全て『9日』なんですよ。
しかも誕生してちょうど1ヶ月の同じ日の同じ時間にお別れを
しました。 その後『9』の数字に関わることが多くて
『9』の意味を私なりに自宅で最期のお別れをしている時に気づき
ました。翌日火葬が終わり、自宅に帰ってから夫が『9の意味が
わかったんだけど・・・』そう切り出した内容は私が考えていたもの
と同じでした。すぐに二人で古い記憶をたどり確認していくと
9年前の12月29日につながることがわかりました。
 
 それぞれの家族がいろんな体験をし子どもとの出会いの
意味に気づくのでしょうね。ちなみにうちの息子は
 人工心肺で延命治療していたので、むくみで顔がすっかり
代わり、出血で真っ白になっていました。自宅に連れ帰ると
ほっぺも赤くなって生後1ヶ月だったはずなのにまるで
1歳の男の子のようでした。火葬の前に最期に棺をあけて顔を
見せてもらうとなんと笑顔だったんですよ!!誇らしげに
『ぼく、頑張ったでしょ。大変よくできましたってほめてね』
そう心に『大変よくできました』という言葉がすっと入ってき
ました。家族みんながその笑顔についつられ、笑顔でお別れし
ました。最期まで不思議な子どもでした。

 私の母は『すぐに生まれ変わって、また来てくれるよ』
と言いましたが、私たち夫婦はまたやって来てくれるかも
しれないけど、もしかしたらこの子はいろんな夫婦の
絆を深める専門職の赤ちゃんかもしれないね、困っている
夫婦がいたら『ボクが行って来るよ!』て引き受けてくれる
特別な天使かもね、と話しています。だから次に会うときは
私たちの子どもではないかもしれませんが、いつかどこかで
会えるといいなと思っています。

 死後初めて、子どもの死についてネットで検索して
ここにたどり着きました。書き込みを見て私と同じ境遇の
方がいらっしゃり、何を伝えたいのかまとまらないまま
書き込みさせていただきました。
  
 乱文で申し訳ありません。

メールはこちらから

お問い合わせ