何の悲しみもない家族連れをみるとこの世の不公平さを感じます

#2422
りょうちゃん

くまさん。同じです。息子が亡くなって1年3ヶ月、受け入れることなんて出来ず、何の悲しみもない家族連れをみるとこの世の不公平さを感じます。年号が変わってもお祝い気分になんてなれなくて、世間の賑わいに苛立ちさえします。いろいろ偏屈になった自分を感じます。何のために生きているんだろう?と思っていましたが、息子に会うために1日1日消化しているんだ、と何とかやり過ごしています。。。悲しみは消えないですね。

メールはこちらから

お問い合わせ