まだ三ヶ月、もう三ヶ月。。。。

#2023
mother

みほくっくさん
 まだ三ヶ月、もう三ヶ月。。。。
 最愛の子供を失ってしまったという母親の苦しみや悲しみは、まったく最期の日から変わらないですよね。
 今でも最後まで握りしめていた子供の柔らかい手のぬくもりが、はっきり残っています。二十五歳の息子とは言え、頑健な身体ではなかったし、自分の手のきれいなことをとても自慢にしていました。本当に白くきれいな手をしていました。
 みほくっくさんは、お子さんと言葉を超えた絶対的な愛情で固く結ばれていたことでしょう。何物にも代えられない、かけがえのない宝物でしたよね。
 見るもの、すること全てが、息子との思い出につながってしまい、泣いて泣いて落ち込むことが多いですが、天国の息子に心配をかけたくない一心で、毎日踏ん張っています。
 誰にも一回だけ与えられているこの命を大切に、私の心に生き続けている息子と共に少しずつ進んでいけたらと思っています。
 みほくっくさん、幼くかわいい盛りのお子さんが天国にいってしまって、格段にお辛いこととお察しします。でも。。。子供を思う親の心は同じです。どうぞお体をいたわりつつ、できるときにまた思いを聞かせてください。

メールはこちらから

お問い合わせ