息子の四回目の月命日です

#1944
mother

今日は25歳で亡くなった息子の四回目の月命日です。
このサイトに来て、皆さんの投稿を読んでは、辛く苦しい気持ちと何とか折り合いをつけて生活しようと頑張っている方、行き場のない悲しみに押しつぶされて毎日もがいている私のような親御さんたちの思いなど、逐一共感することで、日々助けられてきました。
振り返ると、息子が亡くなってしばらくは、映像も音楽もすべて耳に入らず、ましてや本などに集中することもままなりませんでした。ここに来てようやく、そういう類いのものから、自分なりの癒しを得ることができるようになってきたように思います。
このサイトの中でも時折読ませてもらっていますが、特に子供を亡くした方が書いた書籍に描かれている数々のエピソードには、胸を抉られてとても苦しくなります。思わず本を閉じて、深呼吸をしてからまた読み続け、作者と共に泣いたり怒ったりして時間を過ごしています。
でも、そうやって毎日時間を何とか過ごし現実にふと戻ると、息子はもうここにいない。どんなに大きい声で名前を呼んでも、返事が返ってこない。のそのそと台所に入って来て、「腹減った~。」とわざわざ私に言いに来る彼の姿や声は聞こえない。病状が悪化してからは、日常的に私の手助けが必要だったにもかかわらず、自分ですべてやるから!と言い返す彼は、もうここにはいない。。。。
今すぐにでも、時間を巻き戻し、息子が元気でキラキラ輝いていた頃に戻って、家族みんなで一緒に笑ってもう一度過ごしたい。
何日、何か月、何年経ってもこの思いはずっとずっと変わらないです。

メールはこちらから

お問い合わせ