泣き虫パパさんの一言一言が、胸に響きました

#1886
mother

泣き虫パパさんの一言一言が、胸に響きました。
最期のほうでは、立ち上がるのもやっとで、私の肩につかまってすがるようにしていた息子。
でも、今度はそんな息子の手が、私を少しずつ少しずつ前へ押し出してくれるのかもしれない…。そんなことがこの先起こるのでしょうか。
四十九日を目前にして、まだまだ前を向くことすらむずかしい毎日ですが、最後の最後まで自分らしく生きようと頑張った息子に心配をかけないように、よろよろしながらも、また明日から歩いて行きたいと思います。
暖かい励ましのことば、本当にありがとうございました。

メールはこちらから

お問い合わせ