返信先: 娘を亡くした喪失感は大きく、新しい命にすがりたい

#1343
颯人ママ

投稿:颯人ママ (2013-3-26 17:26 )

薫子ママさん

先月ですか。お辛いお気持ちお察しします。
9ヶ月、同じ月齢ですね。いろいろなことが出来始めやっと、子どもの気持ちが行動で読み取れ始めた時期でしたよね。

私も先日、二回目の月命日を迎えましたが、気持ちの整理は全然ついていないことに毎日気づかされます。

他にもお子さまがいらっしゃるのでしたら、忙しい毎日でゆっくりと休めていないのではないかと心配します。でも、それは他の子達に感謝するべきでもあるかもしれません。

うちは1人目の子でしたので、あの子がいなくなったうちはポカーんと空っぽで、職もない私は朝から晩までDVDを借りてきては永遠と見るだけ。

本当に主人にも申し訳ないと思うのですが、そうでもしないと家事をしていても買い物に行っても息子のことしか考えられないのです。

こんなにずっと辛い辛いと思っていてはお腹の子に負担になってはいけないと自分なりの打開策が、自分の感情とは向き合わないですむDVD鑑賞になりました。

私も、毎日布団に寝ては息子が最後に見たであろう光景をずーっと見て涙が出ます。

この文章を書きながらも涙がとまりません。

きっと息子がお腹に戻ってきてくれたと信じて、今も生きています。

そうでもしないと毎日生きていく自信がありませんよね。
テレビでお花見シーズンと放送される度、息子と見るはずだったと辛くなります。
だから今年はお花見をしませんでした。来年は、一緒に見るはずだった息子の生まれ変わりと見たいと思っています。

お腹の子の母子手帳をもらう時や、産婦人科でなん回目かの出産を尋ねられた時、やはり息子のことを説明するのは辛すぎました。先生や保健師さんの前でおもわず泣いてしまいました。

強くならなければいけないのに、ダメですね。
49日に納骨するのですか?うちは、お骨はお仏壇に一緒においてあります。
主人か私が逝くまでは一緒にいるつもりです。

小さな愛しい歯をいつも持ち歩けるサイズの入れ物にいれて持ち歩いたり一緒に寝たりしています。あんなに毎日触れていた息子に今は、こんな歯にしかさわれないことがやっぱり辛いですが、私のお守りにしています。

このお腹の子が生まれる時もきっと手に握りしめていると思います。

私の話ばかりですいません。また薫子ママさんのお話もおきかせくださいね。

この投稿は、旧サイト「天使になった子どもたち」から引っ越しした記事です。

メールはこちらから

お問い合わせ