返信先: 娘を亡くした喪失感は大きく、新しい命にすがりたい

#1319
けいちわ

投稿:けいちわ (2013-3-4 9:09 )

Fujiさんへ
わかります!!
おいしいもの食べるときにすら自分に嫌気がさしてきて、どうして息子を天使になしてしまったのに自分は・・・という気持ちにもなりました。

昔と比べて笑顔になれました。
もちろん、それは笑顔を運んできてくれた天使の息子に感謝しつつ、今私のもとですくすくと育ってくれている息子と笑い逢える、こんな普通のことがあたりまえじゃなくてとてもかけがえのないものなんだとわかっているからこそでてくる笑顔なんでしょうけれど。
こんなに大きくなったよ。もう天使の息子の体重を越してしまったよ。(そのときはやっぱり大泣きでしたが)
ってまいにち報告しています。
もちろん赤ちゃんにも、きみにはとってもがんばりやさんのお兄ちゃんがいるんだよってことを今からお話ししています。
寂しいといったら嘘になりますが、赤ちゃんを通して私たちのことを見守っていてくれるような気がして私は産んでよかったと、家族が笑顔になれたと思います。
家族に絆を新しい赤ちゃんは作ってくれました。

毎日、天使の息子のもとに行きたいと願っていた私にこの赤ちゃんが立派に成人になるまではがんばりなさいといわれている気がしました。
なので、天使の息子のそばに行くまでは、がんばってママ業をしたよ、と報告できるように今は頑張っています。

この胸の喪失感は一生消えることはないと思いますが、
もちろんどうしてもだめなときは病院で薬を処方してもらったりすることもありますが、
天使ちゃんにとって一番気がかりなのは、大好きなママのことだと思います。
大好きなママが自分のことで。。と思うときっとつらいだろうなぁと思います。

無理に新しい命を~とも私は思いません。
きっとママに一番いいタイミングで赤ちゃんは自分からやってくるのかなと思っているので。

この投稿は、旧サイト「天使になった子どもたち」から引っ越しした記事です。

メールはこちらから

お問い合わせ