返信先: 娘を亡くした喪失感は大きく、新しい命にすがりたい

#1317
けいちわ

投稿:けいちわ (2013-3-3 21:12 )

fujiママさんのお気持ちよくわかります。私も次男を5歳のときに亡くし、障害と病気で体は赤ちゃんとかわらぬ大きさだったので、赤ちゃんをみるのも、同じぐらいの年代のお子さんの声を聞くのもつらかったです。
病院で処方された薬を飲み
毎日泣いて、どうしようもなかった時を思い出しました。

いざ妊娠したかも?と思うと恐怖でパニックになり、(妊娠はしていなかったのですが・・)諦めていました。
でも亡くなって3年目の一昨年、妊娠が発覚しまして、たくさん考えて、相談し・・泣きながら出産をすることを決めました。
息子が亡くなった病院の担当医だった先生のところに駆け込んだ記憶が・・・。
妊娠中はさらに たくさん泣きました。
天使の息子を思って、そして天使の息子がお空で私のために探してきてくれたおなかの子を思って。
今は育児に追われとても忙しいですが、天使の息子と新しい命。
どちらも別々の命で、とても私にとって愛おしい子供達。

今でも天使の子供に逢いたくて、触れたくて、寂しくてよく泣いてしまいます。
元気な赤ちゃんをみてつらいな・・と思うときもあります。

外にいるとき、私の赤ちゃんをみて自分と同じ気持ちになってしまう人もいるんだろうな・・と思ったりもします。

でも私は信じています。
この新しい命は天使になった息子がつれてきてくれたんだと。
だから毎日遺骨の前で感謝します。
泣いてばかりのママを心配して、呆れて?ママのところに新しい命を連れてきてくれてありがとうって。

新しい命を授かることもすごく勇気がいることと思いますが、
私は産んでよかったと思いました。

不快なないようでしたら申し訳ありません。

この投稿は、旧サイト「天使になった子どもたち」から引っ越しした記事です。

メールはこちらから

お問い合わせ