返信先: 5ケ月の息子を見送って3週間・・・また赤ちゃんが欲しい

#1296
みみ

みみさんからの投稿 (2009-11-27 22:15 )

そうです!!

突然、姿を見なくなったので心配していました。翔太郎ママ、元気がなく・・・何て声をかけてあげたらいいのか・・・。パパさんと話す機会があり、下のお子さんのことを聞いていたので、やりとりをしていて、もしかしたらとピンときました。

上の子は先日、2歳になりました。未遥が入院してからどこにも連れて行ってあげることが出来ず、誕生日ぐらいは・・・どこか行こう!って思っていた矢先の出来事で、葬儀も無事に終わり、ビクビクすることなく上の子のお誕生日を祝ってあげることができました。ホント最後までお兄ちゃん思いの娘でした。そして、最後も私とパパを呼びよせてから抱っこで眠りにつきました。

乳幼児突然死・・・未遥もそうだったのかなと思っています。MRIやCT、血液、尿、髄液、代謝障害、3つの病院でさまざまな検査を繰り返しましたが、明らかな異常はみられず、国立成育医療センターでは緊急で心臓ペースメーカー埋め込みの手術をしましたが・・・原因不明の血圧低下、除脈を繰り返し何度も蘇生をされました。入院してから、何度も心臓マッサージ、電気ショックをされ戻ってきて奇跡を起こしてくれましたが、小さい体にムチ打つようなことはしてほしくなかったです。成育では筋弛緩薬を使い、意識も自発呼吸もなく、ただ呼吸器だけが「ぷしゅー、ぷしゅー」と動いているだけだったのですが、亡くなった日、手を握ったり声をかけるとかすかに肩や指を動かしてくれました。最後に伝えてくれたんですね。

翔太郎くんもパパ、ママ、お兄ちゃんの為に最後まで頑張ったのですね。パパ、ママ、お兄ちゃんもよく頑張ったと思います。上の子の前では笑顔で元気なママでいることだと思います。泣きたい時に泣けない、外に出たくなくても上の子がいるので行かないわけにもいかず・・・。でも息子が側に居てくれて救われていることもたくさんありますね。息子がお菓子をお供えしてくれたり、娘に朝、外出、帰宅したとき、娘の遺影に向かって挨拶している姿を見ると涙が溢れてきます。

私も疑問なことたくさんあります。あの時こうしていればとか色々と考えてしまいますが、これが娘の運命だったのかなと受け入れるようにしています。

長くなってしまいましたが・・・翔太郎ママとこれからもお話していきたいです。よろしくお願いします。

この投稿は、旧サイト「天使になった子どもたち」から引っ越しした記事です。

メールはこちらから

お問い合わせ