「もういちど会える」葉祥明さん/絵本

投稿日
「もういちど会える」葉祥明さん/絵本

定番かも知れませんが・・・葉祥明さんの「もういちど会える」という絵本です。
娘が亡くなってからお友達にプレゼントされたのですが、この絵本では、幼くして亡くなった子供から親へのメッセージという形で書かれています。娘は2歳で亡くなったのもあって、ちょうど年齢的にもぴったりで、娘から初めて言葉をもらったような気がします。

もうひとつは、娘が生きている時に、これまたプレゼントされた飯田史彦さんの「生きがいの創造」です。重度の障害を持ち、意思疎通の図れない娘とのつながりを知った本です。この本も、先の絵本と通じる価値観です。

どちらも、いつか会える・・・という捉え方をしています。
この捉え方は、私の心の支えです。

投稿:かな (2006-4-17 21:58 )

2 comments

  1. あんかめちゃん said on 2月 4, 2008

    かなさん、こんにちは。
    私の息子は昨年12月に神経芽腫で亡くなりました。3ヶ月でした。
    先日近所の図書館で「千の風」の詩をあらためて読みました。
    亡くなってすぐの頃は、考えるだけでぽろぽろ泣いていたんですが、最近は星をふと見上げて「颯ちゃん。」って呼びかけてます。一緒にいるようなあったかい気持ちになれるのでお気に入りです。

  2. YUTAの母 said on 4月 18, 2006

    かなしゃん、ご紹介ありがとうございました。

    葉祥明さんの絵本はすてきな本が多いですよね。

    今度はわたしは「定番」本を紹介してみます。

    「1000の風 あとに残された人へ」三五館
    「千の風になって」新井満訳 講談社

    どちらも原文は同じで訳者と、装丁、デザイン、写真などが
    違います。

    「どうかわたしのお墓の前で泣かないでください・・・」
    という有名な詩です。

    YUTAが天使になった後、わたしの母がお友達から講談社版を
    プレゼントされてました。

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ