死別をテーマにした絵本のまとめ

投稿日
死別をテーマにした絵本のまとめ

くまとやまねこ

突然、最愛の友だち・ことりをなくしてしまった、くま。くらくしめきった部屋に、ひとり閉じこもっていたくまが、やがて見つけた、あたらしい時のかがやき。感動の絵本。

おにいちゃんがいてよかった

お兄ちゃんの大好きなケーキを買ってきて家族で祝う誕生日。もういないけど、私はケーキをお兄ちゃんの分も切る。きょうだいを亡くした子の気持ちを暖かく理解する絵本。

わすれられないおくりもの

アナグマは、もの知りでかしこく、みんなからとてもたよりにされていた。冬のはじめ、アナグマは死んだ。かけがえのない友を失った悲しみで、みんなはどうしていいかわからない…。友だちの素晴しさ、生きるためのちえやくふうを伝えあっていくことの大切さを語り、心にしみる感動をのこす絵本です。

スピリチュアル・ストーリーズ

天国とは、どんなところなのでしょう。わたしたちは、なんのために生まれてきたのでしょう。天国に旅立った子どもたちは、どんな生活をしているのでしょう。わたしたちにとって“ほんとうのしあわせ”とは、なんでしょう。やさしい心、思いやりの心をはぐくむ親と子のためのスピリチュアルな童話。

葉っぱのフレディ

この絵本を、自分の力で「考える」ことをはじめた日本の子どもと、子どもの心をもった大人たちに贈ります。わたしたちはどこから来て、どこへ行くのだろう。生きるとはどういうことだろう。死とは何だろう。

大切な人が死んじゃった

子どもが大切な人の死に出会い、悲しみやつらさ、喪失感や恐怖感を抱いたとき、また、子どもから死について訪ねられたとき、どんなふうにこたえますか。悲しみをいやす様々な試みを子どもにも良くわかるように解説。

レアの星―友だちの死

レアはがんという病気にかかり、入院することになりました。友だちのロビンは、まい日、おみまいにいきます。本をよんだり、おしゃべりしたり、いっしょに星をみあげたり。けれども、やがてふたりにわかれのときが、おとずれます…。レアとロビンの友情をとおして命を静かに見つめる絵本。

ずうっとおにいちゃん

元気だった弟がとつぜん死んだ。まだ0才のままで。どうして、たかちゃん死んじゃったの。弟の命をだきしめ、けなげに生きるのんちゃんと、おとうさん、おかあさんの深い愛情を描く感動のお話。小学校低・中学年向。

Mortalを考える 泣いてもいい?

「死神さん、どうしておばあちゃんを連れていっちゃうの?」 大好きなおばあちゃんが連れて行かれないように、4人の子どもたちはいっしょうけんめいです…。子どものやさしい気持ちに寄りそって、生と死を考える絵本。

でんでんむしのかなしみ

「かなしみはだれでももっているのだ。わたしばかりではないのだ。わたしはわたしのかなしみをこらえていかなきゃならない」

ジェニー・エンジェル

ジェニー・エンジェルは、天使です。おとうとや、まわりの人は、ジェニーのレインコートの下にはねがあるかどうかなど、今は、だれも、問いただしたりしません。おとうとが、死にむかっていることを、ジェニーは、うけいれようとしません。おとうとのデイビーを勇気づけようとします。レインコートにたくした、ジェニーの想い、それを見つめるお母さん。―かけがえのない人を失った家族の、深い愛情がにじみでた絵本。

悲しい本

この絵本は、最愛の息子を失った一人の男の独白によって綴られる。男は、自分の悲しみについて人に話したり、時にはむちゃくちゃなことをしてみたり、悲しみをやりすごす方法をいくつか編み出したり、さまざまなやり方で、その悲しみから逃れようとするが、いつしかまた悲しみの底に引き戻されてしまう。絶望の底に沈んだ男を、悲しみから解放するのは、幸せの中にあった頃の記憶、そして誕生日を祝うロウソクの火……。

天使のおともだち

スージーとピーターは、テレサとウィリーという天使といつもいっしょ。天使たちは、おとなの知らないことをいっぱい話してくれる。でも、おとなたちは、天使のことを分かろうとしてくれない。そんなとき、天使につれられて行ったのは、とても美しく、しあわせな「愛の世界」だった。「臨死体験」研究の第一人者キューブラー・ロスがはじめて書き下ろしたスピリチュアル・ファンタジー。

「死」って、なに?

死ぬって、どういうこと?どうして人は死ぬの?だいすきな人が、死んでしまったら、どうすればいいの?みなさんの疑問・おそれにすてきなきょうりゅうファミリーが、おこたえします。

『さようなら』っていわせて

“生”をより豊かに生きるために、子どもとともに“死”について考えるワークブック。塗り絵絵本。第1回全米ホスピス協会賞受賞作『Saying Goodbye』の日本語版。

「さよなら」を大切な人にいうんだ

この本は、大切な人や愛する人が死んでしまったとき、つらく悲しい日々を過ごしているあなたを助けるために作られたワーク絵本です。思ったとおりに、何かの記号を入れ、線を引き、色をぬり、形やことばを書き入れ、心にうかんだままをかいてください。ふたつとない大切な『あなただけの物語』となることでしょう。

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか.

コメントを残す

ログインしていない方のコメントは、管理人の承認後に公開されます。

コメントとお名前を入力してください。

メールはこちらから

お問い合わせ